モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. 「2018ノヴェッロ/コンティ・ゼッカ」

「2018ノヴェッロ/コンティ・ゼッカ」

季節に合わせるワイン2017年ボージョレヌーヴォ・ノベッロ

2018年ボージョレヌーヴォ・ノベッロ

 

<<< BACK 

 

南イタリアから秋の恵みをお届けします!プーリアの名門コンティ・ゼッカ ノベッロ・サイレントはフレッシュでコクがあって完熟果実の旨みたっぷり!

 

 

— ワイナリー情報 —

コンティ・ゼッカ生育状況

イタリア、プーリアはサレント半島に、公爵家として門を構える「コンティ・ゼッカ」。
500年にわたるワインづくりの歴史をもち、古くからフランスやイギリスとの貿易を行ってきた、由緒あるワイナリーです。

現在では、サレントに4つのエステイトを所有し、この土地ならではの土着品種を最大限に生かしつつ、より高い品質を目指したワインづくりを行っています。
その南のワイン特有の濃密さを持ちながらも、飽きのこない味わいには、すでにモトックスの定番ワインとして皆様にもお馴染みいただいております。

ノヴェッロは、コンティ・ゼッカがその本領をいかんなく発揮する地ブドウ、ネグロアマーロとマルヴァジア・ネーラを使用 したしたもの。
ノヴェッロならではの、フルーティさが前面に出た味わいになっていますが、それだけでは終わらない、しっかりとした存在感があります。

【 ノヴェッロのブドウ生育状況 07/02付 ワイナリーより 】
プーリア州、サレント半島は春先の降雨で乾いた土壌に水分が十分に蓄えられ、6月末まで素晴らしい晴天が続き、ブドウは健康に育っています。
ブドウの成長は例年に比べ早く育っています。 品質的には大変良くなると予想しており、例年通りの収量と見込んでいます。

【 ラベルの鳥について 】
ラベルの鳥 : ツグミ/スズメ科 (伊 : トルド・サッセッロ)
新酒の頃に毎年プーリア州に渡来します。
ようやく辿り着いたツグミが、この地の美しい秋の季節を喜んでいる姿を表現しています。

詳細はこちら