モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 村岡おすすめ「セイス・デ・アスル・イ・ガランサ 2015」

村岡おすすめ「セイス・デ・アスル・イ・ガランサ 2015」

2018.08.20
セイス・デ・アスル・イ・ガランサ  2015
東京営業部  村岡
東京営業部  村岡

砂漠の人格者のスタートとなるワイン

 アスル・イ・ガランサのワインが好き!というのもそうですが、なにより造り手が好き!!というのが今回おすすめするポイントです。

  このワイナリーを紹介するきっかけは、醸造家である「ダニーさん」と初めてお会いした入社一年目の先輩社員との生産者同行でした。8時間以上もの時差と度重なる便の乗り換えをして来日してくださったにも関わらず、お客様一人一人と気さくにお話してくださり、その後にスタッフとの親睦会では夜中まで杯を交わしながら語り合うというパワフルさに強い刺激を与えられました。

 私が入社二年目を迎えた今年は、札幌試飲会前日に行ったメーカーズディナーで来日され、急遽飲食店様を二軒ご訪問することになったにも関わらず、一切疲れた顔をせず最後まで元気な姿で、彼が造るワインにも感じる力強さがあり、モトックスに対しても愛情深くふるまってくださるダニーさんでした。

 二年目になり少し仕事に慣れ始めた私が「初心に戻る」という意味も込めまして、ダニーさんがワイナリーを設立して一番最初にリリースしたワインである「セイス」を、おすすめさせていただきます。

  ワインの名前「セイス」の由来は数字の「6(セイス)」です。6区画で収穫したメルローを6番目のコンクリートタンクで醗酵、6カ月旧樽で熟成しているワインです。味わいは凝縮感ある濃厚な味わい。アフターにはほんのりスパイシーなニュアンスがあるのが特徴です。 お肉にも魚介にも実は相性がいいセイス、是非お試しください。

 

ワイナリー:アスル・イ・ガランサ

自然農法の考え方を共有する三人の若者がナバーラのカルカスティーリョ村にある古い共同組合を買い取り、2000年に設立したワイナリー。 ヨーロッパ最大の砂漠地帯ラス・バルデナス・レアレスの一端にある畑は有機栽培に非常に適しており安定した収穫が強みです。ブルゴーニュやアルゼンチン、南アフリカなど世界各地での経験を活かし、ブドウ本来の個性を引き出したエレガントなワイン造りをしています。 情熱的に卓越した品質のワインを生み出しています。

ワイナリー詳細

詳細はこちら