ドメーヌ・パラン

SAS Domaine Parentドメーヌ・パラン

ポマール名門の歴史と伝統×女性当主の感性

オーナー アンヌ・パラン氏

所在地
Place de l'eglise 21630 Pommard France
地図を見る>
Website
http://domaine-parent-bourgogne.com/
  • 取扱いワインを見る
  • 動画を見る

歴史と伝統を持ちながら、常に改革を怠らないポマールの名門

偉大なブルゴーニュワインの造り手と知られるパラン家は17世紀半ばにヴォルネイにぶどう栽培の第一歩を築き、1803年、その居を移したポマールで現在のドメーヌ・パランの基礎となるワイナリーを設立しました。伝統的技法と最新の技術の融合、そして忘れてはならないのは完璧なワインを求める厳格なワインに対する精神です。また、ドメーヌ・パランは旺盛に海外進出を計りました。エティエンヌ・パラン氏の第3代アメリカ合衆国大統領、トーマス・ジェファーソンとの親交をきっかけとしてドメーヌ ・パランがホワイトハウスへのワインの納入業者となったのは有名な話です。フランスのみならず世界中を魅了し続ける彼らの造るワインは、力強いスタイルで色合いも深く、しっかりとしたボディとアルコール度数が高いことがこのドメーヌの特徴です。ポマールを中心として約25haの畑を所有し、17世紀半ばから今日に至るまで脈々と引き継がれてきた完璧なワインを求める精神は今も12代目当主、アンヌ・パラン氏と妹のカトリーヌに氏引き継がれ、パラン家の歴史と伝統を重んじながらも、より柔らかさとエレガンスを持った女性の感性がいきたスタイルに進化しています。現在、有機農法への転換中です。


ドメーヌの外観

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

ドメーヌ・パランの企業精神「ほかにない卓越のワイン」

ドメーヌでは、『本物』のワインの生産を企業誓約に掲げています。この上なく繊細でエレガントな上質ワイン、優れた味わいで複雑なアロマを持つワインのみを生み出します。ブドウ畑から醸造所に至るまで、一貫してバランスの尊重に配慮しています。ドメーヌ・パランは、エモーショナルでピュアな喜びに満ちたワインを生み出し、最上のワインを求める世界中のワイン・ファンに喜ばれています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

有機栽培、ビオディナミへの取り組みを数年前より開始

ブドウは鉄の酸化でところどころ赤く染まった粘土石灰質の土壌に植えられています。これはピノ・ノワールとシャルドネの栽培にまたとない条件を提供しています。数年前より、土壌と環境に対する配慮から、有機栽培ならびにビオディナミ農法を採用し、人間の健康とテロワールを尊重したブドウ栽培に取り組んでいます。収穫も手作業で行われています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。