モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

有限会社タケダワイナリー

Takeda Winery有限会社タケダワイナリー

開園100年「良いワインは良いブドウから」

栽培・醸造責任者 兼 代表取締役社長:岸平 典子 氏

所在地
山形県上山氏四ッ谷2-6-1
Website
http://www.takeda-wine.co.jp//

「良いワインは良いブドウから」山形県上山市 100年ワイナリー

タケダワイナリーは、蔵王連峰のふもと、山形県かみのやま温泉郷よりほど近い南向きの高台に位置しています。

上山市で代々ブドウ栽培を行っていたこともあり、1920年(大正9年)に果実酒醸造免許を取得して、ワイン造りをはじめました。その当時ブドー酒は画期的でした。ワイン工場はタケダワイナリーの前身となる「武田食品工場」という名称で、以来「良いワインは良いブドウから」をモットーに土造りからはじめたブドウ栽培、ワイン醸造が続けられています。

1940年代のベーリーA古木と

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

日本ワイン業界初 女性として栽培・醸造責任者 兼 代表取締役社長

山形県上山市生まれ。

1989年 玉川大学農学部農芸化学科 卒業。

1990年~1994年 渡仏。

フランス国立マコン・ダヴァイエ醸造学校上級技術者コース専攻。

フランス国立味覚研究所(醸造学者ジャック・ピュイゼ主催)にて研修。

ボルドー大学 醸造研究所テイスティングコース修了。

その他、ブルゴーニュ・ロワールのドメーヌで研修を行う。

2005年 現職に就任。

栽培・醸造責任者 兼 代表取締役社長:岸平 典子 氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

自然農法にこだわる

四国の篤農家(農学者)、福岡正信氏が提唱する自然農法を手本とし、減農薬・無化学肥料によるブドウ栽培を行っています。自然環境を自分たちの畑で再現し、自然サイクルを確立するという考え方のもと、過剰な施肥を行いません。自然のサイクルを最大限に活かします。また、ルドルフ・シュタイナー氏が提唱した自然農法「ビオディナミ」も取り入れています。収穫期の見極めや仕込み、澱引き、瓶詰めなど、栽培から醸造の作業はできるだけ、ビオディナミで使われる月の運行に従っています。

マスカット・ベーリーAの自社畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

伝統が紡ぐブドウ畑

タケダワイナリーでは国際品種と呼ばれるヨーロッパ系のブドウ品種は垣根栽培、日本国内で古くから栽培されていた固有品種と言われる畑を棚栽培で行っています。樹勢のコントロールや品種ごとに適した栽培を目指し続けたした結果、このような形にたどり着きました。山形県では50年前からカベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネのような国際品種の栽培が始まっていて、日本で有数のワイン用ブドウの供給地となっています。タケダワイナリーにも樹齢40年以上のシャルドネが残されています。

垣根栽培のブドウ畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

後世に繋ぐ持続可能な栽培

タケダワイナリーのブドウ栽培は可能な限り自然農法で、契約農家にも出来るだけ減農薬で栽培するように指導しています。日本のワインマーケットに浸透した「ナチュラルワイン」を造るためではなく、100年以上続いたこの農園をこれから末長く継続させるためというのが同社の考えです。自然農法がまだ認知されていない時代から化学肥料を使わず、農薬は必要最低限、というやり方が先代から守られ続けてきました。代々伝わる農園を守りぬく同社の強い信念がそこに詰まっています。

棚栽培のマスカット・ベーリーA

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

困難を乗り越えた土壌改良

100年以上、上山の地でブドウ栽培を続けているタケダワイナリーですが、土壌には長く悩まされてきました。元来、水はけの悪い土地であったのに加え、蔵王山から火山灰が降った歴史からブドウの成長を支えるのに必要なリンが欠乏していました。ヨーロッパ品種の栽培に着手してからこの問題は更に明確化していきます。しかし、継続的な土壌改良に取り組むことで水はけが良く、栄養を確保できる畑へと進化していきました。

 

「土がフカフカしているのは畑が生きている証拠」

 

と典子氏は力強く語ります。

蔵王山を眺めるブドウ畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ブドウを見極める

「いかにブドウの声を聞き、ブドウの良さを一番に引き出して、土地と品種の醍醐味を表現できるか」。腐敗果がなくpH値の低い健全なブドウであること、仕込み時の徹底した選果やワイナリー内の衛生管理、より自然な造りを心掛け、ワインメーカーが随時自身の目で確認し管理をする。ブドウのポテンシャルを引き出すために、五感のすべてを使って作業が行われます。この自然派の傾向は、タケダワイナリーのワイン造りすべてに反映されています。

ワインの樽入れの様子

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

徹底した選果作業がうみだすクリーンな味わい

タケダワイナリーでは入荷したブドウを如何なるブランドになるものも全量選果をします。簡単なことに聞こえますが、同社の生産規模を考えると想像を絶する作業量です。ワイン造りはブドウが入荷する一定期間(山形では8月~11月頃まで)の限られた短い時間に開始します。世界的に見ても、ある程度の生産量を持つワイナリーでは低価格帯ワイン用のブドウまで完璧に選果する余裕はなく、収穫時の簡単な選果に留めるのが一般的です。日によっては10トン以上にもなるブドウをタンクに入れたりプレスする中で、選果に多くの時間をかけられません。しかし、タケダワイナリーでは醸造・栽培責任者の岸平典子氏を含むスタッフ4名ですべてのブドウを選果します。しかもワイナリーに入荷したブドウの約2割を廃棄してしまう程の徹底ぶりです。勿体ないとの声もありますが、「良いワインは良いブドウから」の信条のもと妥協を許さないのがタケダワイナリーのスタイルなのです。

デラウェアの選果作業をする様子

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

【ご注意】