シャトー・ボネ

Chateau Bonnetシャトー・ボネ

ボルドーの偉大な人物の一人、アンドレ・リュルトン氏の原点
アントル・ドゥ・メールの中で常にトップクラスの品質を保つ
ハイ・コスト・パフォーマンスのシャトー

醸造家:ロホン・ル・デ氏

名門アンドレ・リュルトンの原点

ボネのブドウ畑に初めて植樹されたのは16世紀中ごろのことで、リブルヌの裕福な商人レイニエ家によって行われました。彼らは荘園領主の邸宅を1560年に購入、大規模な区画整備を行い、森をブドウ畑へと植え替えていき、わずか30年でその景観はガラリと変わりました。1653年には60トノーのワインを生産していたと記録があります。その後多くの所有者の手に渡ったのち、現在のオーナーの祖父にあたる者がシャトーを引き継ぐことになります。

ブランヌ(サン・テミリオンの対岸に位置)近郊で酒類製造業を行い成功を収めていたレオンス・レキャペは、新たな事業としてワイン造りに着手しました。1897年、類い稀なる洞察力、先見の明があるレオンスが競売でシャトー・ボネを競り落とします。19世紀に立て続けに起こったべと病、うどんこ病、フィロキセラに苦しめられたボネであったが、実験用の区画を開き、健康なブドウへの植え替えを行うなど、レオンスは非常に積極的に対策を講じました。わずか数年のうちに酒のブレンダ―から非常に優れたワイン承認へと転身しました。

あっという間にシャトーの周りにはブドウ樹が植えられ、その面積は120haにも及びました。同時に建物のほうでも改修が行われました。雄大な田園風景を眺められる立派な塔が建てられたり、新しい醸造施設や美しい庭も完成しました。彼のシャトーへの深い愛情によって、ボネは地域で最も優れたブドウ園へと成長します。
そして1953年に彼の孫の一人、アンドレ・リュルトン氏によってシャトーは引き継がれます。

 


20世紀初め頃に改修を行った美しいシャトー

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ボルドーの歴史を動かした巨人 アンドレ・リュルトン

ボルドーを生業にしている者で彼の名を知らない者はいないと言っても過言ではないでしょう、それほどに重要かつ偉大な人物が、アンドレ・リュルトンです。

彼は1924年、ここグレジャック村のシャトー・ボネで生を受けました。第二次世界大戦では15歳という若さにも関わらず志願兵として従軍し、1945年の終戦までその身を戦火に投じました。戦争が終わるとグレジーヤックに戻り、シャトー・ボネで父フランソワ・リュルトンの手伝いを始めます。1953年に一番下の弟ドミニクが18歳になったのをきっかけに、フランソワの所有地は4人の子どもたちに分割相続され、長男であるアンドレは最も慣れ親しんだシャトー・ボネを継ぐことになります。しかし当時のボネは、わずか30ヘクタールばかりしかなく、畑はかなり荒れ果てていました。しかし祖父譲りの類い稀なるワインに対する才覚を持ったアンドレはこれの立て直しに成功、さらに落ちぶれたシャトーたちを次々に購入しては再建し成功を収めていきます。その中にはラ・ルーヴィエール(1965年)、クーアン・リュルトン(1970年)、ド・クリュゾー(1973年)、ロッシュ・モラン(1974年)など、今や世界的にも人気の高いワイナリーが名を連ねています。

アンドレ・リュルトン氏の功績はワイナリーオーナーとしてのそれにとどまらず、アントル・ドゥ・メールのワイナリー組合長や、ジロンド県農林水産部組合の副会長、ブランヌ農業連合会の創設者、グレジーヤックワイン醸造研究情報センターの創設者、ボルドー&ボルドー・スペリュールワイナリー組合副組合長、CIVBディレクターなど数多くの経歴を持っています。特に有名なものには、1987年にグラーヴの独立アペラシオン「ペサック・レオニャン」の設立に尽力したことが挙げられます。素晴らしいワインを造るだけではなく、ボルドーワイン全体の地位向上に大きな働きをした偉大な人物なのです。


オーナー アンドレ・リュルトン氏

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。