モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. 季節に合わせるワイン
  3. 今年のノヴェッロ解禁日はいつ?輸入元が教える2017年の現地情報

今年のノヴェッロ解禁日はいつ?輸入元が教える2017年の現地情報

 

2017年の『ノヴェッロ』情報!

こんにちは!輸入元でイタリアワインの仕入に携わっている田中です。今年もまたイタリア、ノヴェッロの生育状況をお伝えできる時期になりました!ブドウがワインになって、日本に届くまでの間のレポートを何度かに分けてお伝えしていきますのでよろしくお願いします。

 

 

ヴィーノ・ノヴェッロとは?

イタリアの各地で、その年に収穫されたブドウを使って造られる新酒のことです!フランスでは「ヌーヴォ」と呼ばれています。ボージョレ産が有名ですね!熟成を経ない新酒は果実味豊かでとても新鮮な味わい、飲みやすい口当たりのワインです。日本には航空便で届き、秋の解禁と同時に楽しむことができます。※船便も12月頃日本に入ってきます。

2017年の解禁日

ノヴェッロの解禁日は毎年10月30日。今年は月曜日ですね。フランスのボージョレ・ヌーヴォは11月16日(木)の解禁日ですので、ノヴェッロなら一足先に新酒を楽しめますね♪

 

『解禁カウントダウン時はご注意を!』Click ▼

 

 

『2012年に解禁日が変更になったはなし』Click ▼

 

モトックスが扱っているのはこの2本!

カステッリ・デル・グレヴェペーザ

イタリア中部トスカーナ州のワイナリー。特産のサンジョベーゼ種100%で造られます。

コンティ・ゼッカ

プーリア州のワイナリー。南イタリアらしく2種類のブドウを使います。

 

『ノヴェッロ、現地での楽しまれ方』Click ▼

作柄情報① 7/31

Click ▼

 

作柄情報② 8/25

Click ▼

作柄情報③ 9/15

Click ▼

2017年 解禁直前情報 10/23

トスカーナ州【カステッリ・デル・グレヴェペーザ】

醸造担当者からコメントが届きました!
『2017年のノヴェッロは紫がかった鮮やかなルビー色、様々な花や果実を思わせる力強いアロマ、まろやかでビロードのような舌ざわりの極めてエレガントなワインとなりました。特徴としてはとても柔らかい味わいになったことです。この柔らかさはノヴェッロのようなタイプのワインではどちらかいというと難しいことですが、今年は醗酵の過程が大変うまくいったことでこのような味わいとなりました。完璧なマロラクティック醗酵をおこなうことができた事が功を奏しました。』
(写真右)醸造担当:ステファノ・モゼル氏 (左)醸造スタッフ:エリザ・バルディ氏

プーリア州【コンティ・ゼッカ】

こちらも醸造担当者からコメントが届いています!
『2017年のノヴェッロはビビッドで紫色のハイライトをもつ大変濃いルビーレッド。アロマは大変華やかで心地よく、黒スグリ、ラズベリー等、フレッシュな果実の香りが印象的です。口に含むと心地よくフレッシュで、果実味に溢れています。完熟したブドウ由来のビロードのようなソフトなタンニンも感じることができます。余韻には若々しい果実味と酸味を感じられます。今年もフレッシュでリッチな果実味、そして程よい酸味が特徴のコンティ・ゼッカの新酒が出来上がりました!日本の旬の食材とも良くマッチすると思います。ぜひイタリアのノヴェッロを日本の秋の食卓でもお楽しみください!』
醸造担当:アントニオ・ロマーノ氏

コンティ・ゼッカからは現地でのおすすめメニューも送っていただけました。

『CARNE ALLA GRIGLIA』豚肉、子羊、ソーセージなどの炭火焼き、ジャガイモ、ナスやズッキーニのグリル、ルッコラ添え

『FAVE E CICORIE(ファーヴェ・エ・チコリエ)』乾燥そら豆のピューレとチコリアのソテー、クルトン添え

『POLPETTE, CROCCHETTE, PITTULE(ポルペッテ、クロケッテ、ピットゥレ)』ミートボール、ジャガイモのコロッケ、パン生地を揚げた地元のおやつ!

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。