モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

レ・ドメーヌ・セー・ジェー・エール

Les Domaines C.G.R.レ・ドメーヌ・セー・ジェー・エール

以前ラフィットが所有していたシャトーで、
ランシュ・バージュでの経験を持つ女性醸造家が腕を揮う

醸造家 マガリ・ギュイヨン氏

所在地
40 rue de Notre Dame des Victoires 75002 Paris France 地図を見る>
Website
http://www.domaines-cgr.com//
  • 動画を見る

ラフィットが再構築したシャトーで10年分、300万本を保管

17世紀からその名を残すシャトー「ラ・カルドンヌ」。20世紀にはロートシルト家の所有下でシャトー復興のために数々の努力が行われました。1970年代初頭にはブドウ畑の改良が完了。1990年よりドメーヌCGR社が新しくシャトーのオーナーとなり、更なるブドウ栽培の工夫、ワイン造りへの最先端技術導入に取り組んできました。1993年には広大な地下セラーも完成しました。その為、ドメーヌCGR社では、飲み頃になるまでシャトーのセラーにて熟成してから出荷するのが大きな強みです。何と10年分に相当する300万本ものワインを保管が可能なため、リーズナブルに飲み頃のヴィンテージを提供してくれる生産者です。ドメーヌCGR社がオーナーになった当初はシャトー・ラフィット・ロートシルトの醸造責任者エリック・ファーブル氏がコンサルタントを行っていました。その後、ラフィットを引退したファーフル氏が改めて醸造長に就任しました。そして、2000年にはシャトー・ランシュ・バージュ、レ・ゾルム・ド・ペズで醸造長を務めていたマガリ・ギュイヨン氏が醸造長となりました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

その伝統はラフィットの醸造家から元ランシュ・バージュの女性醸造家に引き継がれました。

ドメーヌCGR社がこのシャトーのオーナーになった当初は、シャトー・ラフィット・ロートシルトの醸造責任者、エリック・ファーブル氏がコンサルタントを行っていました。ファーブル氏はその後、ラフィットを引退し、改めて、醸造長に就任しました。そして、2000年には、シャトー・ランシュ・バージュ、レ・ゾルム・ド・ペズで醸造長を務めていた、マガリ・ギュイヨン女史が醸造長となりました。2005年には彼女の造り始めた2001年がル・ポワン誌にて高く評価されました。彼女が表紙を飾り、彼女の業績が認められたのです。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

畑の自然環境保全を目指して

ドメーヌCGR社では2006年より“サステーナブル農法”を取り入れています。畑の自然環境の保全とワインへのテロワールの表現を実現しています。今日の畑の状態に非常に自信を持っており、自然に育てることにより樹にもウドンコ病といった病に対する抵抗力が高まります。ワインにもパワーが高まり、表現豊かになります。そして、味わいはよりフルーティに、フレッシュに。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

【ご注意】