モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

カタシモワインフード株式会社

Katashimo Wine Foods Co.,Ltd.カタシモワインフード株式会社

100年畑・大阪のワイン

代表取締役:高井 利洋 氏

所在地
大阪府柏原市太平寺2-9-14
Website
https://www.kashiwara-wine.com/index.html/

目指すは伝統ワイン産地「大阪」の復建

カタシモワインフード株式会社の高井社長は大阪ワイナリー協会の発起人で、大阪の風土にあったワイン用ブドウの開発を大阪大学と協同で進めるなど、ワイン産地「大阪」のキーパーソンです。実は大阪は300年以上ものブドウ栽培の歴史があり、明治時代からワインの生産も開始。今から約100年前はブドウの栽培面積が全国第一位でワイナリーも200軒以上あったと言われています。

カタシモワイナリーもワイン醸造所の建設ラッシュにあった大正時代にワイン醸造を開始します。米の10倍以上の値打ちがあるブドウは当時人気の農作物で、「畑3反あれば息子2人を大学に行かせる」と言われていました。しかし、相次ぐ台風被害や農家の高齢化により、ブドウ産業は衰退していきます。不利な状況が続く中でも「ほんまもんをお客様へ届ける」想いで現在もワインを造り続け、大阪ワインの復建を目指しています。高井社長を初めとする大阪ワインの挑戦は始まったばかりです。

大都市「大阪」が一望できるブドウ畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ほんまもんをカジュアルに楽しんで欲しい

明治初期よりブドウ栽培をはじめ、大正3年にカタシモ洋酒醸造所を設立。現存する西日本最古のワイナリーです。1977年にフランスからプレス機を輸入、1983年よりヨーロッパ系ブドウを栽培、1994年より減農薬栽培に取り組むなど、常に新しいことに取り組み続けています。醸造技術を研鑽し、国内外のワインコンクールで受賞する傍ら、日本で初めてグラッパ(ブランデー)やたこシャンなどオリジナリティーあふれる新商品開発を行っています。ワイナリーツアーやイベントを積極的に開催し、地域と共に生きるワイナリーとして存在し続けることを目標にしています。グローバル化が進み、世界中の景色が同じようになっていく流れの中で、ワインは土地の歴史や個性を反映できる数少ない要素だと考え、地元らしさを表現して地元の人に長く愛されるワイン、地元の人が自慢できるワイン造りを目指しています。

有形文化財に指定されている本社の家屋

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

大阪の名物社長!

ワイナリーの4代目当主。

先代の創業者高井作次郎がやっとのことでワイン醸造に成功した大正元年からその伝統を引き継ぎながら日々研鑽を重ねます。

社長就任後は「河内ワイン」「柏原ワイン」などの地域ブランドを立ち上げ、日本初のグラッパを製造、販売をさせたことでも知られています。

また大阪ワイナリー協会の設立に尽力して、若手の育成や大阪で栽培されるワイン用のオリジナルブドウの開発にも力を注ぎます。

平成25年には経済産業省による『がんばる中小企業・小規模事業者300社』にも選出されています。

代表取締役:高井 利洋 氏 (写真の真ん中)

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

持続可能(サスティーナブル)なブドウ栽培

かつて大阪は全国一位のブドウ産地でした。現在でもデラウェアは全国第三位の生産量を誇っています。しかし、栽培農家の高齢化で耕作放棄地が増えており、大きな危機に直面しています。重労働であるブドウ栽培の負担を少しでも減らすために、生食用の傍ら、農家さんの体力に合わせて種を残して農薬を減らしたブドウを育てることで、収入の維持と畑の維持の両立を目指しています。今までの伝統的なやり方ではなく、大阪府、柏原市、農協を巻き込んで、栽培方法の手順書を作り、本格的に書面でのブドウ契約栽培の取り組みを始めました。若い人のスタートアップや規模拡大中の人手不足の解消、負荷の少ないワイン用と生食用のローテーションによる圃場管理など、多様な場面でワイン用ブドウ栽培が、これからのワイン産地「大阪」の役に立つと信じて畑仕事に取り組んでいます。

ぶどうの小道

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

樹齢100年以上のブドウの樹も…

300年以上のブドウ栽培の歴史がある柏原市ですが、当時の記録には「紫ブドウ」と表記があり、甲州が植えられていたという説が有力です。カタシモワイナリーが保有する畑の中にはなんと100年以上の樹齢を超える樹が存在ます。樹の幹に当たる主幹をほとんど皮で繋がっている状態ですが、これでもしっかり管理すればブドウが実ります。この樹の作業は高井社長しか出来ないほど当時の貴重なサンプルなのです。

 

樹齢100年の甲州

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

大阪が育むテロワール。決して侮れない個性豊かな産地

大阪と聞くと大都市のイメージがあり、ブドウ栽培にそもそも向くのか?という疑問があります。カタシモワイナリーがある中河内地区は伝統的なブドウ産地で南西向きの急斜面にあります。暑さや台風には不利な条件もありますが、斜面の畑は水はけがよく日照を確保できるためブドウ栽培に大きな恩恵をもたらします。「昔は堅下(カタシモ)駅周辺の土地より、この斜面の土地の方が高かった」と言うぐらいブドウ栽培に好適で、当時の農家さんには人気のエリアだったようです。また、畑には石英(せきえい)がゴロゴロ転がっています。岩盤土壌でミネラルを多く含む畑でブドウの品質向上にも寄与するにユニークな土壌なのです。

畑に転がる石英(せきえい)

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

地元に愛されるワイン造り

衛生管理を徹底し、安全安心で、ぶどうの個性を伸ばすワイン醸造。

日本でいち早くヨーロッパから醸造機材を取り入れたり、特注の蒸留器や瓶詰めラインを設けてワイナリーの環境にあったこだわりの設備を整えています。

グローバル化が進み、世界中の景色が同じようになっていく流れの中で、ワインは土地の歴史や個性を反映できる数少ない要素だと考えています。地元らしさを表現するワイン、大阪に来たら飲まずにはいられないワイン、地元の人に長く愛されるワイン、地元の人が自慢できるワインを造ることを目指しています。

ワイナリーで熟成されている樽

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

【ご注意】