モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ヘネス・ヴィンヤード

Henners Vineyardヘネス・ヴィンヤード

イギリスのテロワールにフランスのエスプリが融合!

最高醸造責任者 エリック・モナン氏

所在地
Church Road, Hermonceux, East Sussex, BN2 1RJ U.K.
  • 取扱いワインを見る

ワインの目利きブティノがチームワークで築き上げるクオリティ

フランス人最高醸造責任者エリック・モナン氏が植樹から携わり、

ワインの目利きブティノがヘネス・ヴィンヤードのチームと築き上げるクオリティ

 

ヘネス・ヴィンヤーズは2007年にフォーミュラ1の技術者だったローレンス・ウォー氏が夢への挑戦としてイーストサセックスに設立したことに始まります。ワイナリーはイギリス海峡からわずか7キロ弱離れたイーストサセックス、ハーストモンスーにあり、牧歌的でのどかなブドウ畑でシャンパーニュの伝統品種であるシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエを栽培しています。海に近い事から、畑には素晴らしい微細気候が形成され、海抜はわずか24メートルながら、南向きの傾斜地で日当たりが良くブドウ栽培には最適です。

 

まだ英国ワインが全く無名だった当時からそのポテンシャルを見抜いたのが、英国のワイン商ブティノ。ヘネス唯一の顧客となり販売に携わる中で、より一層の品質向上を求めたウォー氏との合意の下で、ワイナリーは2017年に正式にブティノの所有となりました。小規模なワイナリーを育て上げることを得意とするブティノが最高醸造責任者エリック・モナン氏を送り込み、土壌調査や植樹から改良に着手。デキャンター誌も高い評価をつけるなど注目を集めています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ルイ・ロデレールでの経験が華開くイギリスでの泡造り

■最高醸造責任者エリック・モナン氏

エリック・モナン氏はブティノが世界中で造る自社ブランド全ての最高醸造責任者としてチームを率いていますが、何よりもまず「本当にいい奴」なんです!。この“お世辞”を表すフランス語があるのか分かりませんが、ぴったりくる言葉があったとしてもエリックは「そんなことないよ」とフランス人らしく肩をすくめ、生来の謙虚さをみせることでしょう。

 

エリックはブザンソン大学で物理学、化学と生物学の学位を取得し、核磁気共鳴を応用してワイン詐欺を検知する研究プロジェクトに加わります。このプロジェクトを通して自分のなかにワインへの情熱を見出し、ブドウ栽培家として働く傍らランス大学で醸造学の修士を取得する道へと進みました。ランスに滞在している間にはシャンパーニュ・ルイ・ロデレールに参加。圧搾の責任者を任され、1996年ヴィンテージの醸造のアシスタントとして活躍ています。

 

その後、(シャンパーニュは寒すぎる!と言って)南へ移り、ブルゴーニュへのドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、シャブリのウィリアム・フェーヴルで経験を積みます。こうしてフランス北部からブルゴーニュの南、ボジョレー、コート・ド・ボーヌ、コート・ド・ニュイ、シャブリに至るまで幅広い地域でワイン造りに関わったエリック。当時を振り返って、「ほとんど全てのグラン・クリュを扱い、エレヴァージュ(ワインの熟成)を通して偉大なブルゴーニュに触れることができた本当に素晴らしい時間だった」と語ります。

 

1999年にはボーヌのシェンク・グループの品質責任者に就任し、ボトリングと醸造施設の品質システムの構築に貢献しました。その3年後、サヴィーニー・レ・ボーヌに移ると今度はわずか10ヘクタールのワイナリー、ドメーヌ・アンリ・ド・ヴィラモンの醸造家となり、収穫、醸造、ブレンドに携わります。ここでの充実した6年間を過ごした後、いよいよブティノに加わり、その後の彼の輝かしい経歴は言うまでもありません。

誰しも常に平穏な人生を送ることはできませんが、エリックは妻と3人の子どもたちと過ごす週末の時間を大切にしています。子どもたちが大きくなるにつれ「4人目の子ども」ともいえるハーレーダビッドソンンとの時間も大事にしています!

最高醸造責任者エリック・モナン氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】