モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

ビーニャ・バルディビエソ

Vina Valdiviesoビーニャ・バルディビエソ

変貌を遂げるチリ。テロワールを伝える生産者。

醸造家 ブレット・ジャクソン氏

所在地
Juan Mitjans 200, Macul Santiago,7810000 CHILE 地図を見る>
Website
http://www.valdiviesovineyard.com//
  • 取扱いワインを見る
  • この生産者の関連記事
  • 動画を見る

チリ・NO1のスパークリングワイン生産者

 

1879年、「シャンパーニュ・バルディビエソ」として南アメリカで最初に泡を生産した家族経営の醸造所。現在では、国内スパークリング市場でそのシェアを65%にまでに伸ばし、品質・生産量ともにNO1生産者としての地位を確立しています。現在ではシャンパーニュと同じ製法、瓶内二次醗酵ワインをチリで造らせたら右に出るものがいないというほどの品質として評価されています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

チリの魅力、テロワールを語る造り手

南北4300kmにも及ぶ国土を誇る一大産地チリ。山々、砂漠、海と周囲を取り囲まれた特異な環境のため、世界のワイン生産者の天敵である害虫、フィロキセラの被害も無く、太陽の恵み、海・山・手付かずの自然と恵まれた土壌環境から世界屈指のワイン産地として注目を集めています。バルディビエソではこの利点を生かし、更にそれぞれのブドウに最も適した産地を厳選、チリらしさと目指すべきワインを求めブドウを栽培しています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

チリプレミアムワインの造り手としての顔

100年以上の月日をかけて培った歴史と伝統は、スパークリング ワインの枠に留まらず1980年代からチリの偉大なテロワールを反映させた上質なプレミアムワインの生産するようになりました。醸造所では「全ては畑から」と、ブドウ栽培に拘こだわり、こだわりの自社畑以外にも自社が提唱する栽培方法を実践した農家と長期契約を結び、高品質のブドウのみを使います。そして、この上質なブドウから造られる果実の旨み、テロワールが見事に表現されたワインで数々の賞を受賞してきました。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

この生産者の商品を掲載している関連記事はこちら

【ご注意】