モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. よくあるお問い合わせ

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

よくあるお問い合わせ

「賞味期限は?」「開け方は?」みんなが知りたいよくある質問にお答えします!

ワインの開け方(コルク栓、スクリューキャップ、スパークリング)まとめ

世界20か国以上のワインを取扱うモトックスのWEBサイトをご覧くださいましてありがとうございます。
これからワインを開けようとしていらっしゃる方にお会いできて大変うれしく思います!
ワインを楽しく召し上がっていただくためにワイン栓の「開け方」をまとめました。
この記事を読んで美味しく召し上がってくださいね。

 

コルクを開ける前に①…スパークリングワインにスクリューは間違い。危険です!

あなたが開けようとしているのはスパークリングワインではありませんか?もしスパークリングワインを開栓しようとしていらっしゃるのであれば、このページの下部で開け方ご紹介しております。弊社にはスパークリングワインのコルクが固くて開かず、コルクスクリューを使って事故につながった、というお問合せをいただくことがあります。絶対に行わないようにご注意ください。

 

コルクを開ける前に②…あると便利です!フォイルカッター

おすすめ度〇
ワインはコルクを抜く前に、フォイル(キャップシール)をカットする必要があります。これはナイフで切るのが一番スマートですが、初心者の方でしたらフォイルをきれいにカットできる専用のカッターを使うとかんたんで便利です。フォイルは切らずに「ひっこ抜く」こともできます。瓶口を手でつかんでボトルを回しながら引っ張ります。ただし、この方法は使えないボトルもあ るのでやはりカッターがあると便利です。
フォイルカッター

 

コルクの開け方、おすすめ道具・使い方

ワインのコルクを抜くのは、ほかのお酒では味わえない特別感があってちょっとした儀式のようでもあります。このまとめ記事では、普段よくコルクを開ける方から初心者の方まで、簡単・安全に開けるためにおすすめの道具と開け方をご紹介していきたいと思います。

■ セルフプリング式

おすすめ度〇
なんといっても開けやすいのはこのセルフプリング式。安全で簡単に、失敗することなくコルクが抜けるアイデアと配慮で設計されたオープナーです。本体・スクリューのパーツに分かれており、スクリューのレバーを回すだけでコルクが抜けるアイデア道具です。あまり力をつかわず、失敗が少ないスグレモノです。
セルフプリング式

セルフプリング式

1.ナイフや、フォイルカッターでフォイルを切り取ります。
セルフプリング式
2.オープナー本体の二又の先ⓐを瓶口に乗せ、しっかりと握ります。
セルフプリング式
3.スクリューⓑをコルク栓の中心に突き刺し、下方向に押さえつけながら数ミリねじ込みます。
セルフプリング式
4.スクリューが確実に突き刺さったら、ハンドル©を回していきます。
セルフプリング式
5.コルクが上がってきて、抜けます。

6.きれいな布で瓶口を拭き取ります。

7.ハンドルを逆回転させるとコルクがはずれます。

セルフプリング式

 

■ 2段式ソムリエナイフ

おすすめ度◎
コンパクトでポケットに入るサイズ。シンプルで安全なオープナーの代表がソムリエナイフです。テコの力を利用してコルクを抜きます。力はそれほど必要なく、簡単に開けられます。ソムリエナイフで上手にコルクを開けるのは、ちょっと「慣れ」が必要ですが、その敷居をグっと下げた道具がこの2段式タイプ。
2段式ソムリエナイフ

2段式ソムリエナイフ

1.ナイフでフォイル(キャップシール)に一周切れ込みを入れ下から上に向かって縦方向に切れ込みをいれます。
2段式ソムリエナイフ
2.刃先で切り取ったフォイル上部を切り離します。
2段式ソムリエナイフ
3.スクリューをねかせて、コルク中央に先端を垂直に差し込みます。先端を押し込んでから、スクリューを立てると中心に刺さります。
2段式ソムリエナイフ
4.スクリューを回転させながら、まっすぐ根元近くまでねじ込みます。
2段式ソムリエナイフ
5.ⓐを瓶口にかけ、一方の手でⓒと瓶をしっかり固定し、もう一方の手でハンドルをまっすぐ上に引き上げます。
2段式ソムリエナイフ
6.次に、ⓑを瓶口にかけ、ⓒと瓶をしっかり固定したまま同じようにハンドルをまっすぐ上に引き上げます。この時、真上方向へ引き上げるのがコツです。※コルクが曲がらないように、気を付けましょう。
2段式ソムリエナイフ
7.コルクを残り5mm程度まで引き上げたら、テコを外し指でコルクをつまみ、ゆっくり引き抜きます。※古いコルクはもろくなっていることもあるため優しく引き抜いてください。指でコルクをつまみ、ゆっくり引き抜きます。

