モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. 伝統と歴史、そして新技術の融合!東ヨーロッパ、ルーマニアのワイン!

伝統と歴史、そして新技術の融合!東ヨーロッパ、ルーマニアのワイン!

ルーマニア

今注目!東ヨーロッパ、国際品種から地品種までラインナップ豊富なルーマニアのワイナリーをご紹介いたします。

ルーマニアとは

ルーマニア地図

ルーマニアは、人口約2,200万人、面積23万7,500km²で、日本の本州と同じくらいの大きさです。 東ヨーロッパに位置し、ウクライナ、モルドバ、ハンガリー、セルビア、ブルガリアと国境を接しており、国の東端は黒海に面しています。 ルーマニアは北海道とだいたい同じ緯度に位置しており、気候は「大陸性気候」に分類され、冬は寒く、夏は暑い四季が感じられる国です。 ルーマニアの国境を流れるドナウ川は、長さが約2850㎞にもなるヨーロッパで2番目に大きい川です。 ドナウ川河畔・国の南部には平原が広がり、首都のブカレストはここにあります。そこから北には、トランシルヴァニア盆地を囲むようにカルパティア山脈とトランシルヴァニア山脈が連なり周辺は平原です。起伏に飛んだ国土で農業は小麦や、トウモロコシ、オオムギなどの穀物が中心で、またワイン用のブドウの栽培も盛んです。

ルーマニアのブドウ畑
 

歴史を重んじながら最新技術を取り入れるワイナリー

ルーマニア地図

ルーマニアは、とても良質なワインを生産するワイン生産国のひとつです。中でも、首都ブカレストの北にあるムンテニア地方で生産されている、ブドゥレアスカのブドウ畑は海抜175m-400mに位置し、合計280ha程。デアル・マーレ丘陵地の真ん中に所在し、ボルドーやブルゴーニュと同じ緯度線にあります。畑は南東向きで、大陸性気候。ワイン用ブドウ畑に理想的な位置といえます。ブドウの木の成長が始まる4月から、平均2000時間の日照時間、黒土層と石灰岩の多い土壌のため、ルーマニア国内でもなかなか再現できない栽培条件になっています。このように高品質なワインのポテンシャルを秘めたブドゥレアスカのワインの品質をさらに高めたのは、イギリス人醸造家、スティーヴン・ドネリー氏の存在。アメリカのナパ・ヴァレーで就業した後、イギリスやハンガリーをはじめ、数々の国で30年以上の経験と実績を誇り、ルーマニアの伝統と、最新のワイン技術を絶妙に融合させています。

歴史を重んじながら、最新技術を取り入れるワイナリー
 

ルーマニアの主な地ブドウのご紹介

ルーマニア、ムンテニア地方のブドウ栽培は、紀元前からの長い歴史があります。デアル・マーレ産地のワイン造りは、3000年前のダキア時代まで遡ります。古代ギリシャのホメーロスの作品の中にダキアワインの話がよく出ており、ホメーロスによると「ギリシャの戦士たちはワインを求め、ダキアを侵略した。」と考えたダキアの国王は、他国からの襲来を防ぐためにブドウ畑の一部を伐採したというエピソードがあります。そんな魅力的なルーマニアの地ブドウをご紹介いたします。

フェテアスカ・ネアグラ"Feteasca Neagra"

Feteasca Neagra フェテアスカ・ネアグラ

日本語訳:【黒い貴婦人】

歴史:3000年以上
栽培国:ルーマニア、ハンガリー、モルドヴァ共和国など。
果実は大きめで、円柱-円錐型の房を付ける。粒は丸く高密度で、果皮は黒みがかった赤味のある紫。樹勢が強く、霜や干ばつ、腐敗に強い。糖度はやや高めの230-240g/Lで、しっかりとした酸もある。

モトックスが取り扱っている
フェテアスカ・ネアグラを使用したワインの詳細はコチラ

 

タマイオアサ・ロマネアスカ"Tamaioasa Romaneasca "

タマイオアサ・ロマネアスカ"Tamaioasa Romaneasca "

日本語訳:【ルーマニアの聖なる香り】

歴史:2000年以上
栽培国:ルーマニア
栽培面積:約1000ha
非常にアロマティックな品種。9月上旬~10月中旬まで完熟期が続くため、収穫期によって辛口や甘口のワインどちらにも醸造できる。糖度は240-250g/Lとなり、さらに過熟させることで270g/Lかそれ以上まで上がる。

モトックスが取り扱っている
タマイオアサ・ロマネアスカを使用したワインの詳細はコチラ

 

フェテアスカ・レガーラ"Feteasca Regala "

フェテアスカ・レガーラ"Feteasca Regala "

日本語訳:【王家の乙女】

歴史:1920年にトランシルヴァニア地方で初めて確認され、「グラサ」と「フェテアスカ・アルバ」の自然交配の結果だと思われている。
栽培国:ルーマニア(主にトランシルヴァニア地方)
アロマティックな品種の一つ。高い収量が特徴で、15-20t/haほど。フェテアスカ・レガーラは霜には耐性はあるものの、カビには弱い面があります。白ブドウには珍しく、果皮にタンニンを多く含む。糖度は220g/Lまで上がることも。

モトックスが取り扱っている
フェテアスカ・レガーラを使用したワインの詳細はコチラ

 

ルーマニア「ブドゥレアスカ」のワインはこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

「ルーマニア」の生産者情報はこちら ▼

ワイナリー紹介「ヴィル・ブドゥレアスカ」

ワイナリー紹介「ヴィル・ブドゥレアスカ」

伝統と革新の融合!古代の畑と最新技術をもつ古くて新しいワイナリー

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。