モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

クーパー・マウンテン・ヴィンヤーズ

Cooper Mountain Vineyardsクーパー・マウンテン・ヴィンヤーズ

1978年、医師であるロバート・グロス氏によって設立。長年に亘り、テロワールを最大限に引き出すため、ブドウ栽培に心血を注ぎ有機栽培・ビオディナミを実践。醸造はラトゥールで経験を積んだフランス人醸造家ジル・デ・ドミンゴ氏ががSO2の添加量を抑えた、生命力を感じるテロワールに忠実な美しワインを産みだしています。

オーナー:ロバート・グロス氏

所在地
20121 SW Leonardo Lane Beaverton, OR 97007, USA
Website
http://www.coopermountainwine.com//
  • 取扱いワインを見る

オンリーワンな産地からオンリーワンな味わいの自然派ワインを!

医師であるロバートと彼の妻コリーヌのグロス夫妻が、世界的にも非常に優れたピノ・ノワールの銘産地として知られる、オレゴン州ウィラメット・ヴァレーに1978年に設立したワイナリーです。ワイン造りの中心地から少し人里離れた秘境、ウィラメット・ヴァレー北東部の「クーパー山」でこの山唯一の生産者として有機&ビオディナミ農法によりブドウ栽培、ワイン造りを行ってきました。

標高125-210mの傾斜地に広がる彼らの畑は火山性や海洋性の入り組んだ土壌が堆積した、ブドウ栽培にとって非常に理想的な土壌と冷涼な気候環境を持ち、周囲にワイナリーが無い事から、他の畑で使用した薬品などの影響を受けることなく、完璧な形で有機&ビオディナミ農法をおこなう事ができます。

【フィロキセラフリー! 接ぎ木無】

この地にはまだ、フィロキセラの被害もない事からブドウの樹は接ぎ木なしの自木で栽培され、苗木もこの自木から取りることでクーパーマウンテン独自のテロワールを表現する事に努めています。また、調合材に使用するプレパラシオンも自社生産を行い、本当の意味でのテロワールワインを目指します。

更には醸造面でSO2(酸化防止剤:二酸化硫黄)の添加を極限まで減らし、可能な限りテロワールを素直に反映させた、他のオレゴンワインとは一味も二味も異なる、クーパーマウンテン・ヴィンヤーズ独自の味わいを産みだしています。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ラトゥールで経験を積んだフランス人醸造家が手掛けるオレゴンワイン

ボルドー出身の奇才、ジル・デ・ドミンゴ氏。

ボルドーの老舗ワイナリーChateau Lorient(シャトー・ローレント)に生まれ、フランスでワイン造りブドウ栽培を学んだ後、世界のワイン産地を巡りりたどり着いたのが、遠く離れたオレゴン州のウィラメット・ヴァレーでした。

実家がワイナリーという事もあり、早くからワイン造りに触れ、学生時代にはボルドー大学と南仏のイエール大学でブドウ栽培と醸造学の学位を取得。インターンとしてシャトー・ラトゥールで2年間アシスタント醸造家として経験を積み、その後3年間をシャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドで畑のリサーチマネージャのポジションとアシスタント醸造家の仕事を兼任し経験を積んだできた実力派です。

「僕はフランス、ボルドーで産まれ、オレゴン州に骨を埋めるんだ」と語るドミンゴ氏。彼が魅了されたのが、ワイン王国である母国フランスでは無く遠く離れたオレゴン州であったという点からも、オレゴン州の可能性の高さがうかがい知ることが出来ます。

 

 

