モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

シャトー・ボネ

Chateau Bonnetシャトー・ボネ

ボルドーの偉大な人物の一人、アンドレ・リュルトン氏の原点
アントル・ドゥ・メールの中で常にトップクラスの品質を保つ
ハイ・コスト・パフォーマンスのシャトー

醸造家:ロホン・ル・デ氏

名門アンドレ・リュルトンの原点

ボネのブドウ畑に初めて植樹されたのは16世紀、リブルヌの裕福な商人レイニエ家によって行われました。彼らは荘園領主の邸宅を1560年に購入、大規模な区画整備を行い、森をブドウ畑へと植え替えていき、わずか30年でその景観はガラリと変わりました。1653年には60トノーのワインを生産していたと記録があります。その後多くの所有者の手に渡ったのち、アンドレ・リュルトン氏の祖先、レオンス・ルカペ氏がシャトーを引き継ぐことになります。

 

レオンス・ルカペ氏はブランヌ(サン・テミリオンの対岸に位置)近郊で酒類製造業を行い成功を収めていました。彼は新たな事業としてワイン造りに着手しました。1897年、類い稀なる洞察力、先見の明があったレオンスが競売でシャトー・ボネを競り落とします。19世紀に立て続けに起こったベト病、ウドンコ病、フィロキセラに苦しめられたボネでしたが、実験用の区画を開き、健康なブドウへの植え替えを行うなど、レオンスは非常に積極的に対策を講じました。わずか数年のうちに酒のブレンダ―から非常に優れたワイン商人へと転身しました。

あっという間にシャトーの周りにはブドウ樹が植えられ、その面積は120haにも及びました。同時に建物の改修も行われ、雄大な田園風景が眺められる立派な塔が建てられたり、新しい醸造施設や美しい庭も完成しました。彼のシャトーへの深い愛情によって、ボネは地域で最も優れたブドウ園へと成長します。そして1953年に彼の孫、アンドレ・リュルトン氏にシャトーは引き継がれます。

20世紀初め頃に改修を行った美しいシャトー

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ボルドーの歴史を動かした巨人 アンドレ・リュルトン

ボルドーワインを生業にしている者で彼の名を知らない者はいないと言っても過言ではない、それほどに重要かつ偉大な人物が、アンドレ・リュルトン氏です。

彼は1924年、ここグレジヤック村のシャトー・ボネで生を受けました。第二次世界大戦では15歳という若さにも関わらず志願兵として従軍し、1945年の終戦までその身を戦火に投じました。戦争が終わるとグレジヤックに戻り、シャトー・ボネで父フランソワの手伝いを始めます。1953年に一番下の弟ドミニクが18歳になったのをきっかけに、フランソワの所有地は4人の子どもに分割相続され、長男であるアンドレは最も慣れ親しんだシャトー・ボネを継ぐことになります。しかし当時のボネは、わずか30ヘクタールばかりしかなく、畑はかなり荒れ果てていました。しかし祖父譲りの類い稀なるワインに対する才覚を持ったアンドレはこれの立て直しに成功、さらに落ちぶれたシャトーを次々に購入しては再建し成功を収めていきます。その中にはラ・ルーヴィエール(1965年)、クーアン・リュルトン(1972年)、ド・クリュゾー(1973年)、ロッシュ・モラン(1973年)など、今や世界的にも人気の高いシャトーが名を連ねています。

アンドレ・リュルトン氏の功績はワイナリーオーナーとしてのそれにとどまらず、アントル・ドゥ・メールのワイナリー組合長や、ジロンド県農林水産部組合の副会長、ブランヌ農業連合会の創設者、グレジヤックワイン醸造研究情報センターの創設者、ボルドー&ボルドー・スペリュールワイナリー組合副組合長、CIVBディレクターなど数多くの経歴を持っています。特に有名なものには、1987年にグラーヴの独立アペラシオン「ペサック・レオニャン」の設立に尽力したことが挙げられます。素晴らしいワインを造るだけではなく、ボルドーワイン全体の地位向上に大きな働きをした偉大な人物です。

オーナー 故アンドレ・リュルトン(1924-2019)

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

華麗なるワイン一族、リュルトン家

リュルトン家は、著名なシャトーを率いるリーダーを数多く輩出する、ボルドーの名門一族として知られています。リュルトン家は、ボルドーで計1300ha、30社近いシャトーを所有していると言われています。著名なシャトーは、マルゴー2級格付、シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンを所有するゴンザック・リュルトン氏。マルゴー3級格付、シャトー・ブラーヌ・カントナックをアンリ・リュルトン氏。ソーテルヌの格付、シャトー・クリマンスを所有するベレニス・リュルトン氏がいます。さらに、シャトー・マルジョスを所有しているピエール・リュルトン氏はシャトー・シュヴァル・ブランやシャトー・ディケムの支配人としても活躍しています。彼らはみな長男であるアンドレ・リュルトン氏と3人の兄弟の子供たちです。アンドレ・リュルトン氏は2019年にお亡くなりになりましたが、シャトー・ボネを含むアンドレの会社(ヴィニョーブル・アンドレ・リュルトン社)はアンドレの息子、ジャック・リュルトン氏が引き継ぎました。

ジャック・リュルトン氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

サステナブル農法の中でも最高レベルの認証を取得!

シャトー・ボネを所有しているヴィニョーブル・アンドレ・リュルトン社では環境マネジメントシステムE.M.S. (Environmental Management System)をボルドーのワイン生産者の中で真っ先に取り入れました。E.M.S.は、2010年にボルドーワイン委員会(C.I.V.B.)によって確立され、以下の取り組みを軸に活動しています。

・テロワールと生態系の保護を行うこと

・働いている従業員の健康を守ること

・高品質のワインを造り、多くの消費者の方に届けること

この取り組みは、27の生産者から始まり今では210社を超えています。畑の面積は17,000ヘクタールを超え、実にボルドーの30%以上のワインがE.M.S.の取り組みに参加しています。メンバー間でその手法を分かち合い、自然環境を大切にする高い志を持っています。

 

その取り組みの中で、ヴィニョーブル・アンドレ・リュルトン社は、環境マネジメントシステムに関する国際規格であるISO14001を取得しました。

さらに、2017年にはフランス農業省が認定するHVE(High Environmental Value)を取得。3段階ある認証のうち、最高難易度のレベル3の認定を受けています。この認定を得るためには、ワインを造りながら生態系の保全や受粉のための蜂の養蜂、動植物のための緑化計画など様々な活動を実践する必要があり、大変な努力が必要です。

 

アンドレ・リュルトン社では60年以上に亘り、伝統と革新を融合させ、拘り抜いた品質のワインを造ってきましたが、ワイン造りの未来を見据え常に挑戦を続けています。

HVE(High Environmental Value)認証

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

30秒に1本売れている、世界中で愛されるブランド

シャトー・ボネでは、年間約140万本以上のワインを生産・販売しています。これは、実に30秒に1本を上回るペースです。ヨーロッパに限らず、アメリカ、アジアと広く輸出されており世界40カ国以上の国々で愛飲されているブランドです。シャトー・ボネを所有する、ヴィニョーブル・アンドレ・リュルトン社は合計で約640ヘクタールの畑を所有しており、シャトー・ボネは、彼らが造るワインの中で最もコストパフォーマンスに優れた1本です。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】