モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 池川おすすめ「ウィマーラ ピノ・ノワール 2019」

池川おすすめ「ウィマーラ ピノ・ノワール 2019」

2021.01.07
ウィマーラ ピノ・ノワール 2019
営業部 池川
営業部 池川

食卓を彩る、万能すぎるピノ

 つい先日、家で焼き鳥を食べる際、合わせてみたいワインを物色中に何気なく手に取ったこのワイン。期待以上の美しいアロマと、料理に寄り添うバランスのとれた味わい。ピノ好きのわたしが普段から気軽に開けて料理と楽しめるワインとして、おすすめさせていただきます。

 焼き鳥との相性は本当に抜群。ハツやレバーなどの質感や鉄っぽさにもぴったりですし、ねぎまのタレにもピノ特有の赤果実のフレーバーと程よくタイトなボディ感がよく合いました。

 それからというもの、このワインを色々な肉料理 ( お肉大好きでして… ) に合わせてみたのですが、「牛肉薄切りおろしポン酢」や「牛肉(豚でも可)アスパラ巻き」などなど家の定番メニューと見事にマッチ。
 チェリー、キイチゴ、フランボワーズ、シナモンなど非常にアロマが豊かで、透き通った上質な果実味としっかりとした酸とのバランスが良く、飲み飽きのこない味わいです。

 ローガン・ワインズは、「自然との共存」をとても大切にしております。オーガニック農法の実践。そして動物との共生。カンガルーや羊、そしてこのシリーズのラベルにも描かれている野鳥が畑やワイナリーのまわりにはたくさん生息しています。
 そんな自然の中にある畑も、本年今までにない規模の山火事に見舞われてしまいました。火事によるスモークティント(ブドウが煙臭くなること)の影響で、このワインのブドウがあるオレンジ地区は2020年産のブドウが全て収穫出来なかったようです。ですので今回ご紹介するウィマーラ ピノ・ノワール2019の同じ畑から取れた次年号の入荷はありません。
 冷涼なオレンジ地区の土壌は火山性土壌で、ふくよかなタンニンを与え若い時でも飲みやすく美しいアロマ豊かなワインになるそうです。また、天然酵母による醗酵、丁寧な醸造を経て、ピュアな果実味と上品さに満ちたワインに仕上がります。

 食卓を彩るリーズナブルで美しいピノ、ぜひお試しください。

 

ワイナリー:ローガン・ワインズ

醸造家ピーター・ローガン氏によって1997年に設立。ニューワールドの恵まれた果実味と旧世界の繊細さ、骨格を持ち合わせたミステリアスで魅惑的なワインを造るべく、オーストラリアで最も冷涼な気候を持つ産地のひとつ、標高500-1050mのオレンジ、マジー地区でブドウを栽培します。リッチで繊細な果実味と引き締まった酸とエレガントな質感を持つワインは、多くの金賞をはじめ、高い評価を獲得しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら