モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. ガメラー、ピノファン必見!ニュージー自然派「マウント・エドワード」

ガメラー、ピノファン必見!ニュージー自然派「マウント・エドワード」

ガメラー、ピノファン必見のつくり手登場!“モダン” セントラル・オタゴのパイオニア「マウント・エドワード」Mount Edward

 

ワイン愛好家垂涎!驚くほどにピュアで健全、かつ洗練された味わいのワインが
ニュージーランド南島、セントラル・オタゴから届きました。
かつて保守的であったNZワインの世界に新風を巻き起こし、
乾燥した大陸性気候を有するセントラル・オタゴで、
正確且つ、エレガントで神秘さを持つナチュラルワインを生みだす「マウント・エドワード」。
特筆すべきは、畑での丁寧な作業と人的介入を可能な限り抑えたワイン造り。
ジェイミー・グッドや多くのマスター・オブ・ワイン、ワイン評論家も注目しています。

 

生産者:マウント・エドワード


現オーナー・醸造家ダンカン・フォーサイス氏 「マウント・エドワード」Mount Edward

“セントラル・オタゴ ワインの父”として知られるアラン・ブラディ氏が1998年に設立、2004年に現オーナーでもある醸造家のダンカン・フォーサイス氏とそのビジネス・パートナーのジョン・ブキャナン氏が引き継ぎ発展させたワイナリーです。
2004年以降、ピサ、ギブストン、バンノックバーンに自社畑を広げ有機栽培を実践。セントラル・オタゴで最初に有機認定(Bio-Gro)を取得したパイオニア的存在でもあり、一早くオレンジワインに着手したり、NZで最初にSO2無添加のガメイを誕生させるなど、伝統を守りつつ革新的なワイン造りでNZをリードしてきました。
アートやミュージックにも精通するダンカン氏。古典的なラベルデザインとそこから発展させた、尊敬するミュージシャン、故デヴィッド・ボウイ氏をイメージさせるラベルも印象的です。
そんな側面から、一見“ファンキー”な造り手であるかようなイメージを持たれるかもしれませんが、極めて正確で焦点の合ったテクスチャーと素直で健全な果実味、そして最大の魅力である“センス・オブ・プレイス”を感じる事の出来る彼らのワインは評論家や専門家、ワインファンから絶大な信頼を集めています。

セントラル・オタゴ Central Otago「マウント・エドワード」Mount Edward

世界有数の銘醸地「セントラル・オタゴ」


今日でこそ世界のワイン地図に名を刻む、ニュージーランド屈指の銘醸地であるセントラル・オタゴですが、ワイン生産地としての歴史は浅く1800年代後半からブドウ栽培が始まったものの、本格的にワイン造りが行われるようになったのは1970年代に入ってからです。
南緯45度、世界最南端のワイン産地の一つとなっており、またニュージーランドで唯一、半大陸性気候を有する産地となっています。
日較差は大きく、夏場では日中に30度を超える一方、夜間には温度が下がり5-10度程に冷え込むことも。
西側にそびえる険しい山々が自然のバリアとなり、乾燥した、ブドウ栽培に適した環境となります。
土壌は、大昔に存在した氷河に由来する石英を含むシストが母岩となっており、川の浸食によって風化した岩、砂質、レス土壌、礫など異なる地層を持ち、その深さも様々です。

セントラル・オタゴ Central Otago「マウント・エドワード」Mount Edward
セントラル・オタゴ Central Otago「マウント・エドワード」Mount Edward
セントラル・オタゴ Central Otago「マウント・エドワード」Mount Edward

 

ファンキーなラベルに秘められた品質への拘りと革新的なワイン造り 古典アートを発展させたワインラベル「マウント・エドワード」Mount Edward
伝統 tradition

古典的な女神像がモチーフとなっています。ワイナリーのロゴや上級ラベルに使用されています。

革新 innovation

古典的な女神像を発展させたラベル。亜硫酸無添加のガメイに使用されています。

融合 fusion

古典的な女神像を現代的に発展させたラベル。セントラル・オタゴらしさと伝統の融合。TED(テッド)シリーズに使用されています。

 

セントラル・オタゴらしい果実味が魅力の「テッド」シリーズ「マウント・エドワード」Mount Edward清澄・濾過無しTed Pinot Noirテッド ピノ・ノワールjames suckling93

詳細はこちら

3つの畑(ロウバーン、バンノックバーン、ピサ地区)のブレンドによる「上級」シリーズ「マウント・エドワード」Mount Edward清澄・濾過無しPinot Noirピノ・ノワールjames suckling94

詳細はこちら

評論家も絶賛する“ガメラー”必見のワイン(単一畑:バンノックバーン地区-ミュアカーク畑)「マウント・エドワード」Mount Edward清澄・濾過無しSO2無添加Gamayガメイ

詳細はこちら

「マウント・エドワード」の詳しい生産者情報はこちら ▼

ワイナリー紹介「マウント・エドワード」セントラル・オタゴ Central Otago Mount Edward

ワイナリー紹介「マウント・エドワード」

“セントラル・オタゴ ワインの父”、アラン・ブラディ氏が立ち上げたブティックワイナリー。ニュージーランドを代表するナチュラルワインの造り手に成長。

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。