モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. ワインを楽しもう♪

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

ワインを楽しもう♪

ワインがグッと近くなる♪ワインを楽しむためのコツや選び方、食事との相性など

デカンタージュしましょうか?

 

レストランでワインを注文して
ソムリエに 「デカンタージュしましょうか?」
と聞かれたらどうしますか?

「デカンタージュって何・・!???」
とアタフタしてしまう人も、きっといますよね。

「デカンタージュ」とはワインをグラスに直接注がず、
大きめのガラス等の容器(=デカンタ)へ
移し替えることを言います。

では、わざわざ別の容器へ移すのはなぜでしょう!?

ひとつは、
ボトルの中のオリを取り除くため。

ワインの中に含まれる成分が、
熟成の過程で目に見える物質として出てきたものが「オリ」で、
熟成したワインに多くみられます。

オリを含んだまま、ワインを飲んでしまうと
舌ざわりが良くないため、デカンタへワインを移し替え、
オリの部分はボトルに残します。

もうひとつは、
ボトルの中で眠っていたワインを目覚めさせてあげるため。

渋味も強く、まだ飲みにくい状態のワイン(硬く閉じている)を
デカンタに移すことで、たくさんの空気とワインが触れ合い
そのワイン本来の香りや味わいを引き出したり
やわらかく、まろやかにしたりするのです。

ワインの種類によっては、
栓を抜いてから目覚めるまで数時間~数日かかってしまい
栓を抜いた直後ではそのワイン本来の香りや味わいを
楽しむことができないものもあります。
このようなワインはデカンタージュをおすすめします。

ただし、全てのワインがデカンタージュをすれば
美味しくなるわけではないということ。
デリケートなワインをデキャンタージュしてしまうと
かえってバランスが悪くなったり、酸味が際立ったりすることも
ありますのでご注意を。

お店ではほとんどの場合、デカンタージュをする場合に、
ソムリエが説明をしてくれますので尋ねられたら、
よほどの理由がない限り迷わずデカンタージュを
お願いしちゃいましょう!

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

残ったワインの保存方法は?

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

ワインの開け方(コルク栓、スクリューキャップ、スパークリング)まとめ

ワイン栓の「開け方」についてのまとめ記事です。<br /> コルク栓を開ける際の様々な道具のこととその使い方、スパークリングワインのコルクの開け方、スクリューキャップの開け方をご紹介いたします。

ワイン栓やキャップの種類

ワイン栓と言えば、コルク。そのコルクにも様々な種類があるんです。普段あまり見かけることがないコルク以外の栓もご紹介します!

一覧を見る

おすすめ記事

NEW 華やかな香りが楽しめる「ゲヴュルツトラミネール」

2021.09.29

「ゲヴュルツ」はドイツ語で「スパイス」という意味で、その華やかな香りが特徴です。

甘口から辛口まで。多彩な魅力を持つ「リースリング」

2021.06.29

ドイツ原産の白ワイン用ブドウ品種。甘口から辛口まで幅広いワインを生み出します

NEW みんなに好かれる品種。白ワインの基本「シャルドネ」

2020.09.25

白ワインを造る2大品種のひとつ

一覧を見る