モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 毛利おすすめ「ジェゼー ジュランソン・セック 2017」

毛利おすすめ「ジェゼー ジュランソン・セック 2017」

2019.06.05
ジェゼー ジュランソン・セック  2017
営業部 毛利
営業部 毛利

まるで青春の甘酸っぱさを想起させる大人の白ワイン

 皆さんは、この時期どんなワインを飲みたくなりますか。
雨で憂鬱になりがちな時、暑さで冷たい白ワインを飲みたい時…。
今回ご紹介するジェゼー ジュランソン・セックは、私が初めて飲んだその瞬間から虜になったワインです。

 黄金色に輝く色調。一度香りをとると、濃密な花の蜜、ほんのりと焼けたバターやアプリコット、完熟した林檎やパイナップルに心地よいミネラル。まるでレモンクリームタルトを食べているような引き締まった酸味と香ばしさ、柑橘系の皮の苦みが、甘酸っぱい青春の味だなぁと、うっとりしてしまいました。また、ジェゼーは畑の生き生きとした自然を表す「源泉」という意味があり、咲き乱れる花のラベルの絵からもみなぎるエネルギーが感じられます。

 コアペは、シャトーディケムと並び称される極甘口のジュランソンならではのブドウ品種から、アンリ・ラモントゥ氏の手によって丁寧につくられた辛口の白ワインです。
「ワインを愛する全ての人に美味しいと言ってもらえるワインをつくりたい」そんな想いの詰まったコアペのお手頃白ワイン。

 甘みのある玉ねぎやキャベツなどのお野菜をコンソメで煮て、冷製にしていただいたり、サーモンや鯛、ホタテなど脂ののった白身の魚介系のマリネにレモンを絞ったものだったりと、これからの季節にピッタリではないかと思います。

 3つ星レストランでも愛されるこちらのワインでちょっぴり贅沢な時間を味わってみませんか。
是非この機会にご賞味ください。

 

ワイナリー:ドメーヌ・コアペ

本国フランスではシャトー・ディケムと並び称される唯一の極上甘口ワインの造り手として、数多くの高級レストランで愛されるドメーヌ・コアペは、現オーナー、アンリ・ラモントゥ氏がわずか一代で築いたプレステージ・ワイナリーです。甘口で名を馳せながら、グロ・マンサンとプティ・マンサンといったジュランソン地方の地ブドウで辛口白ワインでも異彩を放ち、他に無い優れた品質で飲むものを虜にしています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら