モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

フィオール・ディ・ソル

Fior di Soleフィオール・ディ・ソル

イタリア出身の醸造家が手掛けるハイパーコスパな「ナパ」ワイン

オーナー醸造家:(左)ダリオ・デ・コンティ氏、(右)ステファノ・ミゴット氏

所在地
Western Wine Services 760 Hanna Drive, American Canyon, CA
  • 取扱いワインを見る

力強く華やかなグレートバリュー「ナパ」

フィオール・ディ・ソル社はカリフォルニアの地で35年以上にも及びワイン造りを行い、数多くの人気ブランドを世に送りだしてきました。「フォー・スター」ブランドはその一つ。オーナーでもある二人のイタリア出身の醸造家が、彼らのルーツである旧世界の伝統とその技術をナパ・ヴァレーで開花させ、ワイン醸造に取り込み発展させたワインブランドです。ナパ・ヴァレーで生まれるパワー溢れるブドウに華やかさを与え、品種の特性とテロワールを見事に反映させた「フォー・スター」シリーズは重過ぎることなく、バランス感の優れた味わいが大きな特徴です。

 

オーナー醸造家:(左)ダリオ・デ・コンティ氏、(右)ステファノ・ミゴット氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

フレキシビリティ(順応力)という考え方

フィオール・ディ・ソルの醸造所では、異なる地区から異なる品種のブドウが収穫され運び込まれます。それぞれの土地の特性や品種の個性を最大限に引き出せるように醸造施設は機能的にデザインされ、その規模が大きい点からも、ワインのスタイルに合わせた様々な醸造方法が行える環境が揃っています。

フレキシビリティ(順応力)という考え方はワイナリーの指針でもあり、ワインの品質やそのスタイルにヴィンテージを超えて持続性を持たせながら、醸造技術はもとより、ラベルデザインや、更には流通面等とあらゆる側面において、革新的にワイン造りとそれを取り巻く環境を発展させ成長を続けています。

ワイナリーのボトリングライン

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

持続可能な未来を担う農業

ワイナリーでは環境に配慮したワイン造りを行っています。

その中には産業排水の削減や減農法栽培、梱包材や印刷コストの削減など、環境に配慮したブドウ栽培、醸造を行い、持続可能なワイン造りをポリシーにワイン造りを続けています。

 
ブドウ畑にて

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】