8.全てコルクが抜けたら、きれいな布などで瓶口の汚れを拭き取れば、完了です。

※2つのコツ。
①スクリューをコルクにまっすぐ差し込むこと
②スクリューを根元あたりまで、しっかりねじ込むこと

2段式ソムリエナイフ

 

■ ソムリエナイフ

おすすめ度〇
昔からコルクを抜く道具として使われてきたソムリエナイフ。動作の美しさも手伝ってプロの現場で使われ続ける、コンパクトでシンプルな道具です。 基本的な使い方は2段式と同じです。瓶口にフックをかけてからハンドルを引き上げる動作がワンアクションなので少し慣れが必要ですが、いずれあなたの愛着ある道具になることでしょう。
ソムリエナイフ

 

■ シングルレバー式

おすすめ度◎
本体をボトルにセットしたら、レバーを下げ、上げするだけ。これでコルクが抜けます。注意点はレバーの操作に少し力がいりますので、安定した台の上で作業することくらい。誰でも簡単に使うことができます。コルクが抜けたらもう一度、レバーを下げ、上げ。それで本体からコルクが外れます。
シングルレバー式

 

■ ウイング式

おすすめ度▲
左右のウイングを押し下げると、コルクが抜けるタイプです。両手の力を使えるのでとても簡単で、人気です。注意すべきは、この方式のオープナーにはスクリュー部分が太いものや短い製品が見られることです。弊社にはこういったオープナーを使ってコルクをボロボロにして抜けなくなった、という相談が多く寄せられます。また、瓶口の細いタイプのワインには不向きですからご注意ください。よい製品を選べば使いやすい道具です。
ウイング式

 

■ T字型

おすすめ度▲
力でコルクを引き抜く、最もシンプルでポピュラーな道具です。一番安価ですが、フォイルカッターを別に用意する必要があるのと、引き抜くのに強い腕力が必要です。それと、引き抜いた勢いでワインが飛び散った、という相談がよく寄せられる道具です。使用はおすすめできませんが、ほかの道具がないなどの場合は細心の注意しながら使いましょう。
T字型

 

■ エアーポンプ型

おすすめ度✕
ガスの圧力を使ってコルクを瓶から押し出して抜くタイプです。コルクを針で貫通させて、ガスカートリッジやピストンで瓶内に空気を送り込むと、コルクが瓶から抜ける仕組みです。ほとんど力を使わずに済みますが、針が折れたり瓶が破裂するなど事故の危険性があるので、もし使用するなら安全面を考えて細心の注意を払って使うようにしましょう。
エアーポンプ型<

 

■ ツインブレード式

おすすめ度✕(場合によって例外あり!)
瓶とコルクの隙間2か所にブレードを差し込んで抜くタイプです。この方式は通常のワインを開けるのには向きません。コルクに弾力のある若いワインや、人工コルクのような硬いコルクに使うと瓶が割れたり、逆にコルクを押し込んでしまったりしますので使用すべきではありません。しかし、コルクの弾力が弱くなったヴィンテージワインでは真逆です。長い間熟成を経たワインのコルクにスクリュー式を使用するとコルクが崩れてしまって抜けないことがよくあります。そんなときがツインブレード式の出番。コルク両脇をつかんでコルクを優しく引っ張り出しましょう。ワインセラーをお持ちのような、上級者の方は準備しておくとよいでしょう。
1.フォイルカッターなどでフォイル(キャップシール)を取ります。
2.ブレード2本のうち長い方の先端を、コルクと瓶の間に差し込みます。
3.反対側のコルクと瓶の間に短い方のブレードの先端を差し込みます。
4.オープナーを左右に動かしながら、徐々にブレードを深く入れていきます。
5.ブレードが根本まで入ったら回転させながら徐々にコルクを引き上げて抜きます。
ツインブレード式

 

