モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

シャトー・カロン・セギュール

Chateau Calon Segurシャトー・カロン・セギュール

ハートラベルが印象的なエチケット

「わが心、カロンにあり。」

シャトー・カロン・セギュールの歴史はガロ・ローマ時代にさかのぼり、かつてジロンド河口を行きかっていた小型輸送船、『カロンヌ』にちなんで名前がつけられたと言われています。12世紀には既にワインを生産していた記録が残っていますが、特に栄えたのは18世紀、ラトゥールやラフィット、ムートンも所有していニコラ=アレクサンドル・ド・セギュール侯爵がシャトーのオーナーであった時代です。彼の時代にシャトーの名称はカロン・セギュールとなりました。セギュール侯爵は「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり。」と、カロン・セギュールに深い愛情を持っていた、と言われています。

 

1855年のメドックの格付けでシャトーは第3級を獲得します。その後ガスクトン家が1894年から、長きにわたりオーナーとしてシャトーを守ってきましたが、マダム・ドゥニーズ・ガスクトンが亡くなった後、相続に問題が生じ、彼女の亡くなった年の翌年の2012年、ジャン=ピエール・ドゥニ氏率いるアルケア相互銀行グループの子会社、シュラヴニール社にシャトーを売却しました。そして、共同経営者であるヴィドロ・グループと共に、シャトーの歴史を尊重しながら、大規模な改修工事に着手しました。 

 

ジャン=ピエール・ドゥニ氏は実業家でしたが、ワインを愛し、ワインに精通していました。彼は、メドック生まれでワイン生産者を祖父にもつローラン・デュフォ氏を総支配人に任命しました。技術責任者には、マダム・ドゥニーズ・ガスクトンにより2006年に任命されたヴァンサン・ミレ氏が留まりました。彼は就任するや否や、ブドウ畑の大胆な刷新計画を立て、テロワールの価値を更に高めるという使命に向かって尽力しています。

女傑と称されていた故マダム・ドゥニーズ・ガスクトン

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

2006年以降、大がかりに再構築

カロン・セギュールの畑は55haで、これは1855年の格付け時と変わっていません。

 

畑はサン・テステフ村のすぐ北に位置し、メドックでは稀なことに、周囲が完全に一つの石垣で囲まれています。カロン・セギュールの最も優れた畑は、シャトーのすぐ近くに位置する《ランクロ》地区に広がっています。

 

カロン・セギュールの畑の土壌は大河によって運ばれた砂利質の厚い層に加え、その下に粘土の地層があります。他に余り例を見ないこの土壌により、ブドウの樹は根を深く張り、ワインにパワーとフィネスをもたらします。

 

ブレンドの主となるカベルネ・ソーヴィニヨンは、全体の4分の3以上を占めます。ヴァンサン・ミレ氏によって2006年に始められた畑の再構築は、『植樹密度を高める事』と『カベルネ・ソーヴィニヨンの本数を増やす事』を二つの目標に行われています。2028年にはカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を70%にする予定です。新たな植樹は、複雑性を持たせる為に、マサル・セレクションやクローン選抜計画の元に実施されます。

 

チームには環境面を担当する農学エンジニアが一人います。水やエネルギーなどの資源の有効利用、化学薬品などの削減、廃棄物や廃水の管理、外注サービス利用の共同化、生物多様性推進などを同時に管理する方法の確立を目標としています。

 

シャトーの畑から採れるブドウには、既に力強さは備わっているので、醸造ではそれを生かすだけです。醸造責任者の仕事はソフトなタンニン、フレッシュさ、自然なアロマを保つこと、ブドウそのものを生かす事です。ワインは18~20ヶ月の間、新樽で熟成されます。清澄作業は近年に、卵白を用いた方法に戻されました。(2017年時)

 

セラーに設置された最新式の円錐台形ステンレスタンクは、高い機能を有しています。区画毎に細かく扱うため、タンクの数は倍増されました。

 

醸造施設と熟成のセラーは地下の通路で結ばれています。 セラーは以前のものと比べて、より広々と美しく、しかも機能的にできています。醸造の全工程は、ポンプを使わず重力に従うように設計されています。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ハートのラベルのワイン

ファーストワインのシャトー・カロン・セギュールの他に、セカンドとサードが造られています。カロンのテロワールの別の表現と言えるセカンドワインはル・マルキ・ド・カロン・セギュール(Le Marquis de Calon Segur)。平均してアッサンブラージュの75%をメルロが占めるため、すぐ楽しめる、しなやかで明るいワインに仕上がっています。17ヶ月間、新樽率3分の1で熟成されます。

 

サードワインはサン・テステフ・ド・カロン(Saint Estephe de Calon Segur)。2012年ヴィンテージまではラ・シャペル・ド・カロンという名称でしたが、2013年ヴィンテージから、生産当初から1999年まで使われていたサン・テステフ・ド・カロン・セギュールに戻されました。このサードワインは主に樹齢の若い木から採れたブドウで造られ、シンプルで軽快なスタイルです。

 

2013年ヴィンテージのラベルから其々のワインが判別しやすいようにリニューアルされました。いつの時代にもエレガントなファーストワイン、個性を備えたセカンドワイン、チャーミングなサードワイン。このように定義しラベルを作られました。

 

シャトーでは以前セニエ法でロゼが造られていましたが、現在は販売用には生産していない様です。

 

ここのシャトーの畑で造られたワインではありませんが、ここのシャトーが所有する隣のシャトーでシャトー・カプベルン(Chateau Capbern)というワインを造っています。2012年ヴィンテージまではシャトー・カプベルン・ガスクトンと呼ばれていました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

【ご注意】