モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 毛利おすすめ「シルヴァン・ロワシェ ブルゴーニュ 白 ラ・プレジドント 2018」

毛利おすすめ「シルヴァン・ロワシェ ブルゴーニュ 白 ラ・プレジドント 2018」

2020.09.24
ブルゴーニュ 白 ラ・プレジドント 2018
営業部 毛利
営業部 毛利

若い世代にも是非飲んで欲しいブルゴーニュ!

 ロワシェのラ・プレジドントとの出会いはモトックスのメンバーでわいわい飲んでいるときでした。入社して2年目なかばのワインが一通り分かりだしてきた頃。それまでブルゴーニュには、樽しっかりのコテコテしたシャルドネや、伝統ある畑、区画ごとの特徴を感じなければならない難しいワイン産地、といったイメージがありました。

 しかしこのワインは、何気なく飲んだその瞬間から、私が抱いてきたブルゴーニュのシャルドネの概念を覆してくれたのです。

 しっとりと優しい白い花のアロマに誘われるようにグラスを傾けると、ピュアな果実味が口いっぱいに広がり、芯の通ったクリーンでキレのある酸とミネラルが押し寄せてきます。温度が上がると肉厚になり、心地よい苦みにより深みが出てきます。まだまだ真髄が見えない!計算された緻密な味わいを感じさせられます。飲み疲れや飲み飽きすることなく、「もう一杯」「もう一口」と気付かないうちに杯が進んでしまう、そんなワインです。

 おすすめの組み合わせは、ほくほくのジャガイモとバター、鶏肉を炒め、最後に少しの味噌をあえたものです。バターの香ばしい香りと味噌のコク、あまり手の込んでいない素材の味がワインとケンカすることなく、ぴったりと寄り添い、お互いを高め合ってくれます。

 シルヴァン・ロワシェ氏は2005年に若干21歳でドメーヌを立ち上げ、以降全ての畑でビオロジックの方を実践するという情熱溢れる、ブルゴーニュ期待の新世代です。私もまたそんなロワシェ氏の情熱に魅了されたのかもしれません。

 若い世代や、まだワインをそこまで飲んだことがないという人にこそ飲んで頂きたいと思います!

 

ワイナリー:ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ

何世代にも亘ってブルゴーニュに畑を所有していたロワシェ家。ワイン造りへの情熱に溢れたシルヴァン・ロワシェ氏が自身のドメーヌを立ち上げたのは2005年、当時21歳という若さでした。以来全ての畑でビオロジック農法を実践し、自然酵母のみを使用するなどテロワールを尊重したワイン造りを行っています。非常に洗練された果実味が堪能できるモダンなスタイルです。

ワイナリー詳細

詳細はこちら