■ 蝋キャップに出会ったら

ワインのなかにはボトルをコルクで栓をしたあと、さらに瓶口を蝋で覆っているものがあります。蝋キャップを採用するかどうかは生産者の判断で行われます。コルクの気密性を高めるため、と考えられる時代もありましたが、今では伝統的な製法を印象づける意匠のためというのが一般的です。開栓するときは蝋を無視してかまいません。コーティングの上から直接スクリューをコルクに差込んで引き抜きます。蝋はコルクが引き抜かけれると同時に割れて、注ぎ口が通ります。瓶口から蝋破片が落ちてワインの中に入らないように気をつけましょう。
蝋キャップ

 

スクリューキャップの正しい開け方

スクリューキャップのワインが広く流通し始めた当初の2000年代に「キャップを回しても開かない」というお問合せがよくありました。ペットボトルや日本酒の四合瓶ではキャップを回すと切り込みが切れて開栓できますが、ワインのようにロングタイプのスクリューキャップの場合は少し開け方が違います。正しくはキャップではなく「瓶を回す」のがその方法です。
スクリューキャップの正しい開け方

1.スクリューキャップの切り込みより下の部分を軽く手で握ります。
2.逆の手でボトルの下部を持ち、そのまま「瓶を回し」ます(時計回り)。
3.「カチッ」という音がしてミシン目が切れます。
4.スクリューを反時計回りに回して開栓します。

現在はスクリューキャップの上部を回して開栓できるものが多くなってきましたが、瓶側を回さなければ開かないものもありますので、「正しい開け方」としてボトルを回す方法を覚えておくとよいでしょう。

瓶を回したときに、ミシン目辺りの金属でケガをしないようにご注意ください。カッターやはさみなどで無理に開けようとするとケガをする恐れがあります。絶対に使用しないでください。

スクリューキャップは、飲み残しのワインもキャップを閉めてそのまま保存できるスグレモノです。コルク栓を使ったボトルのように、横に寝かせて保管する必要がありません。アウトドアや家飲みだけでなく、ホームパーティーにお呼ばれした時の手土産にも。伺ったお宅に、ワインオープナーがなくても安心して楽しめます。

 

ガラス栓の開け方

ワインの栓の一つに、『ガラス栓』が見られるようになりました。天然のコルクではどうしても不良品が出ることから、ガラス製の栓を好むワイン生産者がいるからです。このガラス栓は道具を使わずに開けることができます。誤って道具を使ってこじ開けると、ガラスが割れる可能性があります。簡単な開け方をご紹介しますので、この方法をお試しください。

1.ソムリエナイフや、フォイルカッターでフォイルを切り取ります。
2.瓶口を両手でしっかり握り、ガラス栓を親指2本で下から上に押し上げます。
3.「カチッ」と音がして栓が開きます。

 

スパークリングワインの開け方

次にシャンパーニュ(シャンパン)に代表される、スパークリングワインのコルクの開け方を解説していきます。
スパークリングワインは瓶の内圧が高いため、コルクの飛び出しや噴きこぼれに注意しながら安全に開栓しましょう。まずは上手に開けるコツ2つから説明していきます。

 

■ 振動させたり、衝撃を与えたりしない

炭酸を含む飲みものですから、振動や衝撃をあたえると開けた時にワインが噴きこぼれてしまいます。乗り物で運んだり、何かにボトルをぶつけてしまった後のような場合は冷たい場所に静置してから開けるようにしましょう。

 

■ よく冷やしておくこと

炭酸は温度が低いと液体に溶けやすい性質です。ですから冷えていると瓶内の圧力が弱まって上手に栓を抜くことができます。逆に冷えていないと噴きこぼれやすくなります。
振動させたり、衝撃が加わった場合はとくによく冷やすようにしましょう。このあたりはビールや炭酸飲料と同じ要領です。

 

■ ふきんを使いましょう

では、実際にスパークリングワインを開けてみましょう。
スパークリングワインはビールや炭酸飲料に比べてガス圧が高い傾向があるのと、そもそもコルク製の栓を使っている点で特殊です。開栓は気をつけて行いましょう。

1.栓の周りを覆っているシールをはがします。
スパークリングワインの開け方
 
2.コルクに『ふきん』をかぶせてください。
※万一の噴きこぼれやコルクが飛んだ場合の危険防止のためです。
スパークリングワインの開け方
3.ふきんの上から、片方の手でコルクをしっかり握ります。
※画像では説明のためふきんを使っていませんが、必ずかぶせた状態で行ってください。

