モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

モトックスが提案する、ワインのあるライフスタイル「もっと!ワイン」

Chateau des Maladretsシャトー・デ・マラドレ

18haの畑から作られる限定生産のボージョレ・ヴィラージュ。

栽培・醸造責任者 クロード・レティジェ氏

所在地
69640 SAINT JULIEN - FRANCE 地図を見る>
  • 取扱いワインを見る

18haの畑から作られる限定生産のボージョレ・ヴィラージュ。

シャトーはブルイィから南へ15km程離れたサン・ジュリアン村のエスパーニュと呼ばれる小村に位置し、南から南西向きの急勾配の斜面に畑が広がります。この標高300〜350mの畑は全体で18haほどの広さで土壌は50%が花崗岩質で残り50%が石灰質です。高樹齢のブドウ樹で収穫量を制限して生産するため非常に凝縮した長命なボージョレ・ワインを産出します。

シャトーはこの地方特有の石材を使って建てられており、イギリス風のデザインで、独特の出窓とイングリッシュガーデンがあります。

シャトー概観

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

凝縮感ゆたかで、アロマティックでエレガントな余韻が魅力的

ボージョレの製法であるセミ・マセラシオン・カルボニック方式で醸造が行われます。 貯蔵は凝縮感を出すために、現在もボージョレの伝統的なオークの大樽で行われ、冬の終わりに瓶詰めされます。
この製法により独特なフレッシュさとアロマが保たれるのです。そして十分に熟した果実から凝縮感のあるボージョレが産まれます。

ワインが熟成される大樽

このページのトップへ↑

ワイナリー一覧へ→

取り扱いワイン

【ご注意】