モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 小林おすすめ「ペンコポリターノ 2017」

小林おすすめ「ペンコポリターノ 2017」

2019.10.17
ペンコポリターノ 2017
営業部 小林
営業部 小林

ピュアな果実味が魅力!秋に飲みたいチリワイン!

 初めまして、スタッフおすすめワイン初登場となります入社2年目の小林と申します。
今回私がご紹介させて頂きますのは、ワインスペクテーター誌が「現代のインディ・ジョーンズ」と呼ぶテロワリストのペドロ・パッラ氏が手掛ける「ペンコポリターノ 2017」です。
初めて飲んだ時にチリワインに対するイメージを刷新してくれ、それ以来ずっと気に入っているのがこのワインです。

 主要品種のサンソーに由来する美しい果実味が特徴で、スパイシーでいてフレッシュな味わいが私の好みにピタリとハマりました。
それまでチリワインに「とにかく濃いガツンとしたワインばかり」という印象を持っていた私にとって、このワインとの出会いはとてつもない衝撃でした。「こんなにもピュアで洗練されたチリワインがあるのか」という当時の驚きは、今でも鮮明に覚えています。

 ビオロジック、ビオディナミ、天然酵母での醗酵にこだわっているからこそ「ピュアで透明感のある果実味」を持ち、それでいてパッラ氏が理想とする“石英やクリスタルが多く含まれた花崗岩質土壌、冷涼な気候”で造るからこそ「凝縮感と線の長さ」を併せ持つ魅力たっぷりなワインになるのだと思います。

 Decanter誌2018年12号で「死ぬまでに飲みたい10本のワイン」で紹介されるほどのクオリティで、私自身もチリワインに対する価値観がガラリと変ったので【死ぬまでに飲みたい】というフレーズに凄く共感します!
徐々に涼しくなってくる秋の夜にピッタリのワインです。是非お試し下さい!

 

ワイナリー:ペドロ・パッラ・イ・ファミリア

ワイン業界で最も影響力のある人物として、3度(09、11、13)デキャンター誌のパワーリスト50に名を載せた世界的地質学者、クロ・デ・フの共同オーナーでもあるペドロ・パッラ氏が立ち上げた自身の究極のドメーヌ。チリ南部、冷涼な気候を持つイタタ・ヴァレーやビオビオ・ヴァレーの秘境で大切に守られてきた樹齢100年にもなる古木と古い花崗岩質土壌が生み出すテロワールワインに世界が注目しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら