モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. 「2018ノヴェッロ/カステッリ・デル・グレヴェペーザ」

「2018ノヴェッロ/カステッリ・デル・グレヴェペーザ」

季節に合わせるワイン2017年ボージョレヌーヴォ・ノベッロ

2018年ボージョレヌーヴォ・ノベッロ

 

<<< BACK 

 

キャンティ・クラッシコ地区名門ワイナリー、グレヴェペーサが造る!新鮮なサンジョヴェーゼ100%の新酒!

 

 

— ワイナリー情報 —

ノベッロ生育情報

数々の賞を受賞しているトスカーナの名門、カステッリ・デル・グレヴェペーザ
とれたてのサンジョヴェーゼ100%で造り出される、 繊細であってイキイキとしたアロマやフレッシュな味わい は、ノヴェッロならではの楽しみ方。
愛され続ける、サンジョヴェーゼ100%の純粋な味わいです。

フィレンツェから南へ25km、カステッリ・デル・グレヴェペーザはぶどう栽培農家やワイン生産者が集まって作られた共同組合です。1965年に設立され、その5年後には規模を拡大しキアンティ・クラッシコで最大規模の生産者となりました。

メンバーが産出したぶどうでワインを造り、農学や醸造学の技術を共有、販売する、という生産から販売までが太いパイプでつながれているのが特徴です。

グレヴェペーザの蔵はフィレンツェのキアンティ・クラッシコ生産地域にある小さな村、ペザ川のほとりの”Mercatale Val di Pesa” (メルカターレ・ヴァル・ディ・ペザ)村近くにあります。メルカターレは”San Casciano Val di Pesa”(サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペザ)の地方自治体の一つです。キアンティ・クラッシコの畑はその周辺の”Greve”(グレーヴェ)、”Tavarnelle Val di Pesa”(タヴァルネッレ・ヴァル・ディ・ペザ)、”Barberino Val di Pesa”(バルベリーノ・ヴァル・ディ・ペザ)に広がっています。

しかし、ノヴェッロ用のサンジョヴェーゼの畑は上記の畑からは離れており、海抜200-400mの高い所にあります。日当たりが良い為、キアンティ・クラッシコなどの畑よりぶどうが早熟で早摘みできるのが特徴です。

【 ノヴェッロのブドウ生育状況 07/03付 ワイナリーより 】
今年は例年より約30%ほど雨が多い春となりました。
この雨の影響によりブドウの生育が進み、土壌にも水分が補充されました。
発芽は非常に良好で芽の数も多く、温度も理想的だったためブドウの発育も早かったです。
雨は多かったものの、健康なブドウを育てるため適切な日照量と風通しを確保するため葉の剪定を行いました。
2018年ヴィンテージは昨年に比べ収量が多くなりそうです。

詳細はこちら

詳細はこちら