モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

テ・カイランガ

Te Kairangaテ・カイランガ

105haの自社畑は地区最大規模!
マーティンボロー産ハイクオリティな高評価バリューブランド

チーフ醸造家 ジョン・カヴァナ氏

所在地
89 Martins Road, Martinborough, New Zealand
Website
https://www.tkwine.co.nz//
  • 取扱いワインを見る
  • この生産者の関連記事

マーティンボローに105haの自社畑は最大規模

テ・カイランガはニュージーランド屈指の銘醸地、マーティンボローの地に1984年に設立しました。30軒ほどの小規模ブティックワイナリーが立ち並ぶマーティンボローにおいて、105ヘクタールにも及ぶ自社畑は地域最大級で、マーティンボロー最大のワイナリーでもあります。このため高値のワインが多いマーティンボロー地区であっても、広大なブドウ畑の存在により、他にはマネのできない、高いコストパフォーマンスと優れたワインを生み出すことが可能となっています。

テ・カイランガのもう一つの強みは、プロヘッショナル集団から成る醸造家チームにもあります。この恵まれた環境で育つブドウを厳選し、ワイン造りを行うのが、マスター・オブ・ワインの称号を持つ統括醸造責任者のアラステア・メイリング氏とチーフ醸造家のジョン・カヴァナ氏です。テロワールの魅力を引き出すべく、丁寧な栽培と醸造、そして巧の技術と経験がこのコスパに優れた高評価ワインの原動力となっています。

 
マーティンボロー・テラスの自社畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

テ・カイランガの自社畑

テ・カイランガが所有するブドウ畑は、マーティンボロー地区の中でも特に“グラン・クリュ地区”とまで称される、水はけの非常に良い、礫の混じる浅い粘土ローム質土壌が広がる“マーティンボロー・テラス”を中心に、標高や土壌、斜度、畑の向き等が異なる合計4地区で4つの農園を展開し、ピノ・ノワールを主軸に、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリそしてリースリングを栽培しています。(全てサステナブル農法)

4つの畑はその中に異なる微小気候や土壌環境を有します。このため蔵では、品種やクローンに合わせて畑を更に小さな区画に分割し管理。これらは個別に栽培・収穫され、別々に醸造・熟成を行っています。

105ヘクタールを有する大規模農園ではありますが、こうしたブティックワイナリーさながらの細やかで丁寧なワイン造りが蔵のワインの品質を支えています。

 

自社畑の位置

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ピノ・ノワールの原酒だけで60種!

テ・カイランガの心臓部となる品種は、マーティンボロー産のワインを世界的ブランドへ押し上げたピノ・ノワールです。テ・カイランガでは畑や区画の特性に合わせ、ピノ・ノワールのクローンを選び栽培しています。そして個別に収穫し、それぞれを別々に醸造・熟成させ、ワインのスタイルに合わせ単一樽でボトリングしたり、ブレンドによりワインを完成させますが、その原酒となるピノ・ノワールの数はなんと60種を超える程です。

まるで多くの絵の具が乗ったパレットのように、多くの原酒が揃う事は、醸造家にその数だけのブレンドの選択幅を与え、それぞれのワインにコンセプトに合わせた最適なブレンドを可能にさせてくれます。

例えば、鮮やかな果実味と洗練された高い酸がカギとなってくるピノ・ノワールロゼは標高の高い、斜度の大きな区画で栽培したブドウを使用します。

全てのブドウは、マーティンボロー・テラスを中心に粘土質豊富な区画や標高の高い区画など4つの異なる畑で栽培し、果実味・豊潤さ・酸・エレンガス・骨格など、それぞれのテロワールが生み出す醍醐味を余すところなく引き出し、最適なバランスでブレンドしていきます。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

マスター・オブ・ワインの存在

世界最難関のワインの資格、マスター・オブ・ワイン(MW)を有する醸造家のアラステアア・メイリング氏は、マールボロの名門『ヴィッラ・マリア』の主任醸造家としてヴィッラ・マリアを世界的なブランドに成長させたニュージーランドを代表する醸造家です。現在はテ・カイランガを傘下に持つ世界的ワイン会社、フォーリー社がニュージーランドに展開するワインブランドの統括醸造責任者として活躍しています。

統括醸造責任者:アラステア・メイリング(MW)

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

栽培・醸造のスペシャリスト

チーフ醸造家のジョン・カヴァナ氏はブドウ栽培とワイン醸造学で有名な豪州、リンカーン大学でブドウ栽培学・ワイン醸造学の二つの修士号を取得したワイン造りのスペシャリストです。マーティンボローのピノ・ノワールに魅了され、この地でワイン造りを行います。ブドウ本来の力、テロワールを第一に考えワイン造りを行う実力派です。

チーフ醸造家のジョン・カヴァナ氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

3大銘醸地の一つ”マーティンボロー地区”

南緯40度、首都ウエリントンから北東55kmの位置にある、ニュージーランド3大銘醸地の一つで非常に小さなワイン産地です。西側に標高1400-1500メートル級のタラルア山脈(Tararua)が走り、西からの湿った空気は遮断され、成長期には乾燥した気候が見られます。ブドウ畑はタラルア山からパリサー湾(南に32kmの地点)にかけて流れる、ルアマハンガ河沿いの山々に囲まれた渓谷とその丘陵地にあり、西からの強い風が吹き抜けるワイン産地です。

気候:半海洋性気候で降雨量も適度にあり(冬・春)、涼しくも恵まれた日照量を有します。このことから、長いハングタイム(ブドウの実が樹の上で成熟する期間)が可能となり、上質の辛口ワイン以外にもレイトハーベストや貴腐ワインも有名です。ブドウが成長し成熟する夏の生育期は日照量にも恵まれ、気温は穏やかです。成熟期の秋に入ると徐々に涼しくなり、総じて日中とはうって変わり、夜間の気温はぐっと下がるため、ブドウはゆっくりと実や果皮を成熟させながら、高い天然の酸を蓄える事が出来ます。 

土壌:ブドウ栽培に非常に適していることで有名です。マーティンボロー地区の地質は約2万年前の古代の川の堆積物によって形成されており、砂や礫を含む粘土ローム質土壌で非常に水はけの良い事からも、多くの生産者がこの環境を求め土地を購入しブドウを栽培しています。

 

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

この生産者の商品を掲載している関連記事はこちら

【ご注意】