醸造家:ジル・デ・ドミンゴ

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ビオディナミ、オーガニックの道を切り開いてきた栽培家

過去20年にわたりクーパー・マウンテン・ヴィンヤーズにてブドウ栽培に携わってきた最重要人物の一人で、オレゴン州のブドウ栽培家としてもパイオニア的存在です。1985年にクーパー・マウンテンにやってきた彼は、ここで生じる全ての自然活動「雨・雪・風・太陽」の働きを何年もの間体験してきました。彼の経験をもとに、高い品質のブドウを産みだすため、丁寧に畑の手入れを施しその管理に取り組んできました。オーナーであるグロス医師はオレゴンでのオーガニック、バイオダイナミック農法に強い関心を持ち、またその可能性を確信し自然派農法を用いることを決めました。そのビジョンをゲリー率いる栽培家チームが畑で実践してきました。オレゴン州でのワイン造り自体がまだ新しい試みであるため、オーガニック、バイオダイナミックの分野では時代の先を行くチームといえるでしょう。自社畑、40haを超える畑を管理するのは決して容易いことではありませんが、深い知識と情熱を持つ、サンチェス氏が誇る彼のチームは、クーパー・マウンテンの成功に大きく貢献しています。

栽培マネージャー:ゲリー・サンチェス

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

テロワールを最大限に引き出すナチュラルなワイン

クパー山がもたらしてくれる、素晴らしいテロワールを最大限に引き出すため、ブドウ栽培に心血を注ぎ長い年月をかけてブドウ畑を育ててきたクーパー・マウンテン・ヴィンヤーズでは、醸造面で人為的な介入をできるだけ少なくワインを醸造しています。そして、SO2の代替として、ブドウ果実に含まれている抗酸化物質の研究を行ってきました。現在では、かららの畑から採れるブドウに含まれる抗酸化物質を醸造によって上昇させることに成功し、SO2の添加を可能な限り抑えたワイン造りをおこなう事が可能になりました。また、最近ではSO2無添加のワイン「LIFE]をもうみだし注目を集めています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

自然との調和

ラベルには『人体の機能は宇宙の動きと関連している』という理論の元、ダヴィンチが描いた人体図を使用し、その周りにビオディナミの5つのエレメンツ『花』『根』『芽』『葉』『果実』の絵をあしらい自然との調和を第一に考えるワイナリーの世界観を表現しています。ビオディナミの理論に賛同し、クーパー・マウンテンではこの5つのエレメンツと「春」「夏」「秋」「収穫期」「冬」の5つの季節があるという考えに基づき、5つのエレメンツをそれぞれの5つ季節のサイクルで育てます。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

恵まれた日照量と冷涼な気候

この地区はオレゴンの銘醸地の一つ、クーパー山から32km程南西に位置するダンディ-ヒルズより年間の平均気温が約2.5度程低い冷涼な地区として知られ、恵まれた日照量と寒暖差、素晴らしい土壌によりミネラル感豊かな美しいブドウがうみだされています。(年間平均最高気温:28度、平均最低気温:4度)

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

約5,000万年前に誕生した特別な土壌

クーパー山の土壌は他のオレゴン銘醸地と同様、非常にユニークな構成をしています。標高125m-210mの傾斜地に広がる畑の土壌は、火山性土壌と海底が隆起した堆積粘土質(ウィラケンジー)土壌が、約5,000万年前にオレゴン東部で起こった地殻変動によって堆積し複雑な地層を造り上げました。

様々な土壌が入り混じり、標高の違いからくる気温差など所有する畑にはミクロクリマガ広がります。ワイナリーでは、これらの特徴を掴み、最も適切なブドウを適切な区画で栽培する事に努めています。

シャルドネ:標高167.642mの冷涼な地区(土壌:ウィラケンジー土壌)

ピノ・ノワール:標高128mとシャルドネより低い標高の畑(土壌:ウィラケンジー、ヘルベティア土壌、サウム土壌) 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ウィラケンジー土壌(海洋性の堆積土壌)

■ クーパー山東部

クーパー山の東部の斜面に見られる土壌で、よりブルゴーニュ的なワインを産みだしてくれます。元々は、海底にあった土地が起伏して生まれた土壌で、クーパー山の畑では1.3m程と浅くその下の地層には大きな岩などが見られます。主に砂、シルト質、粘土質土壌によって形成されておりとても水はけが良いのが特徴です。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ヘルベティア土壌(火山性土壌)

