モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. 楽しむワイン
  3. マルベック ワールド デー

マルベック ワールド デー

マルベック ワールド デー

 

アルゼンチン産マルベックワインで乾杯しよう!

 

4月17日は「マルベック ワールド デー」です。
1853年4月17日、アルゼンチンでは、農学研究所と農学学校の創設を求める法案が州議会に提出され、この日をワイン産業の発展を祝う日として定めました。2011年に始まったこの記念日は世界中に広がっています。

 

マルベック

 

マルベックは、フランス原産の赤ワイン用のブドウ。小粒で果皮が厚く、タンニンが豊富な色合いの濃いワインが生まれます。ロワールではコット、南西部のカオールではオーセロワとも呼ばれます。

1800年代後半にフランスから持ち込まれたマルベックは、アルゼンチンを代表する品種に成長し、世界最大のマルベック産地へと発展しました。もともとはボルドー・南西地方で最も広く栽培されていたこのブドウ。一体、なぜアルゼンチンでここまでの成長を遂げたのでしょうか。

 

マルベック

 

その理由は、アルゼンチンの乾燥した大陸性気候にあります。チリとの国境を南北に走るアンデス山脈が湿った風をブロックし、農薬を控えたワイン造りができるほどブドウの病害も少ない産地。花ぶるいしやすく(花が咲いても受粉が上手くいかず、結実できないまま花が落ちてしまうこと)、雹や霜が苦手で、病害にもあまり強くないマルベックにとって、ここはまさに理想の土地。そして、世界で最も標高が高い場所にブドウ畑があることで知られているとおり、豊富な日照量と、昼夜の激しい寒暖差によって、熟したタンニンとしっかりとした酸が続くマルベックが生まれます。カオールとも違った魅力を楽しませてくれるのです。

 

 

さらに、アルゼンチンは世界有数の牛肉大国。肉料理に合う赤ワインは欠かせない存在であることも、マルベックが発展した理由として挙げられます。

自然の牧草を食べてのびのびと育つ放牧が中心のアルゼンチンビーフは、余分な脂肪がなく、赤身肉の旨みが際立ちます。アサードという名物料理が有名で、牛肉をメインに、鶏・豚を塊のまま岩塩だけで味付けして炭火でじっくり焼き上げる、いわば、アルゼンチンスタイルのバーベキューです。

 

マルベック

 

炭火の香ばしい風味をまとった、分厚い良質の赤身肉とくれば、タンニンが豊富で程良い酸味もある赤ワインを合わせたくなります。まさにそれは、力強い果実味がたっぷりで、早いうちから充分に楽しめる完熟したタンニンのアルゼンチン産マルベックワイン。ひとたび合わせれば、料理とワインが互いを引き立て合い、そのおいしさも倍増する揺るぎない組み合わせに。

アサードとマルベックのペアリングに思いを巡らせていると、ふと、イタリア・フィレンツェの名物料理、ビステッカ・アラ・フィオレンティーナとサンジョヴェーゼのペアリングが重なりました。キアナ牛というTボーンを一か月熟成させた後、大きな塊のまま焼いて、オリーブオイル、塩、胡椒でシンプルに味わう料理に、ネッビオーロで造られるキアンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノを合わせるのが現地での定番。ワインの酸、タンニン、アルコール分がビステッカのボリュームと脂質を和らげる理想的なペアリングが成り立ちます。

アルゼンチンは、他のラテンアメリカ諸国に比べて先住民の比率がとても低く、人口の約80%がイタリア、スペイン系の人々の国なのだとか。それを知ったとき、アルゼンチンのアサードにイタリアのネッビオーロワイン、イタリアのビステッカにアルゼンチンのマルベックワインを合わせたくなったことが不思議ではなかったと、妙に納得させられたのです。

グラスを片手に外でバーベキューを楽しむのにぴったりな季節の到来。
そう、それはアルゼンチン産マルベックワインの出番です。

 

「マルベック」ワインをご紹介いたします。

メンドーサ マルベック クラシコ

究極のマルベックを生み出すべく結集した、イタリアワイン界の巨匠達によるコラボレーションブランド。エレガントスタイルの現代版アルゼンチンマルベック。

 

詳細はこちら

 

マルベック テロワール ヴァレ・デ・ウコ

アルゼンチンの明るさと緻密に計算された複雑味が溢れ出す、先ほどと同じ生産者が造る上級クラス。

 

詳細はこちら

 

アルタ マルベック

ジューシーな果実味と完熟したタンニン。テロワールを表現した良質なマルベックを低価格で楽しませてくれます。

 

詳細はこちら

 

ナバロ・コレアス ブリュット マルベック ロゼ

マルベック100%のハイセンスなロゼ・スパークリングワイン。泡とアロマが優美に花開きます。

 

詳細はこちら

 

Profile: Noriko KOBAYASHI

2005年入社。普段の生活の中で、おいしいワインと旬のものを合わせて楽しむのが好き。

 

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。