モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. 【シネマ×ワイン】クラシックなミュージカル映画『トップ・ハット』と、エレガントなボルドー・ワイン、シャトー・ラ・カルドンヌ

【シネマ×ワイン】クラシックなミュージカル映画『トップ・ハット』と、エレガントなボルドー・ワイン、シャトー・ラ・カルドンヌ

【シネマ×ワイン】クラシックなミュージカル映画『トップ・ハット』と、エレガントなボルドー・ワイン、シャトー・ラ・カルドンヌ

みなさまこんにちは。アラサー趣味人こと、ささみです。
だんだんとシリーズ化されつつあるシネマ×ワインのコラム、お楽しみいただけていますでしょうか。
ぜひ、これまでのコラムもチェックしていただけたら嬉しく思います。

突然ですがみなさま、ダンスはお好きですか? 私自身はあまり運動が得意ではないのですが、ダンスを見るのは大好きです。

近頃はバレエ鑑賞の魅力に気がついて、映像を見たり、バレエ音楽を聴いたり、特に愛するバレエ漫画、『SWAN』(有吉京子 著)を読み返したりしています。

せっかくなので『SWAN』もぜひおすすめさせていただきたいのですが、バレエダンサーたちの熱く胸を打つストーリーと、バレエに対する確かな知識、美麗極まるイラストと、語り始めたら止まりません。世界中のみなさんにおすすめして回りたい! と思ってしまうほどの名作です。

 

1. ダンスあり! 歌あり! ミュージカル映画は見どころ満載

余談はここまでにして、映画におけるダンスと言えば……、昔のミュージカル映画には、よくタップダンスのシーンが入っています。特にタップダンスは、映画好きの方にとってはおなじみかと思います。
現代でも、アカデミー賞作品賞など様々な賞を総なめにした映画『ラ・ラ・ランド』(デミアン・チャゼル、2016年)にもタップダンスが織り込まれているなど、目にする機会の多いダンスですね。

今回は、そのタップダンスがふんだんに盛り込まれた映画、『トップ・ハット』(マーク・サンドリッチ、1935年)と、この映画と一緒に楽しみたいボルドー産の赤ワイン、シャトー・ラ・カルドンヌをご紹介いたします。

 

 

2.ミュージカル映画史上伝説のカップル、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース

映画『トップ・ハット』は、ミュージカル映画史上伝説のカップルと称されるフレッド・アステアと、ジンジャー・ロジャースの二人が主演を務めた作品です。
この二人は、様々なミュージカル映画でカップルを組み、美しい愛の物語の数々を世に送り出しました。

(左:ジンジャー・ロジャース、右:フレッド・アステア)
(左:ジンジャー・ロジャース、右:フレッド・アステア)

物紳士的な風貌とおちゃめな笑顔が素敵なフレッド・アステアと、美しさと強さをあわせ持った風貌のジンジャー・ロジャース、どちらにも憧れてしまいます。 まさに、銀幕のスターといった格好良さです。

『トップ・ハット』の他にカップルを組んだ作品は、『艦隊を追って』、『有頂天時代』、『踊らん哉』などがありますので、見つけられた際はぜひご覧になってみてください。
フレッド・アステアとオードリー・ヘップバーンが共演したミュージカル、『パリの恋人』もおすすめです!

 

 

3.ロマンティック・コメディが大好き!

ロマンティック・コメディとは、映画のジャンルの一つです。
今回の『トップ・ハット』も、ロマンティック・コメディ映画にあたります。
典型的なものは、出会ったときは、お互いに良い印象ではなかったものの、一緒に過ごすうちにどんどんと惹かれていく…、といったストーリー。笑いあり、感動ありの非常に親しみやすい物語形式だと言えます。

王道の恋愛ドラマといった雰囲気の物語が多いのですが、冒頭にも書かせていただいた通り、少女漫画を読んで育った私には、このベタさがたまりません。
『トップ・ハット』においても、フレッド・アステア演じるジェリーと、ジンジャー・ロジャース演じるデイルのすれ違いの恋は必見です!

 

 

4.一度見たら忘れられないダンスシーン

ここまではストーリーをご説明してきましたが、歌あり、ダンスありのミュージカル映画、ダンスシーンのご紹介は外せません。
楽しいダンスシーンが多い今作でも、特に印象的なのは♪”Cheek to Cheek”の場面です。
フレッド・アステアが歌い、ジンジャー・ロジャースとペアで踊る一曲で、クラシカルな雰囲気のジャズ・ナンバーに仕上がっています。

一度見たら忘れられないダンスシーン
(この時代のミュージカル映画に特徴的な、幾何学的なフォーメーションダンスを真上からのショットで見せるところも格好良い!)

