モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

安曇野ワイナリー株式会社

Azumino Winery安曇野ワイナリー株式会社

信州安曇野。大地の一滴を醸すワイナリー

製造部 部長:加藤 彰 氏(写真左から2番目)

所在地
長野県安曇野市三郷小倉6687-5
Website
https://www.ch-azumino.com//
  • 取扱いワインを見る

目指すのは「テロワールを存分に感じられるクリアなワイン」

2008年長野県安曇野市にオープン。西に北アルプスを望む雄大な自然の中にあります。長野県は『降水量が少ない』『日照量が長い』『昼夜の寒暖差が大きい』『水はけが良い』とブドウ栽培に適した自然条件を備え、ワイン用ブドウの生産量日本一を誇ります。自社畑は3.2ha、自社栽培品種は『シャルドネ』『ソーヴィニョン・ブラン』『メルロ』『カベルネソーヴィニョン』の4種類です。年間製造量約8万本の中型ワイナリーです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

収穫したブドウの風味がそのまま薫る、テロワールを表現したワイン

安曇野ワイナリーの土地は、山に囲まれ水はけと日当たりがよく寒暖の差が大きい、ブドウづくりには非常に適した土地です。ここで専門の栽培スタッフが「安曇野らしさのあるブドウ」を思い描きながら、日々ブドウと向き合っています。土地の本来の力を十分に引き出せているか?ブドウは深く根を張っているか?。大地の恵みを余すこと無く吸収できているか?。ブドウと対話しながら、日夜、目と手をかけています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

純日本製 優良なボルドースタイル

日々のワインデータと世界のメーキング情報により、年々改善をし、ブドウのポテンシャルを引き出し、より良いワインを造っています。

ブドウの収穫のタイミングは完熟させることに重きを置き、よりエキスが抽出されることを意識した醸造を心がけています。日本では難しいと言われているボルドー系品種でも果実がしっかりとしたスタイルに仕上がっております。

敷地内には常時見学可能のワインセラーがある。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

所有面積

3.3ha

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

平均単位収量

40hl/ha

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

年間平均生産量

80,000本

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

平均樹齢

12年

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

標高

700m

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

日照量

年間2500時間

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

降雨量

年間1,100㎜

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

収穫時期

9月-10月

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

最高気温

36度

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

最低気温

-15度

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】