モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. ワイン評価誌・コンクール

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

ワイン評価誌・コンクール

金賞受賞って?高得点って?どんな媒体でワインが評価されるのかをご紹介

ワインの評価って?第一回「ワインスペクテーター」

ワインを見ると、
「高評価」「高得点」「金賞受賞」ということが謳われていることがあります。

でもそれって、
何のコンクールで金賞を受賞したの?
どの基準で高得点なの?
と疑問に思うことも多いでしょう。

このコーナーでは、そんなワインの評価にまつわることをお伝えしたいと思います。

第一回目は「ワインスペクテーター」について。

「ワインスペクテーター Wine Spectator」とは、
アメリカで出版されているワイン評価誌のこと。

数あるワイン評価誌の中でも、1位2位を争うほど有名な雑誌です。

この評価誌に掲載されているワインは、100点満点の採点方式で味わいを評価されます。
「ワインスペクテーター」の編集者が毎年世界中にある
数千におよぶワインをテイスティングして採点しています。

編集者は基本的に、イタリアならイタリアワインを、チリならチリワインをというように、
毎年同じ地域を担当おり、その地域担当のエキスパートがワインのテイスティングを行います。

ブラインド(ワインの銘柄や詳細がわからない状態)でテイスティングし、
レビューを書いているんですね。

レビューにはイニシャルかコメントが必ず記載されているので、
誰が書いたものかわかるようになっています。

では、何点からが高得点なのでしょう?

「ワインスペクテーター」の点数基準は下記のとおり。

 ◆ 95-100 Classic: 偉大なワイン
 ◆ 90-94 Outstanding: 優れたキャラクターとスタイルのワイン
 ◆ 85-89 Very good: 特別なクオリティーのワイン
 ◆ 80-84 Good: 良くできたワイン
 ◆ 75-79 Mediocre: 飲めるレベルだがお勧めはしないワイン
 ◆ 50-74 Not recommended:お勧めしないワイン

この基準で見ると、85点以上が「高得点」と言えますね。

95点以上なら、本当に素晴らしいワイン!
ちょっとご紹介しましょう。

「リジーニ ブネッロ・ディモタルチーノ ウゴライア」

このワインは2010年ヴィンテージで、なんと97点を獲得!
高得点も納得のワインです!

モトックスのワイン詳細にも、
このワインスペクテーターで高得点を獲得したワインについては、
『「Wine Spectator」獲得点』として点数が明記されています。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

ワインの評価って?第一回「ワインスペクテーター」

アメリカで出版されている権威あるワイン評価誌。高得点って何点から?