モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. スタッフおすすめ
  3. 海老おすすめ「ブルーノ・ジャコーザ ロエロ アルネイス 2017」

海老おすすめ「ブルーノ・ジャコーザ ロエロ アルネイス 2017」

2018.08.01
ブルーノ・ジャコーザ ロエロ アルネイス  2017
大阪営業部  海老
大阪営業部  海老

魂のアルネイス

 私が今回おすすめしたいのは、ブルーノ・ジャコーザのロエロ アルネイスです。

 ブルーノ・ジャコーザといえば、バローロのロマネ・コンティと呼ばれるほどのクオリティ!そんなワイナリーに昨年訪問させていただき、とても感動したので満を持しておすすめしたいと思います!

 さて、ブルーノ・ジャコーザはバローロのなかでもトップのワイナリーで素晴らしい畑を持っていますが、実際に行ってみると、改めて繊細さとスケール感に衝撃を受けます。
とても印象的だったのは従業員のファミリー感の強さです!ブルーノ・ジャコーザの従業員は、季節労働者は使わずに全員が正社員として働いており、しかも従業員の家族まるっと衣食住完全サポート付き。みんな仲良くワイナリー近くの綺麗な社宅に住んでいます。
畑もスグ近くの最高のアクセス。なので、誰よりも畑のことを熟知したプロフェッショナル集団となるのです。畑はとても綺麗でブドウにとって常にベストの環境。そして生み出されるワインはどれも緻密で繊細で芳醇です。ポテンシャルはとても高く、赤ワインは長期熟成させずに飲むべからずなワインです。

 そんななかでも、白ワインのロエロ アルネイスは緻密で繊細ながら、開けてすぐに楽しめる逸品です。白い花の華麗な香りと凝縮したミネラル感、桃のようなやさしい果実味と厚みもありながらレモンのような酸もあり複雑で素晴らしいバランス。そしてアルネイスという品種はジャコーザあってのアルネイスなのですが、その話はまたいつか。

 ぜひ、ジャコーザの魂のこもったワインをお試しください。赤ワインも是非一緒にお買い上げいただき、セラーで熟成していただきたいと思います!

 

ワイナリー:ブルーノ・ジャコーザ

ピエモンテ州の伝統派の王者として君臨する生産者。畑と醸造における伝統に敬意を払うという、単純にして明瞭な哲学の下にワインは造られています。シンプルだからこそ出せる、独特のフィネスがこのワインにはあり、世界中からイタリアを代表する生産者と認めら、時に「バローロのロマネ・コンティ」とも評される生産者です。ブルーノ氏は2018年にお亡くなりになりましたが、現在は娘のブルーナ氏がワイナリーを継いでいます。

ワイナリー詳細

詳細はこちら