モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

シャトー・ラフォン・ロシェ

Chateau Lafon Rochetシャトー・ラフォン・ロシェ

ポンテ・カネのテスロン一族が手掛ける4級シャトー

1855年の格付で4級に

ラフォン・ロシェの歴史は17世紀に遡ります。当時シャトーはドメーヌ・ロシェ(Domaine Rochet)として知られていましたが、オーナーとなったアントワネット・ギユモ(Antoinette Guillemotes)氏がエティエンヌ・ド・ラフォン(Etienne de Lafon)氏と結婚した際に名前を現在の、シャトー・ラフォン・ロシェに変更しました。

 

その後の150年以上の間、エティエンヌの相続人達は、シャトーを維持し、ふりかかる様々な病疫、資金的な困難を乗り越えただけでなく、1855年のメドック格付けに選ばれる、という快挙を成し遂げました。

 

しかし20世紀の初め、経済的に難しい時期となり、オーナーが変わってから1960年にテスロン(Tesseron)家がシャトーを購入するまで、不安定な状態が続きました。

ラベルの黄色を思わせる可憐なシャトー

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

テスロン家によって復活をとげる

1960年、長くコニャックの名手であったギー・テスロン氏がシャトーを購入し、大改革を行い、シャトーは生まれ変わる事となります。彼はまず、中身の醸造設備、セラーの改築に注力しました。そして、シャトーの建物は建て壊し、一から造り直す事を決断します。その際当時めずらしいシャルトリューズ色の外装で再建されました。

 

シャトー、畑、設備の改革にほぼ10年要し、ミッシェル・テスロン(Michel Tesseron)氏も、4級に見合った品質を造り始める事が出来たのも、1966年の事だったと当時を振り返ります。翌年の1967年はラフォン・ロシェの偉大なヴィンテージのひとつである1970年への布石であるかのような素晴らしい出来でした。ギー・テスロン氏は1975年にシャトー・ポンテ・カネ、数年後にはシャトー・マレスカスも引き受けます。

 

その後も3つのシャトーは共に一族が運営をしていましたが、1999年に分割されアルフレッド・テスロン(Alfred Tesseron)氏と兄弟のジェラール・テスロン(Gerard Tesseron)氏がポンテ・カネを運営し、ミッシェルとその姉妹のカロリーヌ・ポニアトウスカ(Caroline Poniatowska)氏がラフォン・ロシェを運営するようになります。ミッシェルは 2000年に陽光ラフォン・ロシェのごとく、シャトーの建物を黄色に塗り替えました。

 

ミッシェル・テスロン氏は醸造設備を新しく入れ替えます。そして、2007年に息子のバジール・テスロン(Basile Tesseron)氏がチームに加わり、更なる品質向上をめざし、セラーの設備を入れ替えました。

新しく改築されたコンクリートタンク

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

年間平均生産量

約100,000本

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

所有面積

41ha

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

平均単位収量

40~50hl/ha

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

平均樹齢

37年

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

近代化された醸造設備

シャトー・ラフォン・ロシェの畑は、市内から北上し、ポイヤックを抜けて、サン・テステフ地区に入って直ぐのシャトー・コス・デストゥルネルの西隣に位置しています。栽培面積は41haの畑は粘土質、砂利質、砂利質を底土にもつ粘土質と大きく分けて3つの土質で成り立っています。栽培ブドウは、カベルネ・ソーヴィニヨンが57%、メルローが37%、プティ・ヴェルドが4%、カベルネ・フランが2%です。収穫は40人のチームで行います。収穫のチームは30年近く変わっていない、高い技術を持ったベテラン集団です。発酵はコンクリートタンクとステンレスタンクを併用。熟成はフレンチオークにて行われています。

重力を使ったシステムを採用だけでなく、様々な所にこだわりが

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

シャトーのラインナップ

全生産量のうち、ファーストワインのシャトー・ラフォン・ロシェが60%、セカンドワインのレ・ペルラン・ド・ラフォン・ロシェ(Les Pelerins de Lafon-Rochet)が40%です。セカンドワインは主に若木から採れたブドウを中心に造られています。

 

ファーストワインの熟成は、ライトからミディアムプラスにトーストしたフレンチオーク(新樽比率50%)にて15~18か月熟成。

テクニカル・ディレクターのLucas Leclercq氏はブルゴーニュ出身

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

【ご注意】