モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. ワイン
  3. 王さまと目玉焼き、王さまとわたし、そして、王さまのワイン

王さまと目玉焼き、王さまとわたし、そして、王さまのワイン

王さまと目玉焼き料理とロータリ

 

王さま、と一言でいっても、いろいろある。
エジプトのクフ王のような歴史上の偉大なる王。シェイクスピア四大悲劇の一つであるリア王。などなど。私が大好きなのは、小さい頃に読んだ絵本『ぼくは王さま』(寺村輝夫 著)の王さま。

この王さまはとても卵が好きで、その中でも特に“めだまやき”がお気に入り。
このシリーズの1番有名な作品は、皆に隠し事をしている王さまが、目玉焼きに「ぷつっ」とナイフを入れると黄身と一緒に秘密がこぼれ落ちる、といったお話だった。
そのトロリと流れ出す半熟目玉焼きの黄身の描写がおいしそうで、おいしそうで。何度も夢中でページをめくっていた幼い頃の記憶がある。

 

さて、北イタリア トレンティーノ・アルト・アディジェ州に、王さまにちなんだ名前のスパークリングワインが存在する。6世紀に、この地のほとんどを統治していたロンゴバルド王国の王、ロータリ・レックス・アウタリ王の名を冠した「ロータリ・ブリュット」。

ビスケットなどの焼き菓子を思わせるような、ほんのりとした香ばしさ、心地よいコク、があるスパークリングワインで、シャルドネを24カ月という長い時間熟成させることできめ細やかな泡立ちが楽しめる。シャンパーニュと同じ製法で生まれる滑らかな舌触りとコクが、料理をより美味しく楽しませてくれ、世界各国の一流ホテルやレストランで数多く提供されているというのも納得だ。

よくラベルを見ると、馬にまたがり、旗をかざした王さまが。そして、ラベルの色。これは・・・まさに、半熟目玉焼きの黄身の色!

 

目玉焼き料理とロータリ

 

目玉焼きのことばかり考えていたら、食べたくなったので、今日はこの「ロータリ ブリュット」に合う目玉焼き料理を。用意するのは、これから美味しくなるアスパラガス。

このワインが生まれるトレンティーノ州はホワイトアスパラガスの産地としても有名。
ホワイトアスパラガスは、ヨーロッパの人々にとって、春の風物詩の代表格で、 皆が春の訪れと共に待ちわびる野菜だ。なかなか日本では生のホワイトアスパラガスを手に入れるのは難しいと思うので、今回は緑のアスパラガスでお料理を。

アスパラガスは根元から1cmほどの固い所を切って、根元から3cmくらいのところまでの皮をピーラーで剥き、オリーヴオイルを入れて熱したフライパンで転がしながら焼く。
火加減は強めの中火で。途中軽く塩を振って、中まで火が通ったら器に盛る。
同じフライパンにオリーヴオイルを適量足し、半熟の目玉焼きを焼いて、先ほどのアスパラガスの上に乗せ、軽く塩をする。
仕上げにおろしたパルミジャーノ・レッジャーノをばさばさっとたっぷりかけ、最後にがりがりっと挽きたての黒胡椒をかけて出来上がり。

食べる時は、黄身をプツっと割って、チーズと黄身をよく混ぜたものをソースとしてアスパラガスに絡めて。(大丈夫、あなたの秘密はこぼれ落ちないはず!)

濃厚なソースの旨味とワインのコク、そしてフレッシュなアスパラガスの風味とワインの果実味がマッチして、素敵に美味しい組み合わせ。王さまも大満足、に違いない。

 

Profile: つーじー

2007年モトックス入社。10年営業の仕事をした後、異動。現在は主にモトックス公式SNSの運営を行う。ソムリエ資格と調理師免許を持っており、食べ・飲みが大好き!なのに、胃腸が弱いのが目下の悩み。フードファイターさんに憧れる2児のママ。

 

ご紹介したワイン「ロータリ」はこちら


 

詳細はこちら

 

「ロータリ」のワイナリー情報はこちらから。

ロータリ

ワイナリー紹介「ロータリ」

世界50ヶ国以上で愛される、高品質・瓶内二次醗酵スパークリングワイン。
「最高のコスト・パフォーマンス」「食通が愛するガストロノミック・クオリティ」全てはこの2つの魅力を実現させるために高品質のスパークリングワインを追求しています。

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。