モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. ユネスコの無形文化遺産登録 クヴェヴリで造るジョージアワイン

ユネスコの無形文化遺産登録 クヴェヴリで造るジョージアワイン

ユネスコの無形文化遺産登録 クヴェヴリ(甕)で造るジョージアワイン

ワイン発祥の地、ジョージア(グルジア)

ジョージア諸国の地図

​大相撲夏場所で大関昇進を確実にした栃ノ心の出身地、ジョージアはヨーロッパとアジアの中間に位置する国でトルコの北側に隣接しています。面積は、57,200K㎡(日本の1/5くらいの面積)。人口は、約400万人の人々が暮らしています。カスピ海と黒海に挟まれ、気候は安定しており温暖で半亜熱帯気候です。夏は暑く、冬は気温がぐっと下がる地域でもあります。ジョージアは、肥沃な大地に恵まれた農業国で茶、柑橘類、果物、たばこ、ブドウ栽培などが主要産業です。特にジョージアワインは「ワイン発祥の地」とされ、2013年にはユネスコ(UNESCO)の世界遺産にも登録されるなど、伝統的な製法は特筆すべきものがあります。

 

約8000年もの歴史を持つ世界最古のワイン

首都トビリシから、東側の「カヘティ地方」は、丘陵が多く乾燥した気候で、日当たりの良い斜面が多いところです。そのため、ワイン用のブドウ栽培に適しており、ジョージアで最も栽培面積の大きい重要なワイン産地です。8000年以上にわたるワイン醸造文化があり、「アルメニアと並んで世界最古のワインの生産地」と言われています。またコーカサス山脈から流れる水は、ミネラル分を多く含んでおり、自然の恵みをふんだんに畑に与えてくれるため美味しいワインが出来るとも言われています。かつてクレオパトラが、ジョージア(グルジア)ワインを飲み、一人思いにふけり涙していたという言い伝えがあり、ジョージアワインは、「クレオパトラの涙」とも呼ばれています。

 

  ▼ モトックスで取り扱っているジョージアで生産されているワイン ▼
         
サペラヴィ
サペラヴィ
微かに大地やスパイスの風味が伴い、穏やかながらも引き締まったタンニンが繊細なバランスを生み出します。
 
ムツヴァネ
ムツヴァネ
アーモンドやドライフルーツの香ばしい風味と複雑で深くフェノリック要素を持つアンバーワインです。
 
ルカツィテリ
ルカツィテリ
ふくよかでリッチなボディとドライな口当たりが魅力で、豊潤かつ極上のアンバーワインです。
         

         
ルカツィテリ ムツヴァネ
ルカツィテリ ムツヴァネ
様々な果実や花々の香しいアロマを持ち、軽やかなタンニンで、ふくよかなバランスの良いアンバーワインです。
 
マカシヴィリ・ワイン・セラー キシィ
マカシヴィリ・ワイン・セラー キシィ
桃やアーモンドの香ばしいアロマと生姜のようなスパイシーな風味が伴う逞しくもアロマティックな味わいです。
 
マカシヴィリ・ワイン・セラー ムツヴァネ
マカシヴィリ・ワイン・セラー ムツヴァネ
白い花や柑橘果実の爽やかな風味。フレッシュかつ豊富なフェノリックな要素が特徴です。
         

         
マカシヴィリ・ワイン・セラー ルカツィテリ
マカシヴィリ・ワイン・セラー ルカツィテリ
桃やマルメロの豊潤な果実味と複雑味。バランスがよく、フェノリックな要素と長い余韻が魅力です。
       
         

ユネスコの無形文化遺産登録 クヴェヴリ(甕)で造るジョージアワイン


ジョージアのクヴェヴリ

クヴェヴリは、ジョージアの土を使いクヴェヴリ職人が窯で焼き上げた素焼きの壺です。ジョージアでは昔ながらのクヴェヴリを使った伝統的なワイン造りが今も大切に守り受け継がれています。このクヴェヴリでの醸造は、2013年12月ユネスコ世界文化遺産(人類の無形文化遺産部門)に登録されました。 粘土で作られた卵型のクヴェヴリの内側は蜜蝋でコーティングされています。クヴェヴリはマラニ(クヴェヴリを置く醸造施設)の土の中に完全に埋められており、年中一定の温度が自然に保たれることから、ブドウは低温下で醗酵が進みます。クヴェヴリの外側は石灰で覆われ、更に温度を一定に保つ働きを持ち、アルコール醗酵およびマロラクティック醗酵に適しています。赤白共にクヴェヴリの熟成期間は12~18カ月です。モトックスが取り扱っている生産者のシャラウリのワインは全てクヴェヴリで熟成され、その後さらに瓶内で熟成されます。クヴェヴリでの熟成が完了すると、赤白それぞれをノンフィルターで瓶詰し、地下のセラーで12~18カ月瓶内での熟成を経て、ようやく市場へ出荷されます。