「(きみと踊っているだけで)まるで天国にいるみたいだ」という冒頭の歌詞だけでもロマンティックで素敵ですが、メロディーも本当に素晴らしいナンバーです。 フレッド・アステアの甘い歌声はとろけるようで、聴けばすぐに耳がうっとりしてしまいます。

そして、この曲の後半のダンスシーンは黄金カップルの実力の見せ所。
カメラの長回しで、ワン・ショットに収められたダイナミックなダンスは、フレッド・アステアがこだわって何度も撮り直しをしたそうです。

フレッド・アステアが歌い、ジンジャー・ロジャースとペアで踊る

ジンジャー・ロジャースが着ている美しい羽のドレスが、動くたびにふわふわと舞い、幻想的な雰囲気を作り出しています。
ミュージカル映画史上に燦然と輝くこのダンスシーンは、一度見たら忘れられません。

 

 

5.クラシカルな愛の物語に合わせたいワイン

さて、いよいよこの映画に合わせたいワインのご紹介です。 王道ラブストーリー、そして少し昔の映画…ということで、歴史あるシャトーが造るハートラベルのボルドー・ワイン、シャトー・ラ・カルドンヌはいかがでしょうか。

シャトー・ラ・カルドンヌは、メドック格付け1級シャトー、ラフィット・ロートシルトが所有していたこともある、17世紀から続く長い歴史を持つシャトーです。
現在は、シャトー・ランシュ・バージュで醸造長を務めた経歴のある、マガリ・ギュイヨン女史が醸造を手掛けています。

(写真右:マガリ・ギュイヨン氏)
(写真右:マガリ・ギュイヨン氏)

メルロー50%、カベルネ・ソーヴィニヨン45%、カベルネ・フラン5%で造られるこのワインは、ボルドーらしい骨格のあるエレガントな酸やタンニンと、親しみやすい柔らかな果実味をあわせ持っています。

均整の取れた優雅な味わいは、まるでフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースのペアダンスのよう。 ほどよく熟成されたチーズ(ポン・レヴェックなんか素敵ですね!)や、レーズンバターなどをつまみながら、映画と一緒にゆったりと楽しみたいものです。

 

 

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?
1935年公開と少し昔の映画でしたが、『トップ・ハット』、すれ違いにきゅんとくるラブコメディ・ミュージカルでした。ご興味を持っていただけましたでしょうか?
そして、長い歴史を持つシャトー・ラ・カルドンヌ、ラベルにハートがあしらわれた、エレガントな味わいのボルドー・ワインでした。見た目も素敵なので、プレゼントにもおすすめの1本です。

シネマ×ワイン、今回のマリアージュも、ぜひご一緒にお楽しみいただければ幸いです。

 

 

7.映画・ワイン 商品情報

『トップ・ハット』

映画
作品名:『トップ・ハット』
発売元:アイ・ヴィー・シー
価格:¥1,980

 

「シャトー・ラ・カルドンヌ」


 

詳細はこちら

「レ・ドメーヌ・セー・ジェー・エール」のワイナリー情報はこちらから。

レ・ドメーヌ・セー・ジェー・エール

ワイナリー紹介「レ・ドメーヌ・セー・ジェー・エール」

以前ラフィットが所有していたシャトーで、ランシュ・バージュでの経験を持つ女性醸造家が腕を揮うワイナリー。
「ラ・カルドンヌ」は17世紀からその名を残すシャトーです。

 

Profile: ささみ

演劇、映画、音楽から美味しい食べ物、インテリア、ポップカルチャーまで様々な分野に興味津々のアラサー趣味人。ワインを楽しむ空間がまるごと好き。

 

ワインにまつわるエッセイ

ワインにまつわるエッセイ一覧はこちらから

 

読んで楽しいワインのおはなし、ワインのさらなる魅力をお伝えいたします。

 

「ささみ」さんが書いた他のエッセイはこちら。

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』と、素朴で実直な味わいの赤ワイン カンティーネ・コローシ「ネロ・ダーヴォラ」

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』と、素朴で実直な味わいの赤ワイン カンティーネ・コローシ「ネロ・ダーヴォラ」

映画好き&ワイン好きのライターがおくる「シネマ×ワイン」。イタリア、シチーリアを舞台にした映画『ニュー・シネマ・パラダイス』と同郷の家族経営のワイナリー「カンティーネ・コローシ」。優しく穏やかな気持ちになれる映画と赤ワインのマリアージュを、ぜひ味わってみてください。

映画『道』(フェデリコ・フェリーニ)と、ほろ苦く美しい赤ワイン、ラ・バンディーナ ヴァルポリチェッラ・スーペリオーレ

映画『道』(フェデリコ・フェリーニ)と、ほろ苦く美しい赤ワイン、ラ・バンディーナ ヴァルポリチェッラ・スーペリオーレ

映画好き&ワイン好きのライターがおくる「シネマ×ワイン」。今回はイタリアの映画とワイン、フェデリコ・フェリーニ監督の名作『道』と、ピュアでビターな味わいが魅力の「ラ・バンディーナ ヴァルポリチェッラ・スーペリオーレ」をご紹介いたします。

ふたつのノスタルジア アゼリア ランゲ ネッビオーロ

ふたつのノスタルジア アゼリア ランゲ ネッビオーロ

ワイナリー近くに咲いていたアザレア(西洋ツツジ)の花が由来となったワイナリー、「アゼリア」。春から初夏にかけての美しい季節に飲みたい「ランゲ ネッビオーロ」の赤ワイン。

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。