モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ディット・セリェール

Dit Cellerディット・セリェール

アスル・イ・ガランサのオーナー醸造家ダニが造る滑らかなモンサン!

オーナー醸造家ダニ・サンチェス・ノゲ氏

所在地
Avda. 11 De Setembre S/N. 43736 El Masroig
  • 取扱いワインを見る
  • 動画を見る

モンサンのテロワールに挑戦

ナバーラの砂漠気候の下で行う自然なワイン造りで知られるボデガス・アスル・イ・ガランサの醸造家ダニ・サンチェス氏が、カタルーニャ地方モンサンの地に魅せられ独自のワイン造りを行うプロジェクトがディット・セリェールです。ワイナリーの設立は2007年。モンサンはもともとダニが10代の頃ワイン造りに携わるきっかけとなった最初の土地で、モンサンのワイン文化に魅せられた思い出の土地です。アスル・イ・ガランサの経験を経て独自のワインを模索していた時に思い出したのが原点であるモンサンの特殊なテロワール。標高500メートル、山間ながら地中海からも遠くないモンサンは海の影響を受ける気候と、傾斜地が下りなす美しい景色が圧巻です。ナバーラのアスル・イ・ガランサと同じように質の高いブドウ栽培に向いた険しい条件を持ちながら、それとはまた全く異なる地形と気候条件を持つこのモンサンで、3人ではなく自分だけのワイン造りがしてみたいとワイナリーを立ち上げました。

畑はモンサンの美しい山間部に位置し有機栽培を実践、畑への介入は最小限に抑えています。昔から濃厚で凝縮した赤ワインの産地として知られるモンサンですが、モンサンらしい濃厚さをいかしつつもピュアで女性的なニュアンスのあるワインで北欧を始め世界各地で高い注目を集めています。

山間の産地モンサンの畑

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

愛する自然と生きる

 

◆オーナー醸造家:ダニ・サンチェス・ノゲ氏

砂漠気候のテロワールを持つナバーラのラス・バルデナレス・レアレス国立公園近くで有機栽培を実践するボデガス・アスル・イ・ガランサのオーナー醸造家として活躍するダニ・サンチェス・ノゲ氏。

カタルーニャ地方サン・サドゥルニ・ダ・ノヤの醸造学校卒業後、オーストラリアのミルドゥラ、クナワラ、 南アフリカのポーターヴィル、アルゼンチン、メンドーサのボデガ・ヒメネス、スペインではペネデスのセリェール・マス・プジョとプリオラートのマス・デン・ジルなど、世界各地で豊富な経験を積んでいます。この経験が、アスル・イ・ガランサ、そしてディット・セリェールに至るボデガのワイン造りを支えています。

 

 

オーナー醸造家ダニ・サンチェス・ノゲ氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】