モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. ワインを楽しもう♪

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

ワインを楽しもう♪

ワインがグッと近くなる♪ワインを楽しむためのコツや選び方、食事との相性など

簡単解説!大注目の「オレンジワイン」とは?

今大注目の「オレンジワイン」!
みなさんはご存知ですか?

「初めて聞いた!」
そんな方のために簡単にご紹介いたします!

これであなたも「オレンジワイン」マスターです☆

赤でも白でもない、オレンジ色のワイン

 

 「果物のオレンジを使ったワイン!?」
ではありません。

みなさんがご存知のワインと同様に
ブドウを原料に造られますが、
出来上がったワインが赤でも白でもない、
オレンジ色をしているためこう呼ばれます。

どうしてオレンジ色になるの?

 

「オレンジワイン」の製法をひと言でいうと、
白ブドウを赤ワインと同じ方法で醸造すること

黒ブドウを果皮や種子と一緒に醗酵させて
果皮の色素をワインに抽出させる赤ワインに対し、
白ブドウの果汁のみを醗酵させるのが白ワインです。

『赤ワインができるまで』はこちら

『白ワインができるまで』はこちら

「オレンジワイン」の場合は、
白ブドウを果皮や種子と一緒に長時間かけて醗酵させます。

白ブドウと言っても、実際には、
果皮は淡い緑や黄色、灰色がかったものなどさまざまです。
酸素を取り込みながら色素が果汁に抽出されることで、
ワインがオレンジ色を帯びていきます。

この製法は「スキンコンタクト」と呼ばれ、
白ワインの製法の一つとして有名です。
中でも、「オレンジワイン」の特異な点は、
スキンコンタクトの時間がとても長いことです!

オレンジワインの起源は?

 

「オレンジワイン」は、とても古い歴史のあるワインです。
その起源は、ワインの発祥とされるコーカサス地方の国の一つ、
黒海に面したジョージア(旧グルジア)です。

ジョージアでは、クヴェヴリと呼ばれる容器を使った
伝統的な製法を用いています。
現地では、「オレンジワイン」ではなく、
琥珀色を意味する「アンバーワイン」と呼ぶことが多いようです。

どんな味わい?どんなお料理と合わせるの?

 

長時間のスキンコンタクトにより、
ワインには色素だけではなく、
さまざまなブドウの成分が抽出されますので、
一般的な白ワインより複雑でコクのあるワインとなります。

白ワインと同じ感覚で口に含むと
少しビックリする味わいかもしれません!

「オレンジワイン」はその製法から
白ワインと赤ワインの双方の要素を併せ持ち、
前菜からメインディッシュまで
幅広いお料理と合わせることができる、
とても万能なワインなんです!

ワインのスタイルにもよりますが、
比較的軽いお料理には少し温度を下げて、
ボリュームのあるお料理には赤ワインと同じくらいの温度で
合わせていただくことがオススメです!!

1本で前菜からメインディッシュまで合わせられるなんて
重宝しそうですね!
近年では、日本や世界各地で造られていますので
ぜひ、色んな「オレンジワイン」をお楽しみください♪

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

コルク栓の開け方

「もう失敗しない!」コルク栓の開栓が苦手な方必見!開けやすい道具選びと、使い方のコツをご紹介します!

残ったワインの保存方法は?

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

ワインボトルの底にたまるオリ

ワインの瓶底に何かの沈殿物が…それは「オリ」かもしれません。

一覧を見る

おすすめ記事

NEW サングリアでつくる簡単ホットワイン!

2018.11.28

冬の定番!ホットワインを飲んでポカポカに。

「アペリティフ」で、もっとワインを!

2018.10.22

「アペリティフ」って何なのでしょう・・・?
ワインを楽しむ機会を増やしたい!という方へ、ご紹介します!

Welcome to “into WINE”

2018.03.28

ワインビギナーにワインを楽しんで頂くための情報ページです。楽しいワインの世界に一歩踏み出してみましょう♪

一覧を見る