モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 佐藤おすすめ「セレシン・エステイト ソーヴィニヨン・ブラン 2016」

佐藤おすすめ「セレシン・エステイト ソーヴィニヨン・ブラン 2016」

2019.06.20
セレシン・エステイト ソーヴィニヨン・ブラン  2016
営業部 佐藤
営業部 佐藤

思い出の地、NZの癒されワイン

 スタッフおすすめワイン 2回目の登場、入社3年目の佐藤です。
今回は、私が1年間留学をしていた国、アナザースカイとも言える ニュージーランドのワインを紹介いたします。
場所は 北島のパーマストンノース、大都市のウェリントンから車で約2時間ののどかな街に住んでいましたが、当時はまだ高校生だったため、留学中にお酒を飲む機会はありませんでした。

 その頃は、まさか自分がワインインポーターに入社するとは考えておらず、ニュージーランドが有名なワイン産地であることしか知りませんでしたが、ホストファミリーが休日にワインを嗜んでいる姿を見て、なんだか“素敵な空間”だな、という心癒される気持ちに包み込まれたのを覚えています。

 モトックスに入社してからは、様々な国のワインと触れる機会があり、嬉しいことに思い出の地 ニュージーランドの美味しいワインを見つけることができました。また、最近ワイン雑誌を読んでいても、ニュージーランド特集が組まれているのを見ると勝手に興奮してしまっている自分がいます。

 そんな私が紹介するのは、王道のマールボロ地区、「セレシン・エステイト ソーヴィニヨン・ブラン」です。口にするとフレッシュで熟した柑橘の味わい。とても溌剌とした酸がありながら、ジューシーな果実味とハチミツのニュアンスがあり、素直に美味しいと感じる1本です。ゆっくりと飲みながら、ニュージーランドでの“素敵な空間”を思い出させてくれる、ホッとする味わいにとても惹かれました。

 味わいもさることながら、印象的で一度見たら忘れないラベルは、オーナーの手形。ハンドクラフトに掛ける思い、心をこめられているものという意味をし、1本1本丹精込めて造りあげています。 じっくりと味わいながら、癒されワインを飲んでみて下さい。

 

ワイナリー:セレシン・エステイト

1992年、映画監督マイケル・セレシン氏は、自身の夢であったワイナリーをマールボロに設立。「ハンドクラフト」にこだわり、所有するブドウ畑では有機栽培、更にはビオディナミを実践。ひとつひとつ手間を掛け大切に育てられたブドウから銘醸地マールボロを更に超越した心温まるワインを生み出しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら