ビーニャ・カサ・タマヤ

Vina Casa Tamayaビーニャ・カサ・タマヤ

チリテロワールの真髄。冷涼な産地の素晴しい味わい。

社長 レネ・メリノ氏

所在地
Luis Carrera 1263, Office 401 Vitacura Santiago CHILE
地図を見る>
Website
http://www.tamaya.cl/
  • 取扱いワインを見る
  • この生産者の関連記事
  • 動画を見る

チリテロワールを語る生産者 ミネラルとコクのタマヤ

テロワールに拘り全て手作業で手間隙かけて大切に育て上げたブドウ。 高評価を叩き出すチリ新時代を象徴するワイナリー

 

 【砂漠に近い北部に立地しながら、チリで最も東西の距離が狭い産地は海・山から近く影響を受けチリ屈指の冷涼な環境を生み出した】

 

サンティアゴより北に約400kmの冷涼な産地リマリ・ヴァレーの恵まれたテロワールにいち早く注目し、高品質なワイン造りを目指し1997年よりブドウ栽培を始めた生産者(自社畑100%)。

 

 

実は、チリの中でもリマリ・ヴァレーでのブドウ栽培の歴史は浅く、1993年になって初めて良質なワイン用のブドウが植えられた新しい産地です。ワイナリーでは認証こそ取っていませんが自然派ワイン造りを行いテロワールを表現する事で高い評価を得てきました。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

チリの生産者なら誰もが畑を持ちたいと願う特別な産地 リマリ・ヴァレー内「ケブラダ・セカ」

ブドウ栽培にとって最高の条件が揃うリマリ・バレーの中でも銘醸地として知られる「ケブラダ・セカ」。この地はチリ最高のシャルドネを産み出す産地として知られています。

 

1)半乾燥気候で痩せた大地

→ ブドウは厳しい環境の恩恵を受け地中深くに根をはり、ミネラルを吸収しテロワールをワインに伝える。

 

2)チリでは珍しい高い割合の石灰質土壌が含まれる土壌

→ 豊富な石灰を含むタマヤ・ノース(北側)の畑と粘土質土壌主体のタマヤ・サウス(南側)の異なる土壌でブドウを栽培し、様々な表情を持つブドウ使用しワインを産み出します。

 

3)非常に少ない降雨量 

→ 年間降雨量 僅か80mm

 

4)恵まれた日照量

→ 年間晴れの日 360日(晴天に恵まれた産地であることからも、世界中の天体観測の研究所が立つ地域でもある)

 

5)冷たい海流と毎朝吹き付ける「カチャマンカ」と呼ばれる冷涼な風によって生まれる昼夜の寒暖差

 

非常に乾燥し、晴天にも恵まれるが冷涼であることからセントラル・ヴァレーよりも開花から収穫までの期間が約1.5ヶ月程長くなります。この結果、ブドウはゆっくり熟成し綺麗な果実味と高い酸を育みます。

また、特に長いブドウの成熟期間が必要なカルメネールにとっては最高の条件が揃い、ここリマリ・ヴァレー産では青みの無い、美しいカルメネールを産み出すことが出来ます。

この類稀なテロワールを求め近年多くの銘醸ワイナリーがブドウを栽培を開始している注目の産地です。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

半乾燥気候で痩せた大地 (砂や粘土質土壌を含む花崗岩の崩積土壌や沖積土壌)

タマヤノース: 石灰質土壌を多く含むミネラル豊かな土壌。崩積土壌。

タマヤサウス: 粘土質、砂質主体。沖積土壌。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

若くエネルギーに溢れるチーム・タマヤ

醸造家のホセ・パブロ氏の他、ワイナリーでは元ソムリエ出身のフランス人醸造家が従事しタマヤワインの向上に日々邁進しています。

こうして造り出されるワインは世界的な品評会や評価誌で高い評価を集め、低価格でありながらもプレミアムワインの品格と品質を持つワインは世界各国で愛されています。


このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

チリ最大のワインの祭典“ワインズ・オブ・チリ2012”で年間最優秀賞を獲得!

ワインメーカーズセレクション グラン・レセルバ シラー2010がチリ最高の栄誉である年間最優秀ワイン賞”Best in Show"を獲得!

この賞は1年にたった1本のワインのみが手に入れられる最高の栄冠! 

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

この生産者の商品を掲載している関連記事はこちら

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。