モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ドメーヌ・アンリ・ルブルソー

Domaine Henri Rebourseauドメーヌ・アンリ・ルブルソー

将軍の名を冠する、堂々たる風格。
ジュヴレ・シャンベルタン最上の造り手の一人へ。

醸造ベニン・ド・シャレル氏(左)エルヴェ・ベルラン氏(中)マーケティング担当ルイ・ド・シャレル氏

所在地
10, Place du Monument 21220 Gevrey-Chambertin, France 地図を見る>
Website
http://www.domaine-rebourseau.fr/1/index.php/
  • 取扱いワインを見る

アンリ・ルブルソー将軍が礎を築いたドメーヌ

アンリ・ルブルソーの歴史は1782年、創始者のジャック・ルブルソー氏がディジョンに北西拠点を構えたことから始まります。シャンベルタンを含む素晴らしいテロワールの畑を獲得しながら、1919年にはアンリ・ルブルソー将軍が現在のジュヴレ・シャンベルタン村のドメーヌへと拠点を移し本格的なワイン造りの道へと進んでいきます。1929年にはアンリ・ルブルソー将軍を筆頭として原産地呼称ジュヴレ・シャンベルタン保護連合が結成され、同年に制定されたA.O.C.ジュヴレ・シャンベルタンの厳格な運用を今日まで守り続けています。1980年には前当主のジャン・ド・シュレル氏がドメーヌを引き継ぎ、ビオロジックの実践などの改革を行います。2018年にはシャトー・モンローズなどを所有するブイグ兄弟にオーナーが移りますが、ジャン・ド・シュレル氏はそのままドメーヌに残り、実質的な運営は今もシュレル家が行っています。2015年頃からジャン・ド・シュレル氏の息子である、ルイとベニンがワイナリーに参加、ボルドーなどでワイン造りを学んだベニンがドメーヌに改革をもたらし、彼が本格的に醸造に携わった2016ヴィンテージからワインの品質が飛躍的に向上しています。恵まれたテロワール、情熱と才能ある造り手、ブルゴーニュ外にもワイナリーを所有するブイグ兄弟の豊富なノウハウ、という恵まれた環境からジュヴレ・シャンベルタン最高品質のワインを目指し新しく動きだした大注目の生産者です。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

紡がれるバトン ~父から息子へ~

1980年にドメーヌを引き継ぎ、現在も実質的な運営を行っているジャン・ド・シュレル氏。テロワールを重視し、さらには「ピノ・ノワールは熟成させて楽しむもの」という信念の下、カーヴで熟成させて飲み頃と判断してから販売するスタイルを貫いてきました。2016年以降は息子のルイとベニンに醸造や販売の大部分を任せ、彼らを後ろから支えています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

【新生の幕開け】大改革をもたらす若き兄弟

2015年ジャン・ド・シュレル氏は息子のルイとベニンにバトンを渡しました。

マーケティングを学びドメーヌの戦略の舵を取るルイと、ボーヌで醸造学を修めた後ブルゴーニュの生産者では珍しくボルドーなどで修業を積んだベニン。彼らのもたらした変革により品質は格段に上昇し、圧倒的な評価を集めるようになりました。ジュヴレ・シャンベルタン最上の造り手の一人へ。新生アンリ・ルブルソーの幕開けです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

1,有機農法の実践と畑仕事の徹底

ビオロジックの実践とビオディナミに関して探求。銅の使用を従来より35%削減や、ブルゴーニュでは2例目となる土壌分析の専門機関(Geocarta社)での分析を行い個々の畑に対する理解を深めています。「畑では最大限の仕事を行う」という信念の下、畑作業の強化を図っています。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

2,醸造方法の変革

グラビティシステムを導入し果汁への負荷を軽減。さらにピジャージュの回数を減らす、アルコール醗酵の温度を下げる等、過度な抽出を避けてテロワールをより表現できるようしました。樽のメーカーも常に厳選しており、6・7社の樽の中から最もアンリ・ルブルソーに合う樽を探っています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

3,組織体制・情報流通の変革

ドメーヌ内ではベニンが中心となり12人のテイスティングチームを結成。お互いに協議しあう事で品質の向上に努めています。ドメーヌ外の銘醸生産者との情報共有も活発に行うようになりました。シャトー・モンローズ等のブイグ兄弟が所有するワイナリーとはもちろんの事、ブルゴーニュやボルドー等の銘醸生産者とも積極的に情報交換を行っています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ジュブレ・シャンベルタン最上の造り手の一人へ

5つのグラン・クリュ畑を筆頭とした恵まれたテロワールの畑を持ち、設備、人材、情報、そして何よりもルイとベニンの情熱が揃った今、アンリ・ルブルソーのワインは飛躍的に品質を高めています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

区画の個性が見事に表現されたワイン ~Each bottle must revel the identity of its original plot~

~Village~

■ジュヴレ・シャンベルタン

 

~Premier Crus~

■ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・フォントニー

 

~Grand Crus~

■シャルム・シャンベルタン

■マジ・シャンベルタン

■シャンベルタン

■クロ・ド・ヴージョ

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】