モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 西崎おすすめ「クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット NV」

西崎おすすめ「クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット NV」

2018.12.03
クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット NV
大阪営業部 西崎
大阪営業部 西崎

モトックスのRMシャンパーニュといえば?

   モトックスのシャンパーニュといえば、「ボーモン・デ・クレイエール」を想われる方も多いかもしれません。試飲会等での露出が少ないのですが、今回ご案内させて頂くのはシャンパーニュ地方アヴィズに構える6ha程しかない小さなRM「クリスチャン・ブルモー」です。

 キュヴェ・エルマンスは生産者のラインナップの中では一番スタンダードなキュヴェ。シャルドネはキュイから、ピノ・ノワールとムニエはマレイユ・ル・ポールで収穫されます。全て樽醗酵で醸造。醗酵時は、じっくりと温度変化があるのが特徴で、夜に窓をあけたりして温度が上がりすぎたりするのを調節しているのだそう。

 酵母は添加せず、醗酵のタイミングは自然と。寒いと3週間くらいかかることもあるそう。
アルコール醗酵が終わった樽は、春には気温があがって自然とマロラクティック醗酵が始まります。全て自然のままにワイン造りが行われており、マロラクティック醗酵のタイミングもまちまちになるそうで、アッサンブラージュのタイミングが難しいそうです。彼らのワイン造りはシンプルではありますが、それ故の手間がかかるのが伺えます。

 味わいはボリューム感のあるコクまろ系というよりは、非常にシャープな酸とミネラル感が特徴的と言えます。コマーシャル的な事が一切なく、派手ではないですが非常にクオリティの高いワインです。

 この冬にぜひいかがでしょうか?

 

ワイナリー:シャンパーニュ・クリスチャン・ブルモー

もとは1870年から続くブドウ栽培農家。ワイナリーは現当主クリスチャン氏が1981年に設立、当初わずか1ヘクタールの畑を少しずつ買い増し現在は約6ヘクタールを所有。基準に満たないブドウや果汁はネゴシアンに売却してしまうため、生産量は年間約1万5千本と少量。テロワールのメッセージを伝えるワイン造りの為に、畑では有機栽培を実践しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら