モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 小倉おすすめ「シャトー・ロック・モリアック ダムナシオン 2014」

小倉おすすめ「シャトー・ロック・モリアック ダムナシオン 2014」

2018.09.18
シャトー・ロック・モリアック  ダムナシオン  2014
東京営業部  小倉
東京営業部  小倉

アントル・ドゥ・メールでカベルネフラン主体?

  『アントル・ドゥ・メールでカベルネフラン85%使用』
最初、これはトリッキーなキワモノ系?いや、スペック的に似非シュヴァル〇ランもどき的なやつか!?と正直思いましたが、飲んでビックリ!あまりの美味しさに驚きました!

  アントル・ドゥ・メールと言えば白が秀逸というイメージでしたが、このシャトーはサン・テミリオンの向かいで、それに通ずる粘土石灰質土壌の畑を持ったテロワールなんですね。開けたてから華やかな香りで、ダークチェリーやカシスなどの良く熟した黒果実。カカオや白コショウのようなニュアンスも。タンニンはキメ細やかで口当たりなめらか。凝縮感をしっかりと感じますが、ただ濃いだけでなく、きれいな酸があり、フレッシュさ、エレガントさを感じます。訝しがってすいません。そう思いました。

 私がこのワインを気に入っているは、味わいも勿論ですが、オーナー夫婦の想いにあります。
『大切にしていることは、ボルドーのアイデンティティを守ること。それと同時に、人とは違うことに挑戦し続けたい』彼らはカベルネ・フランに関して、補助品種のなかのひとつではなく、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローのように素晴らしい品種であることを世界に証明したいと、伝統を守りながらもユニークなスタイルに挑戦し続けています。そして、デキャンター・ワールド・ワイン・アワードで、数倍の値段がつく格付けシャトーたちを圧倒する快挙を成しています。言うが易しとはよく言いますが、そこまで辿り着くには並大抵の努力では難しいでしょう。

 このフラン主体のワイン。一飲の価値ありです。驚きますよ!

 

ワイナリー:シャトー・ロック・モリアック

2代目当主のシルヴィ・レヴュー氏が、ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーの実績を持つ醸造家オリヴィエ・ドーガ氏とコラボレーションする注目のシャトー。低収量による凝縮度の高いワイン、モダンでありながらボルドーらしいクラシックさとエレガントさを兼ね備えるワインは国内外で高く評価され、特にトップ・キュヴェのダムナシオンは、デキャンター・ワールド・ワイン・アワードで金賞を取ったことで一躍注目を浴びました。

ワイナリー詳細

詳細はこちら