モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. ワインを楽しもう♪

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

ワインを楽しもう♪

ワインがグッと近くなる♪ワインを楽しむためのコツや選び方、食事との相性など

デカンタージュしましょうか?

 

レストランでワインを注文して
ソムリエに 「デカンタージュしましょうか?」
と聞かれたらどうしますか?

「デカンタージュって何・・!???」
とアタフタしてしまう人も、きっといますよね。

「デカンタージュ」とはワインをグラスに直接注がず、
大きめのガラス等の容器(=デカンタ)へ
移し替えることを言います。

では、わざわざ別の容器へ移すのはなぜでしょう!?

ひとつは、
ボトルの中のオリを取り除くため。

ワインの中に含まれる成分が、
熟成の過程で目に見える物質として出てきたものが「オリ」で、
熟成したワインに多くみられます。

オリを含んだまま、ワインを飲んでしまうと
舌ざわりが良くないため、デカンタへワインを移し替え、
オリの部分はボトルに残します。

もうひとつは、
ボトルの中で眠っていたワインを目覚めさせてあげるため。

渋味も強く、まだ飲みにくい状態のワイン(硬く閉じている)を
デカンタに移すことで、たくさんの空気とワインが触れ合い
そのワイン本来の香りや味わいを引き出したり
やわらかく、まろやかにしたりするのです。

ワインの種類によっては、
栓を抜いてから目覚めるまで数時間~数日かかってしまい
栓を抜いた直後ではそのワイン本来の香りや味わいを
楽しむことができないものもあります。
このようなワインはデカンタージュをおすすめします。

ただし、全てのワインがデカンタージュをすれば
美味しくなるわけではないということ。
デリケートなワインをデキャンタージュしてしまうと
かえってバランスが悪くなったり、酸味が際立ったりすることも
ありますのでご注意を。

お店ではほとんどの場合、デカンタージュをする場合に、
ソムリエが説明をしてくれますので尋ねられたら、
よほどの理由がない限り迷わずデカンタージュを
お願いしちゃいましょう!

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

コルク栓の開け方

「もう失敗しない!」コルク栓の開栓が苦手な方必見!開けやすい道具選びと、使い方のコツをご紹介します!

残ったワインの保存方法は?

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

ワインボトルの底にたまるオリ

ワインの瓶底に何かの沈殿物が…それは「オリ」かもしれません。

一覧を見る

おすすめ記事

NEW サングリアでつくる簡単ホットワイン!

2018.11.28

冬の定番!ホットワインを飲んでポカポカに。

「アペリティフ」で、もっとワインを!

2018.10.22

「アペリティフ」って何なのでしょう・・・?
ワインを楽しむ機会を増やしたい!という方へ、ご紹介します!

Welcome to “into WINE”

2018.03.28

ワインビギナーにワインを楽しんで頂くための情報ページです。楽しいワインの世界に一歩踏み出してみましょう♪

一覧を見る