モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. ワインとは?

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

ワインとは?

ワインって難しい!?知っておきたいワインの基礎知識

おいしいワインができるまで

 

「ブドウ」と聞いてまずイメージするのは、
フルーツ??ブドウジュース??

ワインもブドウから造られています。
ワインは好きだけど、どんな風に造られるかまでは知らないなぁ・・
という方、少しだけお付き合いください。

ワインに使われるブドウの多くは、食用のフルーツのブドウではなく
ワイン専用のブドウが使われます。一言でブドウと言っても
種類によって、渋味や酸味、皮の厚みなどに違いがあります。

では、ブドウがどうなるとワインになるのでしょうか。
実は、ワインが出来る(ブドウがお酒になる)仕組みは
意外とシンプルです。

ブドウの果汁に含まれる「糖分」が、「酵母」の働きによって
「アルコール」と「二酸化炭素」に分解されるとワインが出来ます。
これを、アルコール醗酵といいます。

まだイメージが沸かない・・という方は、
ブドウの「糖分」を「酵母」がパクパク食べて「アルコール」と
「二酸化炭素」をプハーッと吐き出すというと、
少しイメージできるでしょうか。

 

アルコール醗酵は、ブドウ果汁がお酒になる重要な工程です。
醗酵が進むにつれ、ブドウ果汁に含まれる「糖分」は
少しずつ減っていくのですが、この「糖分」を多く残すと
甘口ワインになり、残す量を少なくすると辛口ワインになります。
どうでしょう? 少しは想像できたでしょうか。

造り方はシンプルであっても、ブドウの種類、土壌や気候、
そして造り手達のこだわりなどによっても、ワインの色や風味の
違いが生まれます。美味しいワインを造ろうと、造り手達は
日々努力を重ねています。

同じブドウから、こんなにも沢山の味わいの違う
ワインができるなんて不思議ですね。。。

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

コルク栓の開け方

「もう失敗しない!」コルク栓の開栓が苦手な方必見!開けやすい道具選びと、使い方のコツをご紹介します!

残ったワインの保存方法は?

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

ワインボトルの底にたまるオリ

ワインの瓶底に何かの沈殿物が…それは「オリ」かもしれません。

一覧を見る

おすすめ記事

NEW 「A.O.C.」ってなに??

2018.12.26

フランスワインのラベルにある「A.O.C.」について簡単解説♪

NEW サングリアでつくる簡単ホットワイン!

2018.11.28

冬の定番!ホットワインを飲んでポカポカに。

「アペリティフ」で、もっとワインを!

2018.10.22

「アペリティフ」って何なのでしょう・・・?
ワインを楽しむ機会を増やしたい!という方へ、ご紹介します!

一覧を見る