モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

セレシン・エステイト

Seresin Estate Limitedセレシン・エステイト

「マールボロ」地区の自然派ワインのパイオニア的生産者

オーナー マイケル・セレシン氏

所在地
PO Box 48169, Renwick 7243, New Zealand 地図を見る>
Website
http://www.seresin.co.nz//
  • 取扱いワインを見る
  • 動画を見る

あの『ハリーポッター3』を手がけた映画監督が設立したニュージーランドビオのパイオニア

セレシン・エステイトは世界で最高峰のソーヴィニヨン・ブランの産地として名高いマールボロ地区に位置します。ワイナリー設立当初はこの一帯は家畜農家が点在するだけで、ブドウ栽培とは無縁の放牧地帯でした。しかし、この地はニュージーランドでも最も日照量が多く、長く伸びる山脈によって守られ、大自然の恩恵をいかんなく受けることのできる、ワイン造りにとって最高の環境だったのです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ジャンシス・ロビンソンがNZのトップ4ワインの一つに名を上げたワイナリー

これまで多くの高い評価を受けてきたセレシン・エステイト。2009年にはジャンシス・ロビンソン氏がニュージーランドTOP4 生産者の一つに数え上げました。正真正銘ニュージーランド最高の造り手としてその地位を気付いてきましたが、世界的に高い評価を受けるようになった現在でも、他人の評価に翻弄されることなく、「テロワールを素直に表現した真っ直ぐなワイン」を目指す彼らの姿勢に変わりありません。

オーナー:マイケル・セレシン氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

「ハンドクラフト」ニュージーランドビオの先駆者

ワイナリーでは、創立当初から一貫して「ハンドクラフト=手作り」にこだわり、植物を「本来あるべき健康な土壌環境」におくことが非常に重要であるという考えのもと、大地が地球のリズムと地球環境に作用し合い、生物の滞在的な力を引き出すことのできる「ビオディナミ農法」を実践してきました。ラベルの手形はオーナーの手で、ハンドクラフトに対する蔵の姿勢を表現しています。

※オーガニック認定(Bio-Gro)

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ビオディナミを取り入れるということ

ワイナリーではビオディナミを取り入れてから、

 

1. 大地の自然な作用である栄養分やミネラルの供給を妨げられることなく、ブドウ樹が生育

 

2. その健康状態の改善だけではなく、ワインのストラクチャーや凝縮したフレーバーなどにも目を見張る成果が現れるようになった

 

と言います。

 

決して流行やマーケティング目的でビオを取り入れているのではない証拠に、うみ出されるワインは人々を魅了し続け、同時に高い評価を獲得してきました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

若い造り手が集まる蔵

セレシンのワイン理論に賛同し、彼らのワインを愛する多くの若い醸造家や栽培家の卵たちがセレシン・エステイトの門を叩きます。毎年世界中から多くの若者がこの素晴らしいワイナリーで経験を重ねようと醸造チームに応募しています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】