モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

WG ベッツィンゲン

WG BotzingenWG ベッツィンゲン

バーデン地方で3本の指に入る歴史ある協同組合

醸造家ハインリッヒ・ヘッフリン氏

所在地
Hauptstrasse 13, 79268 Boetzingen, Germany
  • 取扱いワインを見る

バーデン地方で3本の指に入るトップクラスの組合

ベッツィンゲン醸造所は1935年ベッツィンゲン村の64の家族が集いワイン造りとマーケティングを共に行う目的で設立さた協同組合で、今では約500軒のメンバーで構成されています。ベッツィンゲン村はバーデン地方で最も歴史あるブドウ産地として知られ、アルザスとシュヴァルツヴァルト(黒い森)の間に位置しています。もともとバーデン地方は貧しかったため歴史的に多くの生産者たちが組合を組織しお互いに支え合いながら機械、倉庫、設備の導入などに必要な資金を出し合って協力してきました。畑では設立当初からできるだけ自然を尊重した栽培を心がけています。バーデン地方で3本の指に入ると言われるほど高いクオリティが認められ、近年はスイスやベルギー、オランダなど欧州を中心に輸出もするようになっています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】