モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. 伝統的なバローロを産み出す、イタリアワイン造りの巨匠「ブルーノ・ジャコーザ」

伝統的なバローロを産み出す、イタリアワイン造りの巨匠「ブルーノ・ジャコーザ」

「ブルーノ・ジャコーザ」

イタリア北部、ピエモンテ州の偉大なワイン生産者「ブルーノ・ジャコーザ」。伝統的なワインを造る歴史あるワイナリーで、高い評価を得ています。
今回は特に自社畑のブドウを使用する「ファッレット」のワインについてご紹介いたします。

イタリアワインの最高峰「バローロ」「バルバレスコ」

ピエモンテ州を代表するこのワイン「バローロ」「バルバレスコ」

ピエモンテ州を代表するこのワインは、どちらもネッビオーロ種のブドウを用いた長期熟成型の赤ワインです。

ネッビオーロ種はイタリアで最も高貴な黒ブドウの一つ。
収穫が遅い品種なので、ぶどう畑に霧(Nebbia)がかかることからこの名前が付いたと言われています。

「バローロ」は『王のワイン』と称され、19世紀にサルディーニャ王国のカルロ・アルベルト国王に気に入られ、称号を与えられたことが由来とされています。
それに対し、『女王のワイン』と称される「バルバレスコ」。どちらも素晴らしい最高峰のワインですが、比較的力強い男性的な印象の「バローロ」に対して、「バルバレスコ」は女性的なまろやかな印象があると評されています。

ブルーノ・ジャコーザ Bruno Giacosa

ブルーノ・ジャコーザ

ピエモンテ州・ランゲ地区で3世代続くワイン生産者。
現オーナーであるブルーノ・ジャコーザ氏は半世紀以上にわたる経験をもち、ランゲ地区の畑については誰よりも知り尽くしているといっても過言ではありません。
畑と醸造における伝統に敬意を払うという、単純にして明瞭な哲学の下に造られるワインは一貫したスタイルを貫いています。

確固たるスタイルを持ったワインは世代や時代を超えて、「バローロのロマネ・コンティ」や「イタリアの5大シャトーの1柱を為す」など、世界中からイタリアを代表する生産者とされています。

ブルーノ・ジャコーザ氏曰く、
「ワイン造りは小さい作業、判断の積み重ねが連鎖した飲み物です。前に決めた事が後々の作業や決定に大きく影響してきます。だからこそ全ての判断が適切でないと良いワインにはなりません。」

伝統的な変わらないスタイルを貫き、繊細でいながら深くフィネスのあるワインは、熟成を得て厚みを増し、まさにバローロ・バルバレスコの素晴らしさを体現できる味わいです。

ファッレット(自社畑)

Az.Ag.Falletto di Bruno Giacosa(ファッレット・ディ・ブルーノ・ジャコーザ)

今回ご紹介する「Az.Ag.Falletto di Bruno Giacosa(ファッレット・ディ・ブルーノ・ジャコーザ) 」は、自社で所有する畑から収穫されたブドウで造るワインのこと。

「ブルーノ・ジャコーザ」のワインには2つのラベルが存在しており、もうひとつの「Casa Vinicola Bruno Giacosa(カーサ・ヴィニコラ・ブルーノ・ジャコーザ) 」は長年契約している畑から購入したブドウで造るワインです。

1996年までは同じラベルCasa Vinicolaとして出荷していましたが、Az.Ag.(農業会社という意味。ブドウとは限らず農作物全般。)の名称が自社栽培ブドウ(51%以上)を使っての農業会社にしか使用できないため、2つに分けました。
両者間に品質差はなく、ただ区別するためのものです。

「ブルーノ・ジャコーザ」自社畑の偉大な銘品をご紹介いたします。

 

なんと9年ぶりにリリースされた畑名のないバルバレスコ。中身は実にバルバレスコ・アジリ。稀に出回る貴重な1本です。

詳細はこちら

ジャコーザが造るラバヤの自社畑ワイン。石灰質の豊富な粘土土壌から生まれるきめ細やかで深い余韻。

詳細はこちら

バローロのロマネ・コンティと言わしめた最上の区画、ロッケ。極上のバローロが生まれる区画のみから造られる贅沢な1本。

詳細はこちら

世界のワインマニアが取り合う銘品中の銘品、最上とされるロッケの区画から造られるリゼルヴァは幻のワイン。

詳細はこちら

こちらの記事もどうぞ ▼

本間チョースケ大いに語る!「ブルーノ・ジャコーザ バローロ ファッレット・ディ・セッラルンガ・ダルバ 2012」

本間チョースケ大いに語る!「ブルーノ・ジャコーザ バローロ ファッレット・ディ・セッラルンガ・ダルバ 2012」

優美さと真の強さを併せ持つバローロ屈指の銘醸を、漫画『神の雫』の本間チョースケのモデル・本間敦がおすすめします!

ワイナリー紹介「ブルーノ・ジャコーザ」
2017.01.30

ワイナリー紹介「ブルーノ・ジャコーザ」

時に「バローロのロマネ・コンティ」と評される、バローロの最高峰。より詳しくご紹介いたします。

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。