モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 戸田おすすめ「ニュートン・ジョンソン サウスエンド シャルドネ 2012」

戸田おすすめ「ニュートン・ジョンソン サウスエンド シャルドネ 2012」

2013.07.01
ニュートン・ジョンソン  サウスエンド  シャルドネ  2012
大阪営業部 戸田
大阪営業部 戸田

南アフリカの最も南で造る、仲良し兄弟の結晶

  今月のおすすめワインを担当させて頂きます戸田です。

  ここ最近、社員の出張などもあり、南アフリカづいているモトックス。
もう南アフリカのワインはお腹いっぱい・・・と思っている方!一度この白ワインを飲んでみませんか?

 実は「南アフリカ=暑い」は地域によって当てはまらず、このニュートンジョンソンのあるオーヴァーバーグ地区は南アフリカで最も冷涼な銘醸地。
世界史で習った喜望峰のある地区の隣・・・と言えばいかに海が近いか分かりますね!設立は1985年で実は私同い年なのです(秘)

 南アフリカなのに、エレガントな外見が印象的なこのワイン。 しかし、中身のエレガントさも負けていません!

 しっかり冷やして飲むと、レモンをかけたパパイヤや、金木犀、カモミールなど清涼感のある香り。ワイナリーのモットーの通り食事と共に飲んでいくと・・・。
蜂蜜を思わせるコクと共に、麦わらやコーンのニュアンスが表れてきます。味わいながら目を閉じると、アフリカの乾いた大地に沈む夕日が見え・・・まるでバカンス・・・

 現在ワイナリーの運営は、オーナーのジョンソン氏とその二人の息子さんによって行われています。
弟さんの確かな醸造技術と、お兄さんの高いマーケティング力により、国内外にこのワインの魅力は広がりつつあります。 
エチケットに描いてある、向かい合った二匹のタツノオトシゴは、この非常に仲の良い兄弟を表したシンボルマークだそうです。

 家族や兄弟とのお食事に、このワインを選んで頂ければ嬉しく思います。
私も姉と近いうちにこのワインを飲もうかな♪ 

ワイナリー:ニュートン・ジョンソンワインズ

説明1985年設立の南アフリカを代表する家族経営のブティックワイナリー。南アフリカ最大のワイン会社ステレンボッシュ・ファーマーズ・ワイナリーで長年輸出を担当した父親でイヴがワイナリーを興し、現在が息子達と共にワイナリーを運営しています。マーケティングを担当するのは兄のビーヴァン。そしてボルドーのシシェルやナパのキュヴェゾンで修行した弟ゴードンが醸造・栽培を担当しています。

ワイナリー詳細