A 親指:栓の頭を上からしっかり押さえます
B 人差し指:栓の側面をしっかりと握ります
C 中指~小指:瓶の首の部分を軽く握ります

スパークリングワインの開け方
4.針金をゆるめます。ゆるんだら、瓶に固定されている輪の部分を広げて下さい。このとき炭酸ガスの圧力でコルクが不意に飛びだすことがあります。必ず3.の要領で、ふきんの上からコルクを押さえて針金をゆるめてください。※針金はゆるめるだけで取り去る必要はありません。
スパークリングワインの開け方
5.もう片方の手で瓶の底または下側を握り、瓶を回してください。 コルクが折れてしまうことがあるため、瓶の方を回します。

この時、握っているコルクはしっかりと手で固定しておいてください。瓶を回すと、コルクが瓶内のガス圧で自然に上がってきます。最後までコルクを押さえ続けてください。手を瓶から放さないようにご注意ください。

スパークリングワインの開け方
6.コルクの底が瓶口近くまで上がったら、コルクを少し傾けます。瓶口とコルクの底に隙間ができて「シュ」と穏やかな音でガスが抜けると成功です。
スパークリングワインの開け方
「吐息のような」音が出せるようになったら上級者です。場を盛り上げるためにあえて『ポンっ』と音を鳴らしたい場合は、隙間を作らずガス圧にまかせて勢いよく開栓すると音が鳴ります。ただし、コルクが飛ぶ事故や、噴きこぼれにつながりやすいです。特別な理由がない場合はマナーを守って静かにスマートに開けましょう。
スパークリングワインの開け方

 

■ 瓶口の向きにご注意ください

万一コルクが誤って飛び出さないとは限りません。開栓作業中は、瓶口を人や割れるもの(ガラス製品など)の方向に向けないようにしてください。

 

■ コルクが固くて瓶が回らない場合は

決してスクリュー型のワインオープナーを使用しないでください。瓶口にかかった負荷で瓶が割れて、破裂を起こします。コルクが固い場合は根気強く瓶を回すか、スパークリングワインの専用のオープナーを使います。

 

■ スパークリングワイン用オープナーの使い方

コルクが固くて瓶がどうしても回らないときは、専用の道具でコルクを回して抜きます。
スパークリングワイン用オープナーの使い方

1.指を離してもコルクが上がってこないことを確認し、ボトルを平たいところに置きます。
2.針金(ミュズレ)を取り除き、コルクにオープナーをセットしてふきんをかけます。
3.ふきんの上からレバーを握り、コルクを回転させるとガス圧でコルクが上がってきます。
4.コルクがあがってきたら、レバーを斜めに倒します『シュ』と音がしたら成功です。
※レバーを回すとすぐにコルクが飛び出す場合もあります。必ずふきんをかぶせて行いましょう。

 

ワインの栓の開け方まとめ、いかがでしたでしょうか。
たまに飲むワインの開け方がわからなくて迷子になっていた方、よくワインを開けて飲んでくださっている方にも何かお役に立てていれれば幸いです。とにかく今日はワインを飲んでくださってありがとうございます。
上手に開けて、美味しいひと時を!

 

 

 

【ワインの栓について、こちらもどうぞ】

■ ワイン栓やキャップの種類 >

 

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

残ったワインの保存方法は?

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

ワインの開け方(コルク栓、スクリューキャップ、スパークリング)まとめ

ワイン栓の「開け方」についてのまとめ記事です。<br /> コルク栓を開ける際の様々な道具のこととその使い方、スパークリングワインのコルクの開け方、スクリューキャップの開け方をご紹介いたします。

ワイン栓やキャップの種類

ワイン栓と言えば、コルク。そのコルクにも様々な種類があるんです。普段あまり見かけることがないコルク以外の栓もご紹介します!

一覧を見る

おすすめ記事

NEW 華やかな香りが楽しめる「ゲヴュルツトラミネール」

2021.09.29

「ゲヴュルツ」はドイツ語で「スパイス」という意味で、その華やかな香りが特徴です。

甘口から辛口まで。多彩な魅力を持つ「リースリング」

2021.06.29

ドイツ原産の白ワイン用ブドウ品種。甘口から辛口まで幅広いワインを生み出します

NEW みんなに好かれる品種。白ワインの基本「シャルドネ」

2020.09.25

白ワインを造る2大品種のひとつ

一覧を見る