ケーブルベイ・ヴィンヤーズ

Cable Bay Vineyards Limitedケーブルベイ・ヴィンヤーズ

ニュージーランド屈指の・コストパフォーマンスワイン。

醸造家 ニール・カリー氏

所在地
12 Nick Johnstone Drive, PO Box 320 Oneroa, Waiheke Island, New Zealand
地図を見る>
Website
http://www.cablebayvineyards.co.nz/
  • 取扱いワインを見る

世界で喜ばれるニュージーランドワインを手ごろな価格で提供したい

「ケーブルベイ・ヴィンヤーズ」は、1996年、オーナーのニール・カリー氏を中心に『世界レベルのワインを造る』という、同じ目標と夢を持つワイン愛好家たちによって設立され、僅か10年足らずという短期間の内に、トップ・ワイナリーへと成長を遂げてきました。産み出されるワインはどれもコストパフォーマンスに飛ぶものばかり。手ごろな価格で楽しめる上質な味わいは多くのファンの心を掴んできました。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

テロワールに目を向け、それぞれの品種に最も適した産地でブドウを栽培。テロワールの醍醐味が楽しめるワイン。

ニュージーランドで長年の研究と経験によってカリー氏がたどり着いたブドウ栽培方法は、

「どの土地でどんな品種が最も適しているのか」を研究し、

各テロワールに合ったブドウ畑をニュージーランド北島・南島に点在させることでした。

 

ニュージーランドで最も素晴らしいワイン産地として世界中で注目を集める銘譲地、

“世界基準”のソーヴィニヨン・ブランの産地としても知られる南島のマールボロ、

そして北島オークランド・ハウラキ湾(最西端)にあるボルドー品種に最適な地

ワイヘケ島、美しいピノ・ノワールを産み出すセントラル・オタゴ等で、

それぞれのテロワールに合った品種の栽培をしています。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

食事とワインをテーマに産み出されるワイン。

ワイナリー併設のレストランはこれまで2度レストラン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる等、ワイナリーではワインと食文化の楽しみ方を提供し続けています。

 

ワイナリー併設のレストランではケーブルベイのワインとのマッチングが存分に楽しめるメニューが豊富に揃っています。一流シェフが一流のワインと食材に向き合い、訪れる人々の思い出の一ページを提供しています。食とワイン、この切り離す事のできない両者に目を向け食と共に楽しめるワイン。このテーマに向かい素晴しいワインを造り続けています。


ヘッドシェフ

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。