モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ドメーヌ・クリストフ・セマスカ

Domaine Christophe Semaskaドメーヌ・クリストフ・セマスカ

20年の歳月をかけて復活した、コート・ロティの銘醸畑「モンリス」
ドメーヌ・クリストフ・セマスカ

オーナー醸造家:クリストフ・セマスカ氏

70年間忘れられていた銘醸畑の復活

創業は1988年、現オーナーのクリストフ・セマスカ氏が一代で築き上げた若いワイナリーです。しかしながらその畑の歴史は古く、ドメーヌの中心である畑「シャトー・ド・モンリス」は、コート・ロティの中心「コート・ブリュンヌ」にある銘醸畑として、1789年のフランス革命以後ワインを生産してきましたが、1914年から1918年の第一次世界大戦による担い手の不足、さらにフィロキセラによるブドウ樹への被害によって荒廃してしまいます。この畑の再建をやってみないか、と話を持ちかけられた、当時21歳の若きセマスカ氏は、その再建に取り組むことを決意します。とはいえ彼にはまだ十分な資金がなく、かつて8ヘクタールはあったという「モンリス」の畑のうち、手始めに1.38haのみを購入し、着手します。10年以上の長い歳月をかけて、少しずつブドウの植樹と畑のリノベーション、石垣の補修などを進めていき、現在は4haまで拡大しました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

最高のテロワールを持つ「シャトー・ド・モンリス」

ワイン・アドヴォケイトでも高く評価される「モンリス」の畑は、サン・シル・シュル・ル・ローヌ(St Cyr sur le Rhone)にあります。コート・ロティの中でも特に優れたエリアとして知られる「コート・ブリュンヌ」の中に位置しています。粘土石灰、シスト、雲母が混在する急こう配の南向きの畑で、標高は200~250m。その中でも特に優れた区画のもののみを使い、伝統的なヴィオニエとのブレンドを施したものが、上級キュヴェである「フルール・ド・モンリス」です。

畑は銘醸「コート・ブリュンヌ」内にある

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

畑の再建をしつつ、独学でワイン造りを習得

もともとワイン醸造やワインビジネスに関する勉強をしてきたわけではないセマスカ氏ですが、幼い頃からワインへの関心と情熱を持っていました。大学では経済学を学び、21歳のときにドメーヌの中心となる畑「シャトー・ド・モンリス」を購入します。平日は会社に勤め、週末をワイナリーの再建に使う日々を送り、独学で少しずつ栽培・醸造について学んできました。畑のリノベーションに全ての時間と資金を投じてきたため、展示会や評価誌への出展はほとんどまったく行っておらず、そのため知名度もゼロ。しかし2000年にパリのワイン商の目にとまったことをきっかけに業界内の注目が集まり、レストランを中心に顧客が増え、経営も軌道に乗ります。2011年には念願のセラーを新設することができました。また現在はコート・ロティだけでなく、サン・ジョゼフやコンドリュー、南ローヌにはラストーやシャトーヌフ・デュ・パプなどにも畑を持ち、合計16ヘクタール、15種類のワインを生産するまで拡大しました。

栽培、醸造、販売まで全ての作業にオーナー自ら携わる

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

知る人ぞ知る、隠れた銘酒に

90年代を通じてほとんど日の目を見ることのなかったクリストフ・セマスカですが、2000年にパリのワイン商の目にとまり、それから少しずつレストランで広まるようになります。大手ネゴシアンなどと違って広告や展示会への出展も全くしていないため、「知る人ぞ知る」ワインとして業界内で注目されるようになりました。

ワイン・アドヴォケイトなどの世界的なワイン評価誌でも取り上げられるようになります。フルール・ド・モンリス2013は、アドヴォケイト誌によるプリムール・テイスティングで91-93点と高評価を得ています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

世界の国賓にも提供

「セマスカ氏のワインが素晴らしい」と口コミで広がり、ついには国のトップも口にするほどのワインになります。2005年にはシラク大統領の公式な食事で提供(シャトー・ド・モンリス 2003)、2014年には習近平中国共産党国家主席、オランド大統領も参加した中仏国交樹立50周年を祝う食事会でも提供(シャトー・ド・モンリス 2011 マグナム)されます。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】