525種ものブドウ品種があるジョージアのブドウと特徴


ジョージアワインのブドウ

黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス山脈南麓一帯は「ブドウの発祥の地」といわれ、世界に現存するブドウ3000種類のうち、約6分の1の525種類がジョージアの固有種です。その中でも、主要なブドウ品種をご紹介いたします。

ルカツィテリ

【ルカツィテリ (Rkatsiteli)】
カヘティ地区の伝統的な白ワインに使用される主要品種で、ジョージア全土のみならず近隣諸国(モルドヴァ、ウクライナ、アルメニア、ブルガリア等)でも広く栽培されています。ルカツィテリとは「赤い茎」の意で、果皮が厚くフェノリックなブドウ品種です。アプリコットや黄桃の風味を持ちます。果実の蜜や甘やかさも特徴で、よくムツヴァネとブレンドされます。

ムツヴァネ

【ムツヴァネ (Mtsvane)】
カヘティ地方ではムツヴァネ・カフリ(カヘティ地区のムツヴァネ)と呼ばれます。ムツヴァネとはジョージア語で「緑の」を意味し果皮が薄くタンニンが控えめで、ステンレスタンク醗酵だとしなやかで口当たりのよいワインになります。白桃やピーチ系のドライフルーツの風味や華やかなアロマを持ち、ミネラル感にも優れる高貴な白ブドウです。クヴェヴリでの醸造によりアプリコットやドライフルーツ、フェノリックな要素が増し、アタックにも桐のようなニュアンスも現れます。

キシィ

【キシィ (Kisi)】
カヘティ地区原産のブドウ品種で、栽培面積が減っていたものの見事に再生を果たした人気のブドウ品種です。熟した白桃やメロン等、アロマ豊かなチャーミングな味わいで、完熟したリンゴやタバコ、クルミの要素も持ちます。

サペラヴィ

【サペラヴィ (Saperavi)】
「色をつける」という意味を持つ色の濃いブドウ品種です。主要産地はカヘティ地区ですが、ジョージア全土、更には近隣諸国でも栽培されるジョージアのブドウの王的存在です。甘口ワインから辛口ワインまで様々なスタイルのワインが醸造されています。ダークベリーやリコリス、タバコ、シナモン、プラム等、豊富なアロマを持ち、酸度やタンニンもしっかりとあります。とてもエレガントで芳醇な果実味が特徴で、整ったストラクチャーも見事な地ブドウです。

古き良きものを守りつつ発展するジョージアの魅力

近年、ジョージアは経済成長も著しく、ビジネスがしやすい国として世界銀行のレポートでは190ケ国中9位(2018年度調べ)にランクされるなど、古き良きものを守りつつ発展している注目の国です。 そして観光にもよい国です。首都トビリシは温泉地で、また郊外には、最古のワインを堪能することができるワイナリーがあり、コーカサス地方は「ヨーロッパ最後の秘境」と言われている最高峰の500の山々があり、トレッキングや、乗馬、スキー、ラフティングなども楽しめます。


また、ジョージアの人々には「客人は神様の贈り物」という思想があり、かつ親日的です。様々な外的侵略に対峙するため、そして民と民の絆を深めるために、ジョージアの人々は宴を大切にしてきました。スプラと呼ばれる夕宴では、スピーチ、歌や踊りが行われ、美味しい料理やワインが振る舞われます。ジョージアでは、有機栽培の食材がほとんどです。山岳地帯で採れるハープは、ジョージア料理の香りづけに使用されます。豚肉をつかった、ジョージア式焼肉ムツバディや、いちじく、ざくろなどの果物、くるみ、そして新鮮な野菜をたっぷり使う料理が、クヴェヴリ仕込みのワインにとても合います。ぜひ、ジョージアのワインをお楽しみください。

『チーズに合うワイン』 カマンベール/フェタ/マンステール/コンテ ぴったりのワインをプロが厳選

『チーズにぴったり合うワインをプロが厳選!』

~カマンベール/フェタ/マンステール/コンテ~
「チーズはワインの最良の友」という格言があるほど、ワインとチーズの相性は抜群。 どのチーズに、どういったワインを合わせたらいいのかをプロが検証します!

ワイナリー紹介『シャラウリ・ワイン・セラーズ』

ワイナリー紹介『シャラウリ・ワイン・セラーズ』

~品質重視のクリーン系ナチュラルワイン~
ワイン評論家を唸らし、 世界の星付きレストランが認めるジョージア産のアンバー・ワインを生産しているワイナリーです。

ワイナリー紹介『ヴァジアニ・カンパニー』 

ワイナリー紹介『ヴァジアニ・カンパニー』

~センセーションを伴う味わい~
120年以上前から使われてきた蜜蝋無加工のクヴェヴリを使う自然派ワイナリーです。

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。