モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

  1. ホーム
  2. into Wine
  3. ワインを楽しもう♪

into Wine そこが知りたい、ワインのキホン

ワインを楽しもう♪

ワインがグッと近くなる♪ワインを楽しむためのコツや選び方、食事との相性など

ワインが目覚める??ワイングラスを回すワケ

 

ワイン通がよくする仕草。
ワインの入ったグラスを、手慣れた感じでくるくる回す仕草を
見かけたことはありませんか!?

なぜワイングラスを回すのでしょう・・・
何かの儀式のようにも見えますが、
グラスをくるくると回すのには意味があるのです。

これは、グラスに注いだワインを空気に触れさせることで
ワインの香りを立たせたり、タンニンの渋みを和らげたり
するためです。この仕草を「スワリング」と言います。

「ワインが目覚める」と言うと分かりやすいでしょうか。
開けたばかりのワインはまだ開いていない場合が多く、
空気に触れると少しずつ香りや味わいが豊かになったり、
丸みが出たりします。これを「ワインが開く」と言います。

開栓したばかりのワインと、しばらくしてから飲んだワインで
印象が変わるのはこのためです。

ボトルで頼んだワインが、最初はそうでもなかったのに
飲んでいくうちに美味しくなった!と思ったら
ワインが開いた証拠かもしれませんね。

グラスの内側の面にワインが広がるようスワリングすると、
味や香りの変化をより楽しめるでしょう。

ただし、「印象が変わったな」とおもったら、
それ以上回す必要はありません。
一度開いたワインがさらに大きく変化することはあまりなく
回せば回すほど美味しくなる、というわけではないのです。

グラスに注いだ瞬間から素晴しい香りや味わいがするワインは
スワリングする必要はありませんので、ご注意を!!
素敵な香りがしているのに、むやみやたらと何回も回しすぎると
せっかくの風味がかえって台無しになることもあります。

「うーん、よく分からないな」という方は、
少しだけワインをグラスに注いで
そのまま飲んでみる

スワリングして飲んでみる

また、新たに注いでそのまま飲んでみる
とそれぞれを比較してみてください。

そのままで美味しければスワリングしない。
スワリングした方が美味しいなら、回す。
とワインの状態をみて決めてくださいね。

実は、
グラスの回し方にもマナーがあります。
勢いよく回すと、ワインがこぼれ
周りの人にかかってしまうことがあります。

グラスの中のワインを内側にむかって
静かにスワリングしましょう。

慣れないうちは、グラスの底をテーブルにつけたまま
スワリングすると安定感があるのでオススメ!

さりげなくスワリングできれば、あなたもすでに「ワイン通♪」

お問い合わせはこちらから

カテゴリー内記事一覧

カテゴリ一覧

人気の記事

コルク栓の開け方

「もう失敗しない!」コルク栓の開栓が苦手な方必見!開けやすい道具選びと、使い方のコツをご紹介します!

ワイン栓やキャップの種類

ワイン栓と言えば、コルク。そのコルクにも様々な種類があるんです。普段あまり見かけることがないコルク以外の栓もご紹介します!

スクリューキャップの開け方

ワインボトルに使われている「スクリューキャップ」の開け方のコツ、お教えします!

一覧を見る

おすすめ記事

ワインがカビっぽい… コルク臭(ブショネ)

2017.11.17

もし、ワインからカビのような臭いがしたら、それは『コルク臭』かもしれません。。。

残ったワインの保存方法は?

2017.09.15

残ったワインを上手く保存することで、長く楽しむことができます。知っておくと役立つ、保存方法をご紹介!

2種類以上ワインを飲むときの美味しい順番

2017.08.18

タイプや種類の違うワインを2種類以上飲むとき、どれから飲むか迷ってしまうことはありませんか?飲む順番のコツを知っていると、ワインの美味しさがさらに広がります!

一覧を見る