■ クーパー山の西部の斜面

ワインはよりタニックで、比較的酸度の少ないワインを産みます。土の色に特徴があり、紫外線の影響を受けやすく、ブドウの色やタンニンに効果的に働く土壌です。通常は深い土壌ですが、クーパー山は斜度が30度程あり、土壌の浸食により土が流れ出たことで、その深さは何百年もの時間を経て80%程浅くなりました。主には豊富な水晶の堆積物から出来た砂と粘土質によって形成されています。

ウィラケンジー土壌より粘土質が少なく軽い粘土質で、砂質が豊富な特徴があります。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

サウム土壌(火山性土壌)

■ クーパー山の西部の斜面に見られる

よりブルゴーニュ的なワインを産みだす土壌で、粘土とシルト質土壌と少しの砂質土壌から形成された土質です。深い土壌ですが、窒素の配合率に欠ける事から、ブドウ栽培に非常に適していると考えられています。この土壌は標高の高い地帯に多く見られますが、何千年もの月日が山の土を運び、浸食によりクーパー・マウンテンの畑の地点でも見つけることができます。

 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

畑も施設もオーガニックに認可

クーパー・マウンテンのワインは全てオレゴン・ティルスが定めるオーガニック農法とデメテールのビオディナミ農法に基づいて栽培されています。

クーパー・マウンテンの「オーガニック」認定は、畑と醸造施設共にオレゴン・ティルスの認証認定を受けワインを造っています。

■栽培工程

人工的な化学肥料や農薬、殺虫剤に依存度が高い最近の農法とは異なり、オーガニックの栽培工程は人工的な物質の使用を禁止します。

■セラー内での工程

オレゴン・ティルスの認可を受けた施設は、毎年USDA(アメリカ合衆国農務省)により管理されています。

・遺伝子組み換え物質の使用禁止

・一度のボトリングでのSO2の仕様は100ppm以内(通常のボトリングの50%)の量

・砂糖などの添加物もオーガニック認証を得ていること

・ワイナリー内で使用される全ての洗浄は、人体に無害であること

・ヨウ素、塩素の使用厳禁

・醗酵時に使用される酵母栄養剤は、有機性窒素のみ含有されているものを使用

・ワイナリー内で使用/保管される加工助剤は、USDA(アメリカ合衆国農務省)のオーガニック製品リストに含まれていること

・顧客に対して、オーガニックの基準と表示について啓蒙を行うこと

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ビオディナミで使用するプレパラシオン(超合材)は全て自社製

ビオディナミ農法では、プレパラシオンと呼ばれる調合剤を使用します。これらの調合材の素材となる動植物は全て敷地内で栽培、飼育されたものを使う事で本当の意味でのテロワールに忠実なワインを目指します。

 

【各プレパラシオンの役割】

・土壌と植物にエネルギーを与える

・健康的な環境を生み出すことで、畑全体のバランスを保つ

 【使用するプレパラシオン】

9種類のプレパラシオンを使用します。(そのうち、BD #500 と #501 は別々に使用)

・BD 502-507 : 堆肥に混ぜる

・BD #500(牛の角&肥料): 根と腐植土の発達を促進。通常、春の初めに散布。

・BD # 501(牛の角&シリカ): 葉の発達を促進。開花の直前、成長期に散布

・BD # 502(ヤロウ/ノコギリソウ): 植物が微量元素を得る力となる。

・BD # 503(カモミール): 堆肥に含まれる窒素の安定化、土壌の寿命を高める。

・BD # 504(イラクサ): 土壌の質を高め、植物に必要な栄養素を与える。土壌の活気を与える。

・BD #505(オークの皮): 病気を癒す力を与える。

・BD #506(タンポポ): シリカとカリウムの働きを促進し、土壌に宇宙の力を与える。

- BD # 507(カノコソウ): 堆肥を刺激し、リンの効力を発揮させる。

- BD # 508(馬の尾): 病気の予防、管理

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】