モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

シャトー・バタイエ

Chateau Batailleyシャトー・バタイエ

ボルドーの名家、ボリ・マヌー家のフラッグシップ5級シャトー

100年戦争にちなんで『バタイエ(=戦い)』という名がつけられたシャトー

メドックでも最も歴史の古いシャトーのひとつであるシャトー・バタイエは、ボルドーの大手ネゴシアンのひとつであるボリ・マヌー(Borie-Manoux)社のオーナー、カステジャ( Casteja)家のフラッグシップワインです。

 

シャトーの名前は『バタイエ(Bataille)=戦い』という意味の名前なのですが、1453年頃、100年戦争の戦いが今日のシャトーの畑や敷地の辺りでも繰り広げられたことに由来しています。この戦いでフランス軍は隣接するシャトー・ラトゥールをイギリスより奪還して、アキテーヌ地方の歴史のターニングポイントになりました。その戦いから数年後、シャトーの畑にブドウの樹が植えられ始めました。

 

シャトー・バタイエの庭は19世紀に、ナポレオン3世の庭園を設計したジャン=ピエール・バリエ=デシャン(Jean-Pierre Barillet-Deschamps)氏によってデザインされました。そして同じくナポレオン3世が制定した1855年のメドック格付けによってバタイエは5級シャトーに選出されたのです。

 

1942年に一部の畑が分割されてシャトー・バタイエと、シャトー・オー・バタイエになりました。

100年戦争の戦いの跡でもあるシャトー・バタイエ

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

所有面積

57ha

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

年間平均生産量

250,000~300,000本

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

平均樹齢

40年

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

レ・フォール・ド・ラトゥールの隣に位置する畑

シャトーはポイヤックの南の端、レ・フォール・ド・ラトゥールの北隣に位置しています。57haある畑は砂利質と珪質。栽培ブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%。

 

発酵はステンレスタンクにて15~20日間かけて行われ、その後、新樽比率55%の樽にて、16~18か月熟成されます。

荘厳なシャトーのセラー

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

『伝統的』と評されている

シャトー・バタイエはポイヤックの個性が強く表現され、クラシックでしっかりとした骨格を持つワインを造るシャトーです。金のラベルが印象的。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

【ご注意】