ドメーヌ・ランドロン

EARL Domaines Landronドメーヌ・ランドロン

確かなビオディナミ実践でミュスカデNo.1の生産者

オーナー兼醸造家 ジョゼフ・ランドロン氏

所在地
Les Brandieres 44 690 La Haye Fouassiere France
  • 取扱いワインを見る
  • この生産者の関連記事

ミュスカデ、トップクラスの造り手

ピエール・ランドロン氏により1945年に設立された家族経営のドメーヌで、現在は息子のジョゼフ・ランドロン氏がワイン造りをしています。ナント地方の南にあるミュスカデ地区でもトップクラスのブドウ畑を所有し、26へクタールの畑の95%でこの地方唯一の品種、ムロン・ド・ブルゴーニュを栽培しています。ドメーヌが誇る複雑で個性的なテロワールは、ランドロン家がこだわるシュール・リー法によって、その個性が存分に発揮されたそれぞれのワインとなります。「ミュスカデはワインが造り出される土壌のありのままの姿であるべきだ」という哲学同様、品質に対する姿勢と結びついています。

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

この生産者の商品を掲載している関連記事はこちら

【ご注意】

  • 弊社は酒類卸でございますので、酒類販売業免許をお持ちの店舗にのみ販売させていただいております。
  • 料飲店様へはご帳合酒販売店様を通して商品をご提供させていただいております。
  • こちらは、お客様が商品情報をお調べいただくためのページであり、弊社の在庫を保証